カレンダー

    11 | 2011/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    SBISL、「需給は借り手よりも貸し手が多い」は当たり前 その2

    ※2016/9/22 追記
    SBIソーシャルレンディングは2011~2012年にこの記事で問題を指摘されている個人向けローンから撤退し、事業者向け融資に軸足を移しました。その後はディフォルトは1件もなく、投資家に安定したリターンを配分し続けています。


     では前回に引き続き、ファンド型の運用状況から読み取れるSBISLが抱える深刻な問題に述べたいと思います。

    2011y12m24d_172842811.jpg
    この表を再掲載します。

     まず貸し手情報を見てみましょう。1月と10日の間に出資額は584万円増えて、運用額は83万円増えました。出資額が一億一千二百万あることを考えると83万円はわずか0.7%です。運用されていない金額(5,700万円)に対してでも1.4%強、この間に運用に回された金額は少なくまさしく「貸し出せない」状況です。

     借り手側の情報を見るとさらに深刻さが伺えます。融資申し込み金額の伸びは6,891万円、AQUSHの融資申し込み金額がこのところ単月あたり1億5,000万ほどなのでそれには劣りますが、それなりの金額です。しかしなんとこの間の、融資承認額は0円です。これは1月と10日の間の統計とは言え、融資承認は事実上停止している状況と言ってもいいのではないでしょうか・・・。

    注意:この記事をアップしたとき(2011/12/28)の運用状況は12/27の更新時の情報で、融資承認額は80万円ほど増加しているが、少額にはかわりないのでそのままとした。

     あと融資実行額の増加は83万円の増加は先ほどの運用額の増加と同じです(書いてはありませんが、これらの値は累計の値みたいですね)。しかし融資承認額と融資実行額の差が1,300万弱ということは、その7%弱しか、融資を実行しなかったことになり、残り93%の人は少なくとも1月以上、承認後放置プレイをされていることになります。もちろん、融資承認後から実行するまでに重大な信用問題が発覚すれば取り消すのに十分な理由になるでしょうが、それならば融資承認額を減らすのが筋でしょう。後述の延滞率が原因で一律に融資実行を渋っているのならば、そのせいで樹海行きになった人がいないか心配です。

     現在融資実行額に対する延滞中契約の合計貸付額は7%強に及びます。日経マネーの紹介記事にはこのことは一切述べられていません。この記事よると2010年12月時点での貸金利用者の3ヶ月以上の延滞率は29.1%であるらしく
    それに比べれば低いですし、貸し倒れが決定しない限り誌面で取り上げるべきではないという理屈は理解できます。

     しかしソーシャルレンディングという形の融資ではとうていこの延滞率は看過できるものではないでしょうし、この字体こそが融資承認をしていない、実行していない理由でしょう。現在これらの案件はディフォルトとはなっていませんが、「明らかなディフォルトですが、ディフォルトとは認めてないからCDSが保証した支払いはしません!」という当事者以外には笑い話にしか聞こえないニュースを思い出してしまいました。

    長く書いてきましたが、つまり現状においては「貸出せない可能性が高い」どころか「全く貸し出せない」が正しい表現であり「貸出が機能不全状態に陥っているからが正しい理由です。

     日経マネー編集部はもちろん現状を知って記事を書いたのでしょうが正しい理由を書くと、「貸出せない可能性が高い」どころでないのが明確になる。厳密には間違いでないしこれからの展開も望めるので「貸出せない可能性が高い」という表現を用いた。そしてその結果理由が「需給は借り手よりも貸し手が多い」というソーシャルレンディングにおいては当たり前の理由しか持ってこざるを得なかった、というのが真相ではないでしょうか。

    もうこの状況を打開するには

    ・優良顧客に積極的に貸出を再開して延滞率、貸倒れ率を下げる
    ・ファンド型を手仕舞いする

     のどちらかしかないようですが、どうもこの状況だと後者を選び従来のオーダーメイド型と新商品への展開を選びそうで心配でなりません。もしそうなると個人向けへのソーシャルレンディングは日本おいてはAQUSHの独壇場となります。一時的にはAQUSHに有利でしょうが市場において、寡占状況は長期的にみれば良くない結果となる場合が多いからです。どうかSBIグループの総力を結集して、ファンド型を盛り返す戦略をとっていただけることを切に願って止みません。切磋琢磨こそが日本のソーシャルレンディングの未来への展望につながることと思います。

    2016/1/22 追記SBIソーシャルレンディングはその後、個人への貸付をやめて、事業者への担保・不動産担保ローンを扱うようになりました。特に不動産担保ローンでは高い実績をあげ、見事に盛り返しました。

    次回記事
    日経マネーソーシャルレンディング特集 AQUSH マトリクスシステムとは・・・


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    SBISL、「需給は借り手よりも貸し手が多い」は当たり前 その1

    ※2016/9/22 追記
    SBIソーシャルレンディングは2011~2012年にこの記事で問題を指摘されている個人向けローンから撤退し、事業者向け融資に軸足を移しました。その後はディフォルトは1件もなく、投資家に安定したリターンを配分し続けています。


     日経マネー、2012年2月号によるソーシャルレンディング取り扱い会社紹介1番手はSBISLの紹介です。

    2012y01m09d_134854663.jpg
    (※初掲載時、この表でAQUSHのローン成約額(累計)は「2.26億円」というなんの根拠もない数字を掲載しておりました。
    深くお詫びします。詳しくをこの記事を御覧ください。)


