カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg 2017y08m07d_110113095.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年8月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。

     その2は

    2017/8/14ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その2

    をご参照ください。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.maneoスマートレンドアメリカンファンディングアップルバンク
    日時 2017/8/21(月) 19:00~
    場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    2.TATERU FUNDING
    日時 2017/8/20 8/20(日)、8/26(土)、8/27(日)
    場所 東京都港区南青山 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ

    3.オーナーズブック
    日時:2017/8/30(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ

    4.クラウドクレジット
    日時:2017/9/14(木) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 FinGATE
    セミナー情報ページ


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!




    H 日経トレンディでソーシャルレンディングが紹介されています。

     日経トレンディ2017年9月号の特集「高齢破産、実家の片づけ、介護…「長生き3大リスク」に備える これで安心!親の私の 老後のお金」においてソーシャルレンディング(記事中では“クラウドファンディング”と記載)が紹介されています。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    日経 TRENDY (トレンディ) 2017年 09月号 [雑誌]
    価格:600円(税込、送料無料) (2017/8/8時点)



     高齢破産に備えるために様々な金融商品・お金のお得技・サービスが紹介されており、「シニア」、「現役世代」、「老後資産管理」の3パートに別れているのですが、ソーシャルレンディングは「シニア向け安定運用の金融商品」として紹介されています

    20170805_150656.jpg

     記事にはクラウドポートが協力しており、小さい記事スペースながらも端的にソーシャルレンディングの魅力と注意点を伝える内容となっています。

     ソーシャルレンディングの投資家は実際のところ20~40代の現役世代が多く「シニア向け」とは違和感を覚えるかもしれません。

    ただシニア向けの条件として日経トレンディが挙げているのは

    ・インカム重視(定期的に利益が発生)
    ・安定性(元本が減らない、株・投信のように長期運用で回復を待つ余裕がシニアにはないから)
    ・換金性(入院などの万が一の事態に備えていつでも取り崩せる・もしくは運用期間が短い)


    ですので、それならば合致しているソーシャルレンディングの案件も多いかなと思います。

    お金を持っているシニアがソーシャルレンディングへ参入してくれることに期待です。

    なお、他に紹介されているものは

    ・シニア向け
     退職者専用定期リレー
     (退職金のみが預入可能な、高利回り短期定期預金を複数の銀行ではしごすること)
     太陽光ファンド
     米国MLP投信
     絶対収益型投信
     株主優待

    ・現役世代向け
     100円投資
     おつり投資
     iDeCo
     つみたてNISA、

    ・老後資産管理向け
     家族信託

    となっています。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    I リクルートが貸金業とクラウドファンディング事業への参入を検討しています

     リクルートが中小企業向けの融資事業に本格的に動き出したことがニュースとなりました。

    リクルートが貸金業参入、まずは「じゃらん」関連の宿泊施設に(2017/8/2 DIAMOND online松本裕樹氏著)

     オンラインの顧客情報を独自の与信審査システムを用いて分析して融資するとのことで、これだけならばFinTechではありますが、個人投資家向けの「ソーシャルレンディング」ではないように感じます。

     ただ

    融資以外の資金調達手段としてクラウドファンディングのサービスも検討中で、6月から国内最大手のクラウドファンディングサービスを運営するレディーフォーと協業に向けて動き始めた。


     とも書いてありまして、購入型クラウドファンディングから「ひょっとして」ソーシャルレンディング事業に乗り出すこともあるのではと勝手に夢想しています。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    J ソニー銀行が投資型クラウドファンディングへ参入しました。

     ソニー銀行は2017年8月8日に投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」の運営を開始しました。国内銀行初の投資型クラウドファンディングへの参入となります。

    投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」開始のお知らせ(「2017/8/8 ソニー銀行WEBサイト PDFファイル」

    ソニー銀、クラウドファンディングに参入(2017/8/8 日経新聞)

    ソニー銀、クラウドファンディングを参入 企業の収益に応じ配当(2017/8/8 日経新聞)

    ソニー銀行、クラウドファンディングに参入 「新しい資産運用の形に」(2017/8/8 ITmedia NEWS片淵陽平氏著)

