カレンダー

    12 | 2012/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    AQUSHの貸出承認率の計算を試みました
    先日の記事でパソコンの不調が原因で記事にしようとしていた
    ネタが消えてしまった。という話をしましたが、
    HDをサルベージしたら、わずかにそのネタの元が
    残っていることに気づきました。

    そのネタとはこれ
    2012y01m19d_133242953.jpg
    小さすぎてなんだか解らないと思いますが去年の大晦日の昼頃に
    撮影した、AQUSHのマーケットヒートマップ
    各匿名投資組合のステータスです。

    12/31の昼頃といえばもう確定寸前ですから、これらから読み取れる
    「貸付済」と「貸出手続中」の金額をすべて足し合わせ
    12月に申し込まれた金額で割れば大体のAQUSHの
    貸出承認率が計算できると踏んだのです。

    本当は1月始めにアップしようとしていたネタなのですが
    再発見できたので遅ればせながら、ご紹介しようと思います。

    細かい途中経過は省いて結論からいうと
    以下の表のようになりました。
    2012y01m19d_145551252.jpg
    (クリックすると少しだけ大きくなります)。

    12月の融資申込金額 約1億4千3百万円
    12月の融資承認額  約1千7百万円
    推定承認率 13.17%です。

    12月に融資を承認した額全部が
    12月に申し込まれた金額ではないでしょうから
    完璧に正確な値ではないかもしれませんが、
    それほど外れた値でもないと思います。
    この記事にある通り、ここ最近のAQUSHの月毎の融資申込額は
    1億5千万円ほどと推測できるので。

    ちょっと古いデーターですがこのサイトを見ると
    アイフル、アコム、武富士、プロミス、三洋信販の
    2007年度の融資承認率の平均は36.8%です。
    この値は改正貸金業法の完全施行により大幅に下がっていると
    思われますが、少なくとも当時の貸金業者よりはずっと厳しく
    審査を行なっていることが伺えます。

    なおレンダーの各投資組合への出資額は約3千6百万円ですから
    47.55%が融資に回されたことになります。
    貸付充当率が0%のところはキャプチャーをするのを忘れていたので
    もう計算できませんが、そこに出資されていた金額も0円では
    ないでしょうから、レンダーの出資金のうち融資に回された割合は
    もっと少ないと思われます。

    計算している間に様々な感想も出てきたのですが
    とりあえずは胸の奥にしまい、これからの経緯を見守りたいと思います。
    2012年1月のプレスリリース"には、AQUSHはこの2012年を本格的な
    成長期と捉え、「サービスのさらなる改善、積極的なマーケティング、
    規模の拡大に耐えうる態勢の強化」に取り組むとあります。

    これらの計算はこれからもこのブログで各月ごとに
    発表したいと思います。上記の取り組みが実を結ぶことにより
    きっとそれは目に見える形で現れるでしょう。

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    maneoの募集案件一覧にさらに工夫がなされました
     
    今日、maneoの募集案件一覧を覗いたら
    さらに見やすく工夫がなされたことに気付きました。

    変更後

    これは先日の記事で返済方式が判りやすくなったことを
    述べたときの写真です。

    2012y01m17d_151818091.jpg
    案件のタイトルのところに、「完済実績あり」
    「保証付き」、「担保付」などの文字情報が表示されるようになりました。

    現在確認出来る文字情報は
    「完済実績あり」、「保証付き」、「担保付」、「優待付」
    の4つのようですね。

    将来、もっと数多くの情報を表示するようになったら
    スペースの関係で文字情報ではなく、
    「アイコン」を表示するようになり、
    もっとスタイリッシュな画面が見れるように
    なるかもしれませんね。

    閑話休題

    私はブログにキャプチャー画像を多用しておりますが
    私のブログもmaneoもAQUSHもみんな
    背景が白なので、キャプチャー画像と
    ブログの境目がわかり辛いです。
    ですので最近の画像は一手間かけて
    濃い灰色の枠で囲むようにしています。