    「大手ならばの安定感あり、SBI債に次ぐ人気商品になるか」
    と煽り文にあり紹介文を箇条書きにさせていただくと
    ①個人投資家に馴染みの深いSBIグループの提供するソーシャルレンディング
    ②新しい市場の開拓には統合力が必要であり、ネット証券業界トップの顧客基盤の強み
    (注意:②はSBISLの代表取締役:織田貴行氏の発言として紹介)
    ③提供商品は二種類、個人向け無担保ローンのファンド型と
    ビジネス向けローンのオーダーメード型
    ④ファンド型(個人向け無担保ローン)の説明
    a)常時募集で2週間ごとにあたらしいファンド(投資組合)が生成される
    b)募集終了後にボロワーの信用情報に基づきSBISLが利率を決定、融資開始
    c)レンダーは申し込み前に利率を知ることは不可(ただし実績は6~8%)

    d)現状の受給は借り手よりも貸し手の数が多く、
    今投資しても「貸し出せない」可能性が高い

    ⑤オーダーメイド型(ビジネス向けローン)の説明
    a)担保があるため利息は4%程度のものが中心
    b)大人気で募集開始日に完売するほどのかつてのSBI債を彷彿させる人気

    ⑥2012年年明けには株券を担保とする新商品の設定を予定
    ⑦新商品の借手はSBIグループ内のお客が中心
    ⑧グループ間のシナジーを利用して事業拡大を予定


     ①~③、⑤~⑧は特にコメントはありません。これからに期待ってところですね。ただし……④のファンド型の説明についてはいくつか注釈をつけたいですね。現状で「需給は借り手よりも貸し手が多い」とあり、それが貸出を行えない可能性が高い理由とされています。これは正しいのでしょうか。

     ではその考察のため2012年11月10日と2011年12月22日をその時撮っておいた運用状況のキャプチャー画像で比較してみましょう。
    運用状況
    2011/11/10時点の運用状況

    2011y12m24d_035842089.jpg
    2011/12/22時点の運用状況

     ただこれだとわかりにくいのでこの間の運用状況の遷移をまとめた表も掲載いたします。

    2011y12m24d_172842811.jpg

    出資額(約1億1200万円)は融資申し込み額(13億弱)を大幅に下回っておりこの意味では「需給では貸し手よりも借り手が多い」状況です。もちろん、信用情報の審査なしに申し込み金額全部を貸し出されては、レンダーとしてはたまったものではないので、SBIソーシャルレンディングが審査を行い承認比率が5.74%になった結果(7300万強)で「需給は借り手よりも貸し手が多い」状態になるわけです。

     貸し手は出資金額を振り込んだ段階で無審査で出資額に計上できるのに対して、借手は審査を受け、その申し込み金額全額が承認されないと融資承認額に計上されません。ですからよほど貸し手の出資額が借り手の申請額よりも少ないとか、審査が甘くて借り手が優良で承認比率が高いという状況にならないと「需給は借り手よりも貸し手が多い」の状況は覆りません。

     この状況はAQUSHもcolor:#FF0000">も同様でしょう。しかし、この2社についてはこの特集では「貸し出せない可能性が高い」などとは指摘されていません。つまり「需給は借り手よりも貸し手が多い」は現在SBIソーシャルレンディングにおいて「貸し出せない可能性が高い」と誌面に載せる正確な理由ではないのです。

     では次回はそこら辺の理由を考察すると、見えてくるSBIソーシャルレンディングが抱える深刻な問題について述べたいと思います。

    次回記事
    SBIソーシャルレンディング、「需給は借り手よりも貸し手が多い」は当たり前 その2">SBISL、「需給は借り手よりも貸し手が多い」は当たり前 その2


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    ソーシャルレンディングが日経マネーで紹介されました

     日経マネー、2012年2月号の特集は「その金利は高い?低い?賢く見分ける高利回り」です。
    日経 マネー 2012年 02月号 [雑誌]日経 マネー 2012年 02月号 [雑誌]
    (2011/12/21)
    不明

    商品詳細を見る


     様々な高利回りの金融商品が紹介されておりソーシャルレンディングはその1つとして取り上げられています。紹介というか査定されている金融商品はページ順に2011y12m28d_124749387.jpg

     上記9商品、上記のパーセント表示は同雑誌で算定されている一般的に期待できる利率です、ページ数は誌面に割かれているページ数です。まあ、圧倒的に高配当の株の紹介となっている特集ですね(笑)。

     上記の通りソーシャルレンディングは9番目に7%の利回りが期待できる商品として紹介されています。maneoのサイトで見ることができる「ソーシャルレンディング認知度調査」(笑)が示す通りソーシャルレンディングの知名度が低いことは日経マネーの編集部は承知しているようで、ページ数の割には丁寧な説明がなされています。

    ページの上部に投資のポイントとして
    ①独自のリスクを事前に把握すること
    ②3社の投資スキームの違いを理解すること
    ③余裕資金で、集中投資はNGであること

    が挙げられており

    2011y12m25d_131052981.jpg
    ソーシャルレンディングのモデル図としてこのような図が示されています(クリックすると大きくなります)。

    また「ソーシャルレンディングに投資前に意識したい3つのリスク」として

    ①貸し倒れリスク
     ソーシャルレンディング業者は厳正な審査と延滞時の督促を行うが、貸し倒れの損失は投資家が負わなければいけない。

    ②流動性リスク
     1度貸し出すと定期預金のように途中売却、解約はできない。長期運用資産が前提。

    ③事業者リスク
     maneo、AQUSHはいわばベンチャー企業であり、もし倒産した場合投資資金が返済されない可能性がある。運営会社の財務や経営体制の確認をしておく必要がある。