    ソニー銀行、投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」--国内銀行初(2017/8/9 C-net Japan)

    ソニー銀行、個人向けベンチャー投資型クラウドファンディングサービス「Sony Bank GATE」を開始(2017/8/10 fabcross)

     ソーシャルレンディング(融資型)ではなく、事業投資型クラウドファンディングのようです。ソニー銀行による上記“「Sony Bank GATE」開始のお知らせ」“には詳細が書かれていますが、特に他の投資型クラウドファンディングと比較して目新しいところはありません。ただ

    ソニー銀行は、「Sony Bank GATE」の「顔が見える新しい形の資産運用x挑戦起業への共感・応援」というコンセプトに基づき、経営者の思いや事業の詳細・進捗状況などといった情報開示も積極的に行っていきます。新ビジネスの創出などにつなげることも視野に挑戦起業を応援する投資型クラウドファンディングを個人のお客様の新たな資産運用の選択肢として提供して参ります。


     と書いてあるところには、ソーシャルレンディングとは別の路線をとり情報開示を徹底的に進め、投資家と事業者が一体感を持てる投資への積極展開が期待されます。

     現状投資型クラウドファンディングにおいてはソーシャルレンディング(融資型)は優勢ですが、一方事業投資型となると、TATERU FUNDINGを除き発展途上段階のようです。

     しかしソニー銀行によると投資型クラウドファンディングサービス開始は投資意欲が高い顧客の要望に応えた、同行の口座数は124万ということで、伸びが期待できそうです(投資には同行の銀行口座開設が必要)。

     なお、1号案件はIoTデバイスeRemote Proの事業化ファンドでしたが、募集開始2日目で目標募集額の1千万円を集めました。

    ソニー銀行の活躍に期待です。


    今回はここまでにさせてください。

    2017年7月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約441万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約236万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約253万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:171万円
    8.LCレンディング : 約231万円
    9.ガイアファンディング : 約198万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約160万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約205万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:34万円
    17.クラウドリアルティ:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    socicom_2017080101.png



    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socicpro_2017080101.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年8月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。

     その1は

    2017/8/3 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その1

    をご参照ください。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.maneoスマートレンドアメリカンファンディングアップルバンク
    日時 2017/8/21(月) 19:00~
    場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    2.TATERU FUNDING
    日時 2017/8/20(日)、8/26(土)、8/27(日)
    場所 東京都港区南青山 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ

    3.オーナーズブック
    日時:2017/8/30(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ

    4.クラウドクレジット
    日時:2017/9/14(木) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 FinGATE
    セミナー情報ページ


    D 沖縄発のソーシャルレンディング「ポケットファンディング」がサービスを開始しました

     2017/8/7(月)に沖縄発(初)のソーシャルレンディングサービス「ポケットファンディング」がサービスを開始しました。8/14(月)からは第1号案件の募集も始まります。

     ポケットファンディングについては下記記事もご参照ください。

    2017/8/7 沖縄初のソーシャルレンディング、ポケットファンディングへインタビューを行わせていただきました(前半)
    2017/8/8 沖縄初のソーシャルレンディング、ポケットファンディングへインタビューを行わせていただきました(後半)
    2017/8/12 ポケットファンディングで口座を開設しました


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク


    E 東洋経済の特集「金融大淘汰」にてソーシャルレンディングに触れられています。

     東洋経済2017年8月5日号の特集「金融大淘汰」にてソーシャルレンディングに触れられています。




    触れられているのは同特集の「進化するフィンテック」のパートです。

    以下3箇所において下記の記述があります。

    1.奪われる「3大業務」-クラウドリアルティオーナーズブック

    “奪われる「3大業務」”という冒頭の記事でいきなり大きく取り上げられています。銀行の3大業務(預金・融資・為替)の牙城へ食い込む存在として投資型クラウドファンディングであるクラウドリアルティオーナーズブックに触れられています。