    この記事の一番上の画像は前の記事の再利用なので、
    その処理はしていません。

    どうでしょう、見やすくなったでしょうか。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    maneoは解りやすいですね。

    maneoは本日が分配日です。

    2011年11月から投資を始めた私も
    この2012年1月から利息が入り始めました。

    2012y01m11d_154120310.jpg
    分配日(この場合は1/11)の数日前に投資していた案件の
    その月あたりの返済が済んだ旨を記したメールが配信されます。
    (緑の角丸四角形で囲った部分)
    ※2012/01/12追記
    本記事に頂いた妹尾 賢俊社長のコメントにあるように
    この返済金収納メールは廃止され
    後述の分配メールに一本化されるとのことです。
    詳しくは本記事のコメントをご覧下さい。


    分配日のお昼ごろに再びメールが配信され
    投資家に分配が行われます。
    (赤の角丸四角形で囲った部分)

    このメッセージは登録メールにも配信されますし
    mymaneoのメッセージ一覧でも読むことができます。

    2012y01m11d_154249158.jpg

    maneoは先日の記事で述べたように
    投資した案件がどのように返済されるかを
    最後の支払まで知ることができます。

    配当が終わった分はステータスが「返済済」となります。

    2012y01m11d_154232428.jpg
    移動明細を見れば分配日に支払われた
    金額全額を見ることができます。

    分配前の私の口座の残高は0円ですが
    すべての案件の分配が終わった結果4,669円と
    なったことがわかります
    (つまり今回の分配額合計は4,669円)。
    2012y01m11d_1611157s96.jpg
    合計いくら分配されたかを知るには
    分配のお知らせのメールかメッセージを
    見たほうが速いですね。

    この額は先日の記事で計算した額とぴったりですね
    (当たり前のことですが)。

    maneoの場合どのように返済が行われるかは
    あらかじめ知ることができるので
    繰上返済や延滞、ディフォルトが起これば
    すぐに知ることができます
    (と思います、あいにくまだ私はどれも
    遭遇してないので・・・)。


    これらの点はmaneoの方がAQUSHより
    解りやすいみたいですね。

    ともあれ1月のAQUSHとmaneoの投資金額
    9000円弱が確定いたしました。

    来月からはもっと多くの配当が
    (何事もなければ)得られる予定です。

    景気のいい話は少ない中、時間だけは
    飛ぶように過ぎていく毎日。

    こんな投資スタイルが私には向いているようです。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    AQUSH投資への利息が入り始めました
    昨年の11月に投資を初めて、1月6日にAQUSHからの
    初めての配当が入りました。
    syuuse.jpg
    取引履歴から見れる配当の表示。3つの投資組入から
    合計4,208円入ってきてますね

    2012y01m10d_150007956.jpg
    私の投資した3つの投資組合の合計です。税引きご利益は4,210円。
    2011年の12月の収支がが次の月(2012年の1月)の初旬に入るという形みたいですね。

    2012y01m10d_154827392.jpg
    ポートフォリオ合計額も3,669,228円に伸びています。
    以前は3,665,017円でしたから4,211円の増加です。

    合計額が1円単位で微妙に異なりますが、端数の計算の結果で
    しょうがのないことなのでしょう。

    2012y01m10d_150039786.jpg
    私が投資した3つの投資組合全体の収支です。
    税引き利益は16,890円ですが、当然私が
    出資した分(4,211円)しかもらえません。

    ただちょっと気になるのは
    例えば一番上の投資組合[B-36-8.00-20111101](グレードBの金利8%)ならば
    209万円貸しだし、元利均等返済で8%の利子で36ヶ月に分けるならば
    初回の返却金額は65,700円(元本:5,1800円、利子:13,900円ほど)に
    なるはずなのですが、いささか少ないですね。

    逆に上から2番目の「B-36-10.00-20111101」は返済額が多すぎ
    (なのに利息が妙に少ない)とか
    その下の「C-36-10.00-20111101」はやはり返却金額が少なすぎ
    (なのに利息が妙に多い)など、良く解らない点が多いですね。