    が挙げられています。

    注意:
    文字数やレイアウトの制限のせいか、解りづらい所が感じられたので図、文章とも勝手に改変をおこなっています。


     ただしその制限であまりにも事業形態が現在のところは異なる3社(SBIソーシャルレンディングAQUSHmaneo)をまとめ上げている点は評価できる紹介でありました。

    紹介文をざっと箇条書きにすると
    ①インターネットインフラを利用して
    ローコストで貸し手と借り手を効率的にマッチング②2005年に英国で始まり、世界で徐々に拡大中
    ③08年にmaneo、09年にAQUSH、 11年にSBIソーシャルレンディングが操業開始
    ④高利回りの魅力と、ソーシャルレンディングの独特のリスクへの注意喚起
    ⑤最大のリスクである貸し倒れ、運営会社自体の倒産リスクへの注意喚起
    ⑥現在サービスを提供している3社の事業形態の違いが大きいことへの注意喚起


     といったところですか。ここまでが4ページ中1ページ目の内容です。あとは2ページ目にspan style="color:#00409A">SBIソーシャルレンディング、3ページ目にAQUSH、4ページ目にmaneoの紹介となっています。

     では次の記事からはページ順にSBIソーシャルレンディングから述べていこうとおもいます。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    過去の過ちを修正せよ その3

     先日の記事でなぜAQUSHの2010年10月頃に申し込み金額が一時的に申し込み金額が増えたのか疑問を書いたところ、
    AQUSHの大前和徳氏にツィッターでご回答をいただきました。
    「アフィリエイト」を行ったところ一時的に増えたようですが、
    CV(多分コンバージョン率のことでしょう)が悪かったので、止められたそうです。お答えいただき誠にありがとうございます。

     さて過去の私のブログに間違いがないかと探しているとやはりまだ間違いがありました。12/6の「AQUSHにも資金追加」の記事これでAQUSHは370万円弱(貸出中+貸出済=230万程度)maneoは400万円(300万が融資申し込み、ないし貸出中)と書いていますが。AQUSHへの貸出中と貸出済の金額の和を230万円とかいてありましたが、そのうち75万円は受付中(募集中)の投資組合の資金なので確定ではありません。この記事は振り込んだ額と出資が確定した額のニュアンスで書いているので160万円程度が正しい金額となりますのでAQUSHは370万円弱(貸出中+貸出済=160万程度)
    maneoは400万円(300万が融資申し込み、ないし貸出中)
    が正しい表現となります。

     ちなみに現在はAQUSHへの上記の金額は変わっていませんがmaneoでは400万円全額が貸し出せました。遊び金を作りたくないのならばmaneoに投資すべきですが分散投資の面からは一概には言えません。

     12/7の「キャンセルすることもあります」の記事前にも少し述べましたがこの記事では
    好条件と思って投資案件のキャンセルと乗り換えをノリノリになってやっている私ですが実はこの時点ではこの案件の返済方式を「元本一括返済」と勘違いしています。実は返済方式は「元利均等返済」です。好条件には変わりませんが実は私が想定していたほど好条件ではありません。

     現在昨記事で述べた日経マネーに関しての記事を執筆中です。ただその前に過去の過ちを気づいた分だけでも訂正しておかないといけませんね。

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    うわー、なんか不思議な感じ
     私もサラリーマンである以上人並みに年末は忙しく、遅く帰る日が続いています。このご時世幸いなことと考えるべきでしょう。

     でも今日忘年会に出席する前のちょっとの間を利用して日経マネー2月号を購入することができました。
    日経 マネー 2012年 02月号 [雑誌]日経 マネー 2012年 02月号 [雑誌]
    (2011/12/21)
    不明

    商品詳細を見る


     投資の本なんて普段買わないし、読まないのですが(私がソーシャルレンディングを知ったのはビジネス誌と新聞からです)を読んで見て、今回敢えてそれを買ったのはソーシャルレンディングが特集「賢く見分ける高金利」の投資対象の一つにソーシャルレンディングが取り上げられていたこと、もっと大きな理由は当ブログが相互リンクをさせていただいている「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の管理人のけにごろうさんと「ソーシャルレンディング研究誌」と同時に「ソーシャルレンディング研究所」の管理人であるサムさんがなんと実際に投資をしているブロガーとして、取材を受けてご意見を述べていること。

     普段ブログにコメントを頂けたりTwitterで会話を交わしたことがある人が日経BPが発行する雑誌でご意見を述べているのを読むのはんだか不思議な感じがしましたが、そういった感想もソーシャルネットワークが拡大していく世界では珍しく無いのかもしれません。

     さて、これから3連休ですしいいネタも入りました。この雑誌で述べられているソーシャルレンディングに関して私なりに抱いた意見や疑問、突っ込みどころをこれから書かせていただこうと思います。

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    AQUSHサービス開始2周年おめでとうございます
    AQUSHが12/16にサービス開始2周年を迎えました。

    株式会社エクスチェンジコーポレーションが運営する
    ソーシャルレンディング「AQUSH(アクシュ)」は、
    本日12月16日にサービス開始2周年を迎えました。
    2009年12月16日のにサービス以来、ユーザー数7,900人、
    ローン申込総額28億円超、平均運用利回り年率6.6%を達成。
    11月には、単月のローン実行額、出資金払込額で過去最高を更新、
    P2Pレンディングのリーダーの地位を確立しつつあります。

    (株式会社エクスチェンジコーポレーションのプレスリリースより)

    とのことで遅ればせながらまずはおめでとうございます。

    加えて記念すべき2周年を目前にした11月にローン実行額と出資払込金額で
    過去最高記録がでたとのことご快挙おめでとうございます。
    11月というと私が出資を始めた月ですから私も
    記録に微力ながらお力になれたようです。