     両サービスについては本当に大きく取り上げられていますので、別途記事にしてみたいと考えています。

    2.フィンテック10のキーワード-maneoSBIソーシャルレンディング

     最新動向がわかるフィンテック10のキーワードという語句解説の記事にて、10のキーワードのひとつに「ソーシャルレンディング」が掲載されており、そこで簡単なソーシャルレンディングの解説と、国内大手企業としてmaneoSBIソーシャルレンディングが挙げられています。

    04_SL_20170804.jpg

     ソーシャルレンディングの高利回り・低コスト運営のメリットが取り上げられています。その一方で “事業者や玉石混交であり投資対象は吟味するように“という注意喚起もなされています。

    3.集団インタビュー-クラウドリアルティ

    「フィンテック記号が新しい金融市場をつくる」と題して、外資系起業から転身してFinTechベンチャーの幹部を勤めている

    鬼頭武嗣 クラウドリアルティCEO
    金坂直哉 マネーフォワードCFO
    金光碧 bitFlyerCFO
    甲斐真一郎 FOLIO CEO


    05_20170803_191614.jpg

     が一同に会してのインタビュー記事が掲載されています。

     鬼頭武嗣CEOは海外ではクラウドファンディングやP2Pレンディング(ソーシャルレンディング)により資金調達の仕組みが大きく変わっていることに触発され、クラウドリアルティを立ち上げた展望について語っています。


    F みんなのクレジットの問題が各メディアでとりあげられています。

     元本償還遅延、投資家による融資先への直接回収運動、裁判外紛争解決手続(ADR)、東京都産業労働局による業務改善命令・業務停止処分と話題の尽きないみんなのクレジットですが、そのことが下記様々なメディアで取り上げられています。


    投資したお金が戻って来ない? 高利回り「みんなのクレジット」の実態(2017/8/1 マネーポスト)

     マネーポストの記事はソーシャルレンディングの簡単な説明に始まり、みんなのクレジットが行政処分をうけてから、7月末の一連の騒動まで触れられています。

     著名個人投資家によりソーシャルレンディングの社会的意義があること、その一方で案件が匿名化され、その高い配当にはリスクがあることに触れられていいます。


    相次ぐ業務停止命令で揺れる(株)みんなのクレジット(2017/8/8 東京商工リサーチ)

     東京商工リサーチの記事は事件の背景までが深く語られており、取材も伴う実に読み応えのあるものとなっています。

    業務停止命令もあり、難しいソーシャルレンディング(20178/10 iFOREX 鳥羽賢氏著)
     
     iFOREXの記事はみんなのクレジットの問題を通して、ソーシャルレンディング全体が怪しい投資商品のように書かれており、個人的には評価できない記事です(ソーシャルレンディングのライバルともいえるFX業者のニュースサイトですからネガティブキャンペーンでしょうか?)

    ソーシャルレンディングに関するトラブルは、みんクレ以外にも存在している。


     と最後の方に書かれているのですが、具体的にどのようなトラブルが存在しているのか教えて欲しいです。私も記事の最後にどのように〆ようかと悩むことがあります。しかしいたずらに格好良さを追い求め、客観的な論拠がない文章を書くことは感心できません。

    【新・兜町INSIDE】「ネット出資」元金償還されず トラブル発生も厳しい個人での対応(2017/8/11 ZAKZAK)

     ZAKZAKの記事は投資家の窮状を中心に事態を簡単に伝える内容となっています。

     みんなのクレジットの問題については、改めて後ほど述べたいと思います。


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    G リマールエステートが発表した不動産テック業界カオスマップにソーシャルレンディング運営会社が含まれています。

     不動産テック企業であるリマールエステートは2017/7/31に「不動産テック業界 カオスマップ」の最新版を発表しました。

    01_REAL_ESTATE_tech_Chaos_MAP_20170731.png

     不動産テックの様々な分野の企業が紹介されています。

    02_REAL_ESTATE_tech_Chaos_MAP_20170731.png

    「クラウドファンディング」も取り上げられており、その中にラッキーバンククラウドリアルティTATERU FUNDINGLCレンディング、ロードスターキャピタル(オーナーズブック)が掲載されています。

     このマップを取り上げている「“不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート」では不動産テックの注目すべきカテゴリとして特に『業務支援』、『価格可視化・査定』、『マッチング』、『クラウドファンディング』、『シェアリング』を挙げています。