    うーん、もうちょっと検証してみましょう。

    この記事がトラックバックさせているけにごろうさんの記事にも
    様々な条件で月毎の利息が変わることが指摘されています。

    何をともあれ、ソーシャルレンディングで初めての収入が入ったことを
    喜びたいと思います。

    レノボ・ショッピング キャンペーン情報
    にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ






    「事業者リスク」~意図的と思える日経マネーのページ掲載順~

    今日初めて当ブログをご覧になった方は先ほどアップしたお詫び記事を先にお読みいただければ幸いです。
     
     前回予告した通り、事業者リスクに視点を当てて日経マネーのソーシャルレンディングの記事を総括したいと思います。ソーシャルレンディングを現在日本で提供している会社はベンチャー企業が主であり、上場もしていないため多くの情報は未公開です。先日UBI㈱の経営分析をしてみたことを簡単に述べましたがいくら財務分析結果が良くてもコーポレート・ガバナンスは別です。最近ではオリンパスがいい例ですね。ワンマン体制ないしそれに近い企業(同族会社など)も正直、財務状況がいくらよくても信頼する気持ちになりません、ちょっとした商品を買うのならともかく投資をする立場としては。

    リーダーシップとは別の話ですからね。「権力は腐敗する、絶対権力は絶対的に腐敗する」と思っているからです。

     AQUSH、maneo、UBI㈱やその関連会社の方はTwitterやブログを運営していることが多くそういう人が多い会社はまぁ信じられるかなというのが、私の勝手な信頼基準です。そういう活動を行うことで自分を客観的に見ることができると考えているからです。寡聞にして私は問題のあるワンマン経営者がブログやTwitterを運営していたという話を寡聞にして聞いたことがありません。
    ワタミ創業者の渡邉美樹氏は微妙なところですが、最近禅譲を行われたそうで、まあそれならいいかなぁというところですか。
    ・・・話がそれましたね。

    2016/1/22追記 渡邉美樹氏のことを「まあそれならいいかなぁ」と書いてありますが、まったく「ブラック企業」というものへの理解が足りない記事でした。経営者が従業員に正当な対価もモチベーションも与えず、酷使して自殺に追い込む企業の責任者は厳しく糾弾されるべきです

     投資を始めるにあたって事業者リスクは敢えてブログのネタにはしてこなかった私ですがあえて言及したのは日経マネーのソーシャルレンディングの掲載順に事業者リスクを喚起する意図的なものを感じたからです。

     今回記事にした日経マネーの高利回りが期待できる商品としてのソーシャルレンディングの掲載順は先日の記事にあるように9商品中の9番目です。そしてそのソーシャルレンディングの会社の掲載順は①SBIソーシャルレンディング→②AQUSH→③maneoの順です。ソーシャルレンディングの商品としての掲載順はともかくソーシャルレンディング提供者の掲載順は歴史と規模からもいって①maneo→②AQUSH→③SBIソーシャルレンディングの順が自然ですよね。

     実はこの特集の一番最後、つまりソーシャルレンディングの紹介ページ、正確にはmaneoの紹介ページの直後に掲載されているのは安愚楽牧場の破綻を取り扱う内容の記事なのです。『特別編:「安愚楽牧場」の破綻に学ぶ』と題された記事内容は一人の安愚楽牧場で損失を被ったサラリーマンの談話をベースにお気楽に高利回り商品に手を出すことを戒めています。また、破綻直前に見られた安愚楽牧場の不自然な売上についても指摘がされています。

    掲載順が意図的なものと私が感じた訳がご理解いただけたでしょうか。

     確かに9商品はそれぞれのリスクを抱えていますが一番事業者リスクがありそうなのは確かに、ソーシャルレンディングです。そしてSBISL、AQUSHmaneoで事業者リスクを比較すると・・・といった理由で事業者リスクが高い商品ほど、会社ほど安愚楽牧場の記事に「近く」したのではないかと勘ぐれるからなのです。