    さてAQUSHのサイトのマーケットデーターの棒グラフは累積の
    ローン申し込み金額を現しておりますが、月別に
    マウスカーソルを当てればそのグラフが具体的に
    幾らだか表示されるので、その値をエクセルに打ち込み、
    月毎の差を計算すれば実際に月別にどのくらいの金額が
    申し込まれたかを知ることができます。

    ローン実行額が最高ならば、申込金額もそうなのかなと
    興味を持って確かめてみました。

    AQUSH月毎申し込み金額
    結果はこのとおり。

    どうも申込金額の最高記録はは2010年の9月(赤く塗ったところ)の2億1千万円で、
    2011年の11月は1億5900万円(緑に塗ったところ)ですね。

    申し込み金額はピークほどでないにしても
    貸出金額が記録を達成したのはAQUSHの企業努力、周知
    はたまた貸出ノウハウの蓄積、向上や加えて
    収入やリテラシーの高いボロワーさんが増えたものと思われます。

    2周年のプレスリリースのために
    ちょと甘めの審査をしたんじゃないの?
    なんて思う人がいるかもしれませんが私のような
    ボンクラにも気づくような証拠をサイトに載せるはずがないので
    それは「イルミナティ」「アポロ計画陰謀論」と同様の
    陰謀論と云い切っていいでしょう(笑)。

    仮にそんなことをされたとすると
    11月に投資を始めた私が非常に困ります!


    来年も無事に3周年を祝えるように。

    ところで2009年10月頃ってどうして一時的に
    申込金額が増えたのでしょう?

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    過去の過ちを修正せよ その2
    11/14の「待ちに待ったAQUSH投資開始」
    の記事においてAQUSHの「残高一覧」の画面で貸出済の
    金額が初めて表示された時も間違いをやらかしています。

    「11/4に振込をして、オーダーを作成したので10日ほどかかった訳ですね。」
    とあり、一般に投資を初めてから10日位で貸出が始まるような
    書き方をしていますが、これは間違いです。

    10日かかったのは単に、私が投資を始めたのが月初めで
    投資組合が貸出を始めていなかったからで
    月の中頃を過ぎて、もう貸出が始まっている
    投資組合に出資すれば、初めて資金を振り込んだ人でも
    すぐに貸出済みの金額は表示されます。

    同様に月末に振込を行えばたとえ出資してから1日でも
    すぐに、その月の出資額は確定します。

    また貸付済みの金額が増えてくことを当時の私は無邪気に喜んでいますが
    その投資組合への出資額の増加が、貸出開始の金額を人数あたりで上回れば
    貸付済みの金額は減少してしまいます。
    月末までこの金額の増減を一喜一憂してもあまり意味はありません。

    世間一般の常識に囚われているとこのような間違いをやらかしてしまいます。
    現在のところ投資金額決定は「月末」の確定時が全てです。

    もし私が月の中旬以降に投資を初めていたらどんな間違いをやらかしていたのでしょう。

    もうひとつ
    11/15の記事「グレードBよりもCが熱かった」
    先ほどの記事と似たような間違いですが
    投資していたグレードCの充当率が100%で資金を撤退できないのを根拠に
    (理屈から言えば、グレードCの113万2084円は確実ですね)。
    と113万2084円が全額貸出に回る事は確実なようなことを書いて
    取らぬ狸の皮算用をしていますが実際にはこの投資組合に
    大量の資金が月末までに流れこむと、当然私の割り当ては減ってしまうので
    確実でも何でもありません。

    ところでこの記事で私が疑問に挙げている。
    ①貸し倒れ金は利子の所得と確定申告時相殺できるか。
    ②経費として申告できるものはないか

    という疑問ですが調べたところ
    ①の答え
    一切できない
    ②の答え
    一切ない

    となっているようです。
    正しいでしょうか?

    どうか親切な方、教えていただければ幸いです。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり






    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    過去の過ちを修正せよ
    さて最近、自分の過去記事を見なおしていたのですが
    あまりにも間違いが、特にAQUSHに関して多いことに気づきました。

    ちょっといろいろ訂正を行っています。
    まずは11/5の「貸付手続き中の資金≠(出資金-出資撤回可能額)な謎」
    と題した記事、タイトルにある通り
    ある匿名投資組合に出資した金額で出資撤回できない資金は
    投資に回されている、貸付手続き中の金額なのだから、上記の式が
    成り立たないのはおかしい!と吠えている内容なのですが

    実際には
    私の出資撤回可能額=出資額合計-(貸出手続き中金額+貸付済金額)
    私の貸出手続き中の資金=貸出手続き中金額×(お客様出資額/出資額合計)
    でありますので、成り立たないのは当然です。

    出資撤回可能額は匿名投資組合の都合(貸出手続中、貸付済の金額)で
    決められているのに、勝手に拘束されたお金=出資に回されたお金
    と勘違いしていた故の間違いです。
    ブログ開始の初日から間違えていたのですね。

    12/6の「貸付手続き中のお金が減ることもあるのね」の記事
    始めて残高一覧の「貸付手続き中」の金額が減った理由を

    「貸せると思ったのだけれどもやっぱりだめ」
    「借りるつもりだったけれどやっぱりいいや」
    なんてやりとりがあって、それが細かく反映されているのかもしれませんね。


    などと本文で貸付手続き中のお金が減った理由を
    勝手に想像していますが、ポートフォリオで表示される
    「貸出手続中」と「貸付済」は決定事項であるらしいので
    「借りるつもりだったけれどやっぱりいいや」
    は理由になりません。