     レポート中でクラウドファンディングに触れられている部分を引用すると

     個人投資が活発な海外では、多くの不動産クラウドファンディングのベンチャーが生まれているが、日本でも一般個人投資家の拡大や高齢化社会を背景にした相続・贈与の問題を受け、不動産クラウドファンディングの萌芽がみられる。更に、国土交通省の「不動産投資市場政策懇談会」では地方活性化の取り組みの方向性として、小規模不動産特定共同事業としてクラウドファンディングが注目されている。このように不動産クラウドファンディングは、小口化とも連動した実需が先行し、不動産マーケットのプライスリーダーとして大手不動産会社も無視できない存在になりつつある。国内の不動産クラウドファンディングの例としては、クラウドリアルティの『Crowd Realty』、ロードスターキャピタルの『OwnersBook』、インベスターズクラウドの『TATERU FUNDING』などがその一例である。


    となります。

     不動産テックの方面からもソーシャルレンディングに熱い視線が注がれることに期待です。

    参考
    「不動産テック業界 カオスマップ 最新版」「不動産テック業界 資本金グラフ」公表(2017/7/31リマールエステート WEBサイト)

    リマールエステート、「不動産テック業界 カオスマップ」最新版を公開(2017/7/31 CNET JAPAN加納恵氏著)

    “不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート(2017/6/1 NTTデータ経営研究所WEBサイト)


    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/8/16 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その3


    2017年7月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約441万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約236万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約253万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:171万円
    8.LCレンディング : 約231万円
    9.ガイアファンディング : 約198万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約160万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約205万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:34万円
    17.クラウドリアルティ:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ





    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    socicom_2017080101.png



    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socicpro_2017080101.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年8月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.maneoスマートレンドアメリカンファンディングアップルバンク
    日時 2017/8/21(月) 19:00~
    場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    2.オーナーズブック
    日時:2017/8/30(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    A ソーシャルレンディングが日経ヴァリタスで取り上げられました。

     日経ヴァリタス2017年7月16日号でソーシャルレンディングが取り上げられました。特集「クラウドファンディング」新潮流と題して48~49面で紹介されています。

    01_ヴァリタス_20170725

     ネットを介し小口の資金を募るクラウドファンディングが急拡大している。社会貢献などに生かすタイプに加え、利回りを狙う「貸付型」が市場をけん引。2015年には「株式型」も解禁され注目を集めている。市場の最前線を追った。

     とのリード文の後に、様々なタイプのクラウドファンディングの現状について述べられています。寄付型、購入型についての扱いは小さいです。金融商品である株式型と貸付型(ソーシャルレンディング)については、扱いは大きいですが注意喚起が占める割合も大きい構成となっています。なお、Valuについての記述もあります。

     この日経ヴァリタスの記事に関しては、別途エントリーを作成しました。後日掲載いたします。

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!




    B CAMPFIREがレンディング事業を開始しました

     購入型クラウドファンディング最大手、CAMPFIREがレンディング事業を開始しました。

    その名も「CAMPFIEレンディング」です。


    新しい融資のカタチ、CAMPFIREレンディングをリリース!(2017/8/1 家入一真氏のブログ)

    キャンプファイヤー、企業向け融資サービス開始(2017/7/28 日経新聞 読むにはログインが筆意用)

    株式会社CAMPFIREが、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」開始。 日本初となる「クラウドファンディングの支援者評価」による与信モデルを実装(2017/7/28 PR TIMES)

    評価型与信モデルを採用——CAMPFIRE、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始(2017/7/31 fabcross)

    クラウドファンディングの「CAMPFIRE」が融資事業「CAMPFIREレンディング」を開始(2017/8/1創業手帳WEB)


    CAMPFIREの購入型クラウドファンディングで資金調達に成功したプロジェクト実行者に融資
    当面は企業向けだが、秋からは個人向け融資も行う
    融資額上限は100万円、返済期間1~3ヶ月、返済回数1~3回
    CAMPFIREが蓄積した与信アルゴリズム構築を予定、SNSや行動情報を活用
    2017年中に融資額数億円を目指す