     まぁ日経マネーの立場としては、投資は自己責任としても紹介者としてもある程度の責任を果たすという意味で注意喚起に効率的な方法をとったということでしょうか。

     確かにソーシャルレンディングは日本ではいや世界でも新しい分野の投資であり、特に投資、ビジネスという視点ではシビアにならざるを得ません。その特にシビアにならなければいけない、シビアに見られることを覚悟しなければいけない、それが現段階のソーシャルレンディングでは事業者リスクなのです。

    このことに私たち投資家も、ソーシャルレンディングサービスの提供者も今一度、心しておかなければいけない。日経マネーの意図的と思われるページの配置はそれを強く印象づけるものでした。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    根拠のない数字を掲載したことをお詫びします。
    お詫びの記事です。

    日頃懇意にさせていただいている
    「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」
    管理人のけにごろうさんからコメントをいただきました。
    そのおかげで、下記の大きなミスに気づきましたので
    その解説とお詫びをさせていただきます。

    これまで日経マネーのソーシャルレンディングの特集について述べる際
    各社の紹介の際、下記の表を用いていました。

    2012y01m09d_135517170.jpg

    この表は日経マネーに書いてあったデーターをそのまま用いていたのですが
    これまでAQUSHの「ローン成約額(累計)」の項目は「2.26億円?」
    記していました。

    実は日経マネーではこの項目は「非公開」となっております。

    表を作った際にどうもこの項目だけが不明になっているのは
    塩梅が良くないなぁと思い、自分で計算をして求めて
    クエスチョンマークをつけておき、
    表の下に注釈として「2.26億円」とした根拠を
    書いておこうと思ったのですが・・・。

    実はどうやって2.26億円と計算したかを
    完全にど忘れしてしまいました。

    大変申し訳ありません。
    すべて修正して、日経マネーの記事通りに
    「非公開」とさせていただきます。

    日頃当ブログを愛読していただける皆様
    並びに関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしました。


    以後このようなことが繰り返さないように
    細心の注意をはらう所存であります。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    maneo、歴史、登録者数、実績ではダントツ
     
     日経マネー2012年2月号によるソーシャルレンディング特集を取り上げています。前回はAQUSHを取り上げました。3番手はmaneoです。

    2012y01m09d_134910096.jpg
    (※初掲載時、この表でAQUSHのローン成約額(累計)は「2.26億円」という
    なんの根拠もない数字を掲載しておりました。深くお詫びします。詳しくをこの記事を御覧ください。)


    煽り文は「個人向けから事業者向けに転向、短期で高利回りの案件が豊富」です。

    紹介文を箇条書きにしますと
    ①借り手が個人ではなく企業というところが他社(SBIソーシャルレンディングAQUSH)とは異なる
    ②個人金融を最初は行なっていたが、貸倒れが続きある時期から損失を被る投資家が増加
    ③11年6月に個人金融から撤退、事業向け案件に特化
    ④事業性ローンは短期、少額、担保がない等銀行が扱いたがらない事業が対象
    ⑤融資の申し込みは1日何件もくるが、案件の安全性はmaneoが精査
    ⑥1つの案件に時間をかけ経営者面談、現場調査、財務審査、安定した
    資金回収システムの構築を行う。
    ⑦その結果事業性ローンで現在貸倒れは発生していない
    ⑧募集案件の簡単な紹介に加えて、案件について詳しい説明を参照できることへの言及
    ⑨最近不動産担保ローンやモンゴル経由販売事業支援ローンなどの新商品が誕生
    ⑩新商品の案件がUBI㈱との提携での案件であることの言及
    ⑪UBI ㈱のビジネスモデルに理解を深めておくことの注意喚起