    「貸せると思ったのだけれどもやっぱりだめ」
    といっているのは投資家ではなくAQUSHの貸出部門を
    指しているのでこれもまた間違いです。
    この場合の現象は単に私が投資していた
    投資組合に資金の流入が起こりそのため
    私の貸付手続き中の金額が減ったと考えるのが
    一番適当でしょう。
    撤回可能額が増えていることがそのことを
    それを裏付けています。

    さて今日はこのくらいで・・・。

    まだまだ直さなければいけない
    間違いはいっぱいありそうですね。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり






    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    ちょっと奇策をためしてみるかな・・・

     かつてソーシャルレンディングを始めた頃はAQUSHの残高一覧がいろいろ変化するのが楽しくて一喜一憂をこのブログで報告していました。しかし皆様のコメントとエクセルの計算と月末の投資組合への出資額への出資額が決まった時点の考察でそれらの一喜一憂は全く意味が無いことに気づき恥ずかしい思いをしたものです。

    自意識過剰でしょうけれど。

     さて最近書くこともなく、筆が遅れがちだったのですがふと先日の記事で書いた「あまり信じたくないけれど有効な戦法」を試してみたくなりました。

    引き上げ前の残高一覧
    引き上げ前のポートフォリオ
    ついさっきまでの残高一覧とポートフォリオです。

    引き上げます!
    可能な限りの資金を引き上げます。

    引き上げ後の残高一覧
    引き上げのポートフォリオ
    引き上げ後です。

    現在引き上げできない資金も可能であれば月末までに引き上げようと思っています。

     さて、先日の記事で書くとぶちあげた「貸付済みと貸付手続き中の金額の誤謬」も書き始めなければ・・・。上記のキャプチャー画像で説明できるはずですが・・・。説明できなくて恥を重ねたくはないものです。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    節約しよう長生きしよう
    私はいわゆるパラサイトシングルです。

    氷河期世代ですが、幸い有名ではないものの
    とても良い雰囲気でそれなりに福利厚生が
    整った中小企業に就職することができ、
    一度も職を変えることなく過ごしてくることが出来ました。

    現在は車も持っていません。
    極端に言えば現在生活を維持するのに必要なのは
    家に入れる生活費と出社時の昼食代だけです。

    これで健康だったら言うことなしですが
    ちょっとした持病がありまして
    それほど高額ではないものの医療費はかかります。

    そんな訳で投資に振り向けるお金は
    ありましたが成功したとは言えません。

    才能がないのはもちろん、
    お金を貯めることそのものの必要性がなく
    モチベーションが得られなかったのも
    大きな理由だと思っています。

    自分が子供の頃はそれなりに大それた
    夢も持っていましたが
    今の夢は、なるべく健康に長生きして
    科学の進歩をできるだけ見届けたい。

    下流、下層に落ちず、中流で在り続けたい。
    実はそれだけです。

    堪え性も恐怖に打ち克つ度量もない。
    ただ待つ時間だけはいくらでもある。
    そんな株やFXに向かな性格、為人の私に
    ソーシャルレンディングは大きな可能性を
    与えてくれると期待しています。

    なんとなく、また希望が湧いてきた気がします。

    近頃金の使い方がだらしなかった私ですが
    節約してもっと投資にお金を向きよう。
    持病を治して、将来の医療費の負担、
    深刻な病の危機を回避しよう。

    そんなことを思うこの日頃です。

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    maneoの募集案件がよりわかりやすくなりました

     今日maneoにアクセスしたらちょっとした変化が
    「募集案件一覧」にあることに気づきました。

    maneoの募集案件で返済方法は現在元本一括返済方式と
    元利均等返済方式があるというのは先日の記事に書いたとおりです。

    投資期間や利回りが同じでもここが違うと
    投資戦略や収益に大きな差が生じます。

    ちなみにAQUSHでは元利均等返済のみです。

    maneoではこの返済方式の違いは
    解りやすく表示されているとは言えませんでしたが
    この度、募集案件に解りやすく表示されるようになりました。
    分散投資開始
    変更前

    変更後
    変更後、赤枠の中に表示されるようになった


    大変結構なことだと思います。

    ただ正直あともう少し早ければ
    先日のような間違いをしなくて済んだのに・・・
    と思うと正直ちょっと複雑です。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない



    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    maneoの収益がどれだけになるかを計算しました。
    11月の初旬にAQUSHとmaneoの投資を始めた
    私ですがいつごろmaneoとAQUSHからの
    収益が入り始めるのでしょうか。

    実はAQUSHで貸し付けた資金はもう回収が始まっているらしく
    利息も入ってきているのですが、なぜか現状ではAQUSHが総取りです(笑)。
    依然AQUSHの総取りが続いています。
    まあ、ある程度時間がたったら私の取り分も入ってくると思います。
    入ってきますよね?
    2012/1/11追記 2012/1/6にちゃんと私の配当分が割り振られました。

    maneoではmymaneoの「運用予定表」から投資している案件の
    返済がいつ行われ、いつ返し終わる予定なのかを詳細に知ることができます。
    2011y12m09d_142630038.jpg
    2011y12m09d_142721693.jpg
    現在投資しているのは12案件ですが、その案件が全て
    正常に返済されたら税引き後の収益はいくらかを計算しました。
    あ、【‐完済実績あり‐】【UBIfinance×maneo 第21弾】
    【担保付】東京・江東区の事業者支援!不動産担保付きローンへの投資

    って元本一括返済ではなくて、元利均等返済だったのですか・・・。
    好条件に目が眩んで見落としていました。
    まあそれでも好条件にはかわりないですけれどね(強がり)。
    maneo" target="_blank">元利均等返済なのに・・・
    元利均等返済にしては返済される額が歪なのですが
    これは分配日が月の何日か決まっていないせいですかね。
    (1/11、2/8、3/8、4/6、5/14・・・、なんでバラバラなんでしょう?)