    とのことです。

     CAMPFIREはソーシャルレンディング事業の展開を宣言していましたが、まずはその融資資金は投資家に頼らず行う模様です。融資上限額100万円で2017年内に数億円の融資を行うには、相当数の案件を手がける必要があるため、活発な活動が予想されます。

     当ブログでは投資商品である「融資型(ソーシャルレンディング)・事業投資型・株式型」のクラウドファンディングを主に扱っておりますので、現状CAMPFIREレンディングは対象外です。

     ソーシャルレンディングの展開は第二種金融商品取引業の登録を済ませ、融資のノウハウを蓄えてからということなのかなと、勝手に推測しています。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    CソーシャルレンディングのシードにFUND BOARDがなるかもしれません

     Kepple会計事務所はスタートアップ投資家と投資家を結ぶファイナンスプラットフォームである「FUND BOARD(ファンドボード)」の公開を行いました。

    スタートアップと投資家のファイナンス全般を一元管理できる「FUND BOARD」(2017/7/24 山川晶之、飯塚直両氏著)

     このサービスを利用すればスタートアップは事業・財務状況などの投資判断のための情報公開を行いやすくなります。投資家はその情報を利用してスタートアップへの投資を行いやすくなります。

     同サービスは将来的にはスタートアップがどのように資金を調達するのが適当かを提案する機能搭載が検討されています。その資金調達手段のひとつにソーシャルレンディングも含まれています。このサービスがソーシャルレンディングの案件組成に一役買う未来が来るのかもしれません。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事 2017/8/14 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その2

    2017年7月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約441万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約236万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約253万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:171万円
    8.LCレンディング : 約231万円
    9.ガイアファンディング : 約198万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約160万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約205万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:34万円
    17.クラウドリアルティ:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない



    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    socicom_2017080101.png


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socicpro_2017080101.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ソーシャルレンディング 主要24サービス 2017年7月期募集額速報

     ソーシャルレンディング主要24サービスの2017年7月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y07m31d_215114445.jpg

     2017年7月期における主要24サービスの募集総額(速報値)は107億9千958万円となりました。

     これはこれまで最高の2017年6月における115億6千539万円に次ぎ、歴代2位の記録となります。

     なお、今月はTATERU FUNDINGは-1,620万円と負の数字にしています。

     これは同サービスの募集額を求めるのに使っている数字を「WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額」から今月よりホームページに新しく表示されるようになった「出資金額の推移」に切り替えたためです。

     TATERU FUNDINGのように出資金を投資申込後に振り込むサービスでは、投資家全員が満額入金してくれると限らないため、募集額と出資金額にずれが生じる場合があります。
     当ブログでは後者を採用します。その方が実績に即していると考えるからです。そのため今月分は数字をマイナスにすることをお許しください。

     FUNDINNOも同様の理由で-60万円となります。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1位になったのは、

    クラウドクレジット、ラッキーバンク、オーナーズブッククラウドリースアメリカンファンディングアップルバンク

    となります。


     同じく月あたりの募集額が歴代2位になったのは、

    maneoSBIソーシャルレンディングさくらソーシャルレンディング

    となります。

    02_2017y07m31d_215120117.jpg

    2017年7月31日時点における主要24サービスの累計募集額は1千796億5千86万円となりました。

     ボーナス月であった6、7月はこれまでの月あたり募集額歴代1、2位を更新しました。

     例年通りならば、年末に向けてさらに募集額は増大していきます。

     1.年間募集額1千億円超え
     2.累計募集額2千億円超え


     の2つの記録更新がいよいよ目前に迫ってきました。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.maneoスマートレンドアメリカンファンディングアップルバンク
    日時 2017/8/21(月) 19:00~
    場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    2.オーナーズブック
    日時:2017/8/30(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ

    2017年7月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約441万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約236万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約253万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:171万円
    8.LCレンディング : 約231万円
    9.ガイアファンディング : 約198万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約160万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約205万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:34万円
    17.クラウドリアルティ:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その5