    ②、③、④と続くと初見の投資家が引いてしまいそうですね。
    ⑤、⑥、⑦、⑧でフォローがされていますが
    もう一つ私からも微力ながらフォローを・・・
     maneo社長、妹尾賢俊氏のブログ「maneo社長のやるときはやる(と思う)」の下記の記事をご覧ください。

    maneoでは募集利回りがなぜ高いのか?」(2011/12/20の記事)
    「銀行がお金を貸せない先にmaneoは貸してるの?」(2011/07/22の記事

    様々な疑問に対する妹尾社長の丁寧な説明を読むことができます。

     ⑨、⑩、⑪に関してですが、確かにmaneoは現在UBI㈱の傘下(子会社?)であるらしいので、確かにmaneoの事業者リスクを考える際にUBI㈱は考慮にいれなければいけない要素です。私は最近投資を始めたばかりなので、UBI㈱が親会社で無い頃のmaneoを知らないのですが、「事業者リスク」はUBI㈱が親会社である方が小さい気がしますね。

     UBI㈱はここ4年の業績を貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)の形で発表しているので、昔習った財務分析法で評価したところ安定性や収益性を表すパラメーター(自己資本比率、流動比率、各種利益率など)がなかなかのスコア、成長性を表すパラメーター(前年比増収率、自己資本比率増減など)がまずます、効率性を表すパラメーター(総資本回転率、売上債権回転日数など)がいまいちという結果になりました(ちゃんと同業種で比較していますよ)。

     効率性のパラメーターが悪い理由の一つとして計算の際の勘定項目で「未収入金」を「売上債権」として「売上債権回転日数」を計算していることがあるのですが、この未収入金、2009年から2010年で大きな伸びを見せています。うーん、UBI株の決算月は12月らしいので、そんな遠くないうちに2011年のBS、PLもウェッブサイトに載せてくれるでしょう。

    それを見てさらに検証を進めるとしますか・・・。

     さて日経マネーのソーシャルレンディングについての解説でリスクの1つとして「事業者リスク」が挙げられていることは先日の記事で軽く触れました。このmaneoの記事ではUBI㈱に触れる形で改めて事業者リスクについて触れられています(上記の箇条書きの⑪)。AQUSHの紹介ページでは取り上げられていないのですがね・・・。一番上の表をご覧いただければわかるように、歴史が最も古く、歴史、登録者数、実績ではダントツなのですが・・・。

     次回の記事はソーシャルレンディングの「事業者リスク」にスポットを当てて日経マネーのソーシャルレンディングの記事全体を総括してみたいと思います。

    次回記事 「事業者リスク」~意図的と思える日経マネーのページ掲載順~

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    AQUSH マトリクスシステムとは・・・
     
     日経マネー2012年2月号によるソーシャルレンディングの特集についてです。前回SBIソーシャルレンディングを取り上げました。

    2番手はAQUSHです。

    2012y01m09d_134904529.jpg
    (※初掲載時、この表でAQUSHのローン成約額(累計)は「2.26億円」というなんの根拠もない数字を掲載しておりました。深くお詫びします。詳しくをこの記事を御覧ください。)

    煽り文は「独自システムで分散を徹底、やり方次第で2桁利回りも狙える」です。

    紹介文を箇条書きにすると

    ①SBISL、maneoと異なり個人融資にこだわっている
    ②厳しい審査を実行しているため個人向け融資に拘わらず貸倒れ率は0.43%
    ③投資の分散を重要視し、貸倒れの損失のダメージを軽減
    ④ローン期間は一律3年、毎月分配(36回)の元利均等分割返済
    ⑤手数料は毎月残高の0.125%発生
    ⑥マトリクスシステムの紹介、解説
    ⑦全グレードの実質平均利回りは7.07%
    ⑧景気に左右されないユニークなアセットクラスとして個人投資家の活用を希望

    (注:②は副社長の大前和徳氏、⑧は社長のラッセル・カマー氏の言葉として)

    といったところです。

     ⑥のマトリクスシステムに図面などかなりの誌面が割かれています。・・・ここで「マトリクスシステムって何じゃい?」と思った方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、実はこれのこと。
    2012y01m05d_130420129.jpg
    そうマーケット・ヒートマップのことです。