    計算結果
    1/11日に4,669円、2/8に28,129円・・・・・
    2012年度合計で162,346円という所ですね。
    400万円投資のインカムゲインとしては悪くないと思います。

    これは返済された元本を再投資しない場合なので、再投資すれば
    もっと収益はあげられるとおもいます。
    ディフォルトが起きない限りは・・・。

    もう投資してしまった以上、祈るしか私にはできないのですが
    株、投信やFXみたいに下がったり、
    上がったりするものではないので心は穏やかです。

    こういう投資が社会人に私がなった頃にあればよかったのですがね。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    兵どもが夢の跡
     現在AQUSH「よくあるご質問」の中には質問
    というやり取りがあります。

     想像をたくましくしていた私は匿名投資組合のボロワーの方々の情報を身元を特定できないまでもいくらか知ることができると思っていました。しかし月末になり匿名投資組合が募集を締めきってもそれらの情報は表示されずにがっくりしました(笑)。しかしどうも上記の質問にあるAQUSHグレード、年齢、性別、居住地とはAQUSHコミニティAQUSHマーケットデーターで紹介されている情報に留まるらしいです。

     さてmaneoに話を移すと普通にmymaneoからリンクをクリックするだけでは現在でアクセスできませんが、URLを直接入力することによりmaneoが個人ローンを営んでいた頃に利用されていたコミュニティ一覧、ローン詳細を今でも見ることができます(ログインが必要)。

    コミュニティ一覧
    コミュニティ一覧

    ローン詳細
    ローン詳細

     「コミュニティ一覧」は会員制のBBSのようなもの、レンダーもボロワーも参加できるみたいです。「ローン詳細」は現在もあるものの個人版みたいですね。活発なやり取りがされていたことが伺えます。ソーシャルレンディングという言葉の「ソーシャル」だけをとれば野心的で、忠実であろうとしたのはmaneoのほうだったのでしょう。

     しかしビジネスという点でみればAQUSHの方にまず軍配が上がりました。投資家が求めるのはまず「利益をあげさせてくれるもの」であり「ソーシャルレンディング」そのものではなかったのです。私も最近ちょっと熱くなっていましたがちょっと、目が醒めた思いです。兵どもが夢の跡を見て私が感じたのは感慨でも感傷でもなく「もしも・・・」という不安でした。この先、投資したお金が増えて戻ってくる絶対的な保証はなにもありません。それはmaneoだけではなくAQUSHに投資したお金だって全く同じなのです。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    キャンセルすることもあります。
     
     株やFXは約定してしまえば、取り消しはできませんがmaneoの投資のルールはちょっとだけ緩くて、申し込んでその案件の募集期間が終わるまでまたはその案件が募集金額を集めてしまい締め切るまではキャンセルすることができます(最近は後者が圧倒的に多いというか後者だけのようです)。

     私にはまだ関係の無い話ですが今日はmaneoの分配日だったらしくそれに合わせたのか、4軒もの案件がアップされました(ひょっとしたらまだされるかも)。

     まず首都圏のアミューズメント企業(名前不明)の3件(貸出期間がそれぞれ異なる)がアップされその後午前2時頃に東京江東区の服飾製品製造販売業(やはり名前不明)が1件アップされました。実は私は最初の3件に10万円ずつ(合計30万円)していたのですが、最後の1軒の条件が土地の担保付で条件が良いように感じたのでそっちに集中して投資したくなりました。


    4軒申し込み中
    投資履歴画面を開き

    全件キャンセル 現在申し込み中の4件を全額キャンセルおや、キャンセル前の払い戻し可能金額が70万円で4件(43万円)キャンセルだから113万円になるはずなのに90万だぞ?まあ時間がちょっとかかるだけでしょう。

    113万円投資
    113万円全額投資! 正直これだけ投資して良いかは実はちょっと迷いましたが7.0%という高金利で土地の担保が付いていて、完済実績があるという好条件は私がmaneoで投資を初めてから最も好条件のように感じたので思い切って投資しました。

    利益は9万5千円
    収益は税引きが9万5千円ちょいというところですか。

     始めてやりましたが、なんか投資先を裏切っているようでキャンセルとはあんまり気持ちの良いものではありませんね。

    12/23修正
     好条件と思って投資案件のキャンセルと乗り換えをノリノリになってやっている私ですが実はこの時点ではこの案件の返済方式を「元本一括返済」と勘違いしています。実は返済方式は「元利均等返済」です。好条件には変わりませんが実は私が想定していたほど好条件ではありません。



    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    AQUSHにも資金追加

    maneoに引き続き、AQUSHにも資金を追加しました。
    振り込み
    これでAQUSHは370万円弱(貸出中+貸出済=230160万程度)
    maneoは400万円(300万が融資申し込み、ないし貸出中)となりますね。

    12/22訂正、AQUSHへの貸出中と貸出済の金額の和を230万円と
    書いてありましたが、そのうち75万円は受付中(募集中)の
    投資組合の資金なので確定ではありません。
    この記事は振り込んだ額と出資が確定した額のニュアンスで
    書いているので160万円程度が正しい金額となります。


    ちょっと遊んでみました

    maneoに比べてAQUSHはいまいち動きが見えにくいですが
    その反面メディアへの露出は多く、信頼できると考えています。

    maneoもメディアでもっと取り上げられれば嬉しいですね。
    でもウェッブサイト「事業性資金貸し倒れゼロ更新中!」
    大々的に掲載する覚悟は並大抵のものではないと存じます。

    どちらも頑張ってくださいね。

    あ、今気づきましたがこれで両社からお金を引き上げないと
    SBIソーシャルレンディングに回す余裕資金がなくなっちゃいました。

    ま、いいでしょう。今のところは。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    モンゴル案件に1本投資!