     「AQUSH&マトリクスシステム」でグーグル検索してもAQUSHのヒートマップを「マトリクス(マトリックス)システム」とした紹介したサイトは見当たりませんでした。日経マネーが一番手ですかね。そもそも「マトリクスシステム」という言葉自体、明確に定義されたものではなさそうです。おそらくこの「マトリクス」は行列(数学用語、お店の前にできるあれではありません)を指しているのでしょうね。

     日経マネー編集部が解りやすく、格好良く紹介しようとした努力は認められますがやっぱり素直に「マーケット・ヒートマップ」としたほうが良かった気がします。

    漫画で必殺技に「ティロ・フィナーレ(笑)」とか「エターナルオメガスラッシュ(笑)」とかつけて本人はノリノリでも周りはそのイタさに大爆笑、という感じがします(笑)。

     AQUSHで有効に貸出を行うにはこのマトリクスシステム(笑)の把握が不可欠ですが、残念ながら1Pのこの記事では把握は難しいかもしれませんね。実際にお金を振り込んで、経験から学んでくださいといったところです。私がさんざんこのブログで恥を晒したように。

    「赤い枠ほど貸出に回る割合が高くなる」と訳のわからない表現がされていますがまあそのとおり、資金を配分すればそれなりに貸し出せると思います。私もそんな感じで投資したところ初めて投資を始めた月に
    出資額の62%を貸し出す事が出来ました(250万円のうち約156万円)。

     日経マネーはマトリクスシステム(笑)を株の板情報に例えていますが、株の買い手(ボロワー)と売り手(レンダー)の対比は確かに株板に確かに似ているところもありますね。ただし株式売買では投資家は買い手であり売り手でありますが、このマトリクスシステム(笑)の場合、投資家はレンダーであるのみです。このところの違いには注意が必要ですね。

    次回記事 日経マネーソーシャルレンディング特集 maneo、歴史、登録者数、実績ではダントツ

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    新年明けましておめでとうございます。
    新年あけましておめでとうございます。

     休みはもらったのですが、今度は私事で忙しく、そんなある日にパソコンが故障し、泣き面に蜂なこともあったりしました。まあ本当に大事なネタは無事だったのですがブログに上げようとしたいくつかのネタは回復できませんでした(泣)。

    さて気をとりなおして・・・

    昨日AQUSHがの投資組合が月末の締め切りを終え投資額が確定しました。

    引き上げ後の残高一覧
    確定前の状態

    2012y01m01d_133105903.jpg
    確定後の状態

     貸付金合計が1,542,609円→3,000,499円となったので145万円ほどが新たに貸付られたことになります。

     前回の手持現金に対する貸付額の割合が62%ほどだったので(注意、250万円に対して156万円ほど)もっと貸出額を最大にするべく計算したら69%ほどを貸し出すことが出来ました(注意、210万円に対して145万円ほど)。

     簡単なエクセルの表を作って計算したのですがパソコンの不調のせいで計算結果は消え去ってしまいました・・・。

     ランクBの利息7%、Dランクに投資すればもっと貸し出せましたが、①8%以上に投資する。②ランクDには投資しない。の自分ルールに反するので、今回は見送りました。

    さてこれが12月に新たに投資した投資組合です。
    2012y01m01d_135504370.jpg

    ちなみに11月に投資したのが以下の投資見合です。
    2012y01m01d_135454170.jpg

    ランク、利子共に下がってしまっているすなわち貸付条件は悪化しています。今回ランクBでは8%、ランクCでは11%以上の利子ではほとんど貸付ができませんでした。レンダーがもうちょっと頑張らないと更に来月はもっと条件が悪くなってしまうかもしれませんね・・・。まあ何をともあれ、今年もよろしくもよろしくお願いします。

    IMAG0073.jpg
     我が家ではお節料理は、毎年手作りです。生活形態はいろいろ変わって来ましたがこれは変わりませんね。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