     待ち構えていた【UBIモンゴル×maneo 第1弾】
    【保証付モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローン
    の受付が
    今日の午後1時頃に始まりました。

    幸い手空きだったので素早く100万投資を行いましたが
    残念ながら一番乗りは300万円を投資した太っ腹な方に
    取られてしまいました(笑)。

    100万円当終了

    100万円の利益は・・・・
    収益は税引き前121,263円、だいたい昨日の予想とあってますね。

    返済中
    2011y12m05d_204510284.jpg
    maneoの投資もこれで11件目、9件はもう返済中
    1件は貸出前です。
    総額はちょうど300万円に達しました。

    実は投資可能資金は残り100万円まだ口座に残っています。
    先日の記事で200万円全部投資したことを書きましたが
    今回のモンゴル案件に目が眩んで興味を持って
    200万さらに振り込みました。
    この投資は第一弾と謳っているので2弾も当然あると思います。
    そちらにも(条件が良ければ)是非投資したいですね。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    maneoの大型案件はいつ募集開始か?

     私がmaneoで投資を始めてまだ1月足らずですが、
    募集案件は予告されず、ウェッブサイトで公開しだい即申し込み可能になる
    というやり方だったと記憶しております。
    つまり募集予告はしないというやり方です。

    先日の記事にも書きましたが、大人気で6時間足らずで蒸発した
    【ドリーミングハウス×maneo 第42弾】【代表者保証付
    西新井エリア 分譲住宅プロジェクト】の時は
    「ウェッブサイトで公開→Twitterでツイート→メールで通達」
    という順番でした。

    まあメールで配信されたときは募集案件が成立してしまう
    1時間前だったわけですが・・・。

    ということで私もmaneoのサイトはよく訪れて、案件はチェックしておりました。
    ところが12/1の「maneoメールマガジン」では珍しく
    「募集予定ローンのご案内」とあり、12/5(明日)に
    募集を開始するとの旨が記してありました。

    案件を下に記すと
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    募集予定ローンのご案内(モンゴルにおける軽油販売事業への投資のご案内)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    maneoでは、UBI株式会社がモンゴルでおこなっている
    軽油販売事業(事業者はBurdPetrolium社)の
    軽油仕入資金として、12月5日より5,000万円を募集する予定です。

    募集案件の概要
    ・借り手:UBIモンゴル社(UBI株式会社の持株比率100%)
    ・募集金額:5,000万円
    ・募集利回り:年8.0%(税引き前)
    ・運用期間:18カ月一括返済(利払いは毎月)
    ・担保・保証:UBI株式会社および、BurdPetrolium社(UBI株式会社の持株比率51%)による連帯保証
    ・投資通貨:円建て(返済も円建てで行われ、投資家は為替リスクを負いません)
    となります。

    今般、BurdPetrolium社のもう一方の親会社:Burd Groupの代表者で
    UBIモンゴルの取締役にも就任している、バド・ツェンゲル氏が
    12月7日(東京)・8日(大阪)にモンゴル事業の説明会をおこないます。
    (主催:UBI株式会社)。

    以下が参加者募集ページとなります。

    http://www.ub-i.co.jp/seminar_201112

    本セミナーに参加すると・・・
    ★成長著しいモンゴルの事情がわかる
    ★来年始まる共同事業・共同投資案件の実例を聴ける
    ★個別相談、現地ツアー企画等のセミナー後フォローアップ特典がある

    是非、ご参加頂き、投資の検討材料にして頂ければと存じます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    だそうです、募集金額が5000万円、利回りが元本一括返済8.0%は
    なかなかの大型案件です。過去これ以上の金額を募集したことはあるようですが
    それらの案件は利回りが低かったり投資期間が短かったりなので
    それらを考慮すると、最大案件と言ってもいいのではないでしょうか。

    それだけに今回は敢えて予告をしたのかもしれませんね。

    さてこの案件に100万円投資すると
    いくらの収益になるかを計算して見ました。
    2011y12m04d_143648244.jpg

    ふむ税引き前12万3千円というところですね
    (注:運用期間は18ヶ月だが、maneoの募集する投資案件の
    貸出期間はそれよりも長いことが多いので勝手に560日として計算)。
    瀧本憲治氏の「投資現場レポート」、味形衛氏の「モンゴル投資ブログ」とも
    UBI社のモンゴル投資への本気度を伝えてくれており、興味深いです。
    是非私も一口乗らせていただきたいと思います。

    さて問題なのは明日のいつ頃から募集が始まるかということです。
    日付が変わったらすぐでしょうか?
    それとも適当な時間にでしょうか?

    成立があっという間で投資できないということだけは
    避けたいものです。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    まあ、最初はこうなるのでしょう

    AQUSHの残高一覧を見たらなぜか現金が0円から
    1516円に増えていました。
    1516円って何?
    赤で囲った部分。


    はて、これは何だろうと思って画面を下にスクロールさせて
    月次収支を見てみると・・・・AQUSHの総取り?
    ふむふむ早速返済が1516円あったのですか。

    まあ、貸出は11月中からやっていたのですから
    そういうこともあるのかもしれませんね。

    でも利息35円はなぜかAQUSHが総取りです。

    そのためか上の「残高一覧」で確認できる
    ポートフォリオ合計額は2,503,000円のままですね。

    まあ最初はそういうものなのでしょう・・・・


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    ドリーミングハウスの案件ついてはひとまず安心しました。
    先日の記事でドリーミングハウスへの投資案件の
    保証引き受けに関する疑問を取り上げました。
    案件の第22弾から保証請負がUBI株式会社から
    ドリーミングハウスの代表者である王子賢一氏に
    変わったことに関する、経緯の詳細や
    担保は妥当なものかという内容です。

    実はブログで取り上げるだけではなく、
    投資案件の説明ページにある「このローンに関するQ&A」の
    コーナーに設置されている「ボロワーに質問する」の機能を使って
    上記の質問をしておりました
    (この質問機能、投資募集中だけ可能で、一旦成立すると
    貸出前でも質問不可になる模様です)。

    似たような質問をする方は沢山いらっしゃった様子で
    maneoサポートから以前の回答の書面を添付しましたと
    断った上でmaneoの登録メールアドレスに
    直接ご回答をいただけました。

    これまで複数あった質問ならば普通に掲示板に
    載せるのが望ましいと思います。
    しかし個別の質問にわざわざ直接メールを
    届けるというのも決して配慮に欠けるものでは無いと思うので、
    そこら辺の線引きは諸事に疎い私が判断するのは避けさせていただきます。

    内容を箇条書きにすると以下のとおりです
    (10/25に書かれたものであることにご注意ください)。

    ・6月に募集した同社の21案件のうち既に7案件を既に返済
    ・10月末には6案件、11月末には4案件を期限前返済することが確定
    ・6月に募集した案件の3分の2(13軒、8250万円)を期限前返済
    ・物件1軒に付き平均2000万円のキャッシュが入り、それを返済資金としている
    ・企業統治により返済手続きは経理部が業務の一環として返済を実行する。
    ・販売は順調で、システム的にも返済は確実に行われる。
    ・安心してもらえるようになったのでUBI社の保証を外すことにした。
    ・ただしレンダーの皆様にきちんと返済することを表明する意味を込めて
    王子賢一氏が責務の保証を行うこととした。

    ちょっと最後の部分を引用すると

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    きちっと期日に返済していくことは事業成長の一環であり、当然のことです。
    それを表明・保証することを連帯保証という形で
    コミットしているとお考えください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    (文はそのままですが改行は私のブログに合わせて行わせていただいております)

    と固い決意を延べられております。

    さて過去の投資案件を調べさせていただくとドリーミングハウスの
    第一弾の募集が行われたのが6/3日ですから、上記の21案件は
    UBIが保証をしていた頃の全案件の事を述べていると思われます。

    ただし第21弾の案件の募集開始は7/8ですから、
    正確には6月から7月にかけてですね。
    募集自体は6月の時点で決まっていたのでこのような
    表現になっていると思われます。

    全体的にとっても丁寧で、誠意を感じさせていただける文面でした。
    ただし、上記の箇条書きの中で「安心してもらえる様になったので」
    の文章の主語が無い(誰が安心するようになったの?)とか、
    つまらないツッコミはいくつかできてしまったので、
    それらがなければもっと安心できたと思うと残念です。

    担保力については述べられておりませんが、先日Namanyさんが
    ツィッターでつぶやいていた通り、「そこはお察し下さい」という事なのでしょう。
    ドリーミングハウスのウェブサイトにも景気の良い完売状況が
    連日掲載されており、今私が投資している案件の返済にも
    安心感を与えていただけるものと思います。

    ただし、頂いたご回答に全く疑問が無いわけではありません
    (返済能力とか信頼性とかは別の話です)。
    ネットで匿名の方の情報を元にした疑問なのでここで
    いきなり取り上げるのは控えさせていただいて、改めて
    質問して、ご回答を頂けたらまたブログのネタに
    させていただこうと思います。

    実は上記の引用文の後には衝撃の王子賢一氏の
    決意が述べられているのですがそれは秘密です。

    ソーシャルレンディング「赤裸々」日記とはいえ、
    人様のことまで赤裸々に公開するのはどうかと思いますので。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    AQUSHの11月の投資金額決定
    昨日1時間ごとキャプチャーしたAQUSHのヒートマップを
    MangaMeeya(画像ビューア)を用いて比較してみたのですが
    それほど私の目にはダイナミックな動きをしているように見えませんでした。
    面白い動きでしたら是非gifアニメにしようと思っていたので残念です。

    AQUSHの公式ツィターに昨日(11/30)つぶやかれたような
    「多くの取引」はヒートマップでは認めにくいものなのかもしれません。

    確定直前
    これが確定直前の昨日のMyAQUSHの残高一覧

    確定後
    こっちが確定後のMyAQUSHの残高一覧です。

    ポートフォリオ
    そしてこれがポートフォリオ、

    貸付済み(未収元本)が93万円、貸付手続き中が63万、合計156万ほどですね。
    昨日で募集は締め切られて、新しい投資組合の募集が始まっています。
    それゆえに同じグレードと利子の投資組合に
    大量の出資があっても貸付中の金額は
    減ることは有りませんから
    156万円投資はもう決定です。

    この貸付済と貸付手続き中の金額にはいろいろ考えさせられたので
    後日改めて時間がある時に書こうと思っています。
    題して「貸付済みと貸付手続き中の金額の誤謬」です。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