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその5です。その4については

    2017/07/21 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その4

    をご参照ください。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    2.TATERU FUNDING
    日時 2017/7/29(土) & 2017/7/30(日) 10:30~
    場所 東京都港区南青山 株式会社インベスターズクラウド本社
     & 福岡県福岡市博多区 株式会社インベスターズクラウド福岡支店
    セミナー情報ページ


    3.maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時 2017/7/31(月) 19:00~
    場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    4.オーナーズブック(注意:女性限定)
    日時:2017/8/2(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    K クラウドポートが4社合同のリクルーティングイベントに参加します

     クラウドポートが2017/8/4(金)に東京都渋谷区で開催される「レンディングスタートアップ4社による合同説明会」に参加します。登壇するのは同社共同創業者の柴田陽氏です。

    ソーシャルレンディング比較サービスのクラウドポート、【8月4日(金)】国内初?!「レンディングスタートアップ」4社で開催される合同説明会に参加(2017/7/20 ORICON NEWS)

     "リクルーティング"イベントですが、スタートアップに興味を持つ方も対象とのことです。FinTechで最も熱い分野の”レンディング”分野におけるスタートアップ代表者の興味深い話が聞けそうです。


    以下、サービスごとのニュースをお伝えします。 


    6.ラッキーバンク
     
     ラッキーバンクの2017年6月期における募集額は6億4千419万円となりました。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク


    7.オーナーズブック

     オーナーズブックの2017年6月期における募集額は8千200万円となりました。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    8.スマートエクイティ

    スマートエクイティの2017年6月期における募集額は0円となりました。


    9.LCレンディング

    9.1 募集額

    LCレンディングの2017年6月期における募集額は7億6千185万円となりました。


    9.2 maneoにて紹介動画掲載

     maneoのHPにて2点のLCレンディングを紹介する動画が掲載されています。






    10.ガイアファンディング

     ガイアファンディングの2017年6月期における募集額は3億1千282万円となりました。


    11.トラストレンディング

    11.1 募集額

     トラストレンディングの2017年6月期における募集額は8千40万円となりました。


    11.2財務総合政策研究所の客員教授が顧問として就任しました

    トラストレンディングの運営会社、(株)トラストファイナンスに財務省の施設等機関である財務総合政策研究所客員研究員の豊岡俊彦氏が就任されました。

    顧問の招聘に関するお知らせ(2017/7/3 トラストレンディングWEBサイト)

     このことによる同社のコンプライアンス強化に期待です。


    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!




    12 J.Lending

     J.Lendingの2017年6月期における募集額は0円となりました。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年6月期における募集額は3億7千505万円となりました。これはこれまで最高だった2017年3月期における3億7千440万円を抜いて、歴代1位の記録となります。


    14.スマートレンド

    スマートレンドの2017年6月期における募集額は2億2千351万円となりました。


    15.みんなのクレジット

    みんなのクレジットは現在営業を自主休止中です。


    16.TATERU FUNDING

    16.1 募集額

     TATERU FUNDINGの2017年6月期における募集額は3千570万円となりました。

    16.2 最低募集額が1万円に引き下げられました

     これまでTATERU FUNDINGの最低募集額は1口10万円でしたが、それが1万円に引き下げられました。より柔軟に投資家の小口投資の需要に応えられることが期待できます。

    不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」が1口1万円から投資可能に!誰でも手軽に不動産投資ができるサービスを提供(2017/7/6 TATERU FUNDING WEBサイト)


    16.3 アプリ配信を開始

     TATERU FUNDINGは2017/7/6より、スマートフォンアプリの提供を開始しています。募集開始のプッシュ通知機能を備え、投資を行うことも可能です。

    不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」第7号東京都江戸川区TATERU APファンドの組成決定!2017年7月26日より出資募集開始(2017/7/11 PR TIMES)


    17.アメリカンファンディング

    17.1 募集額

    アメリカンファンディングの2017年6月期における募集額は5千646万円となりました。


    17.2 maneoにて紹介動画掲載

     maneoのHPにてアメリカンファンディングを紹介する動画が掲載されています。




    18.グリーンインフラレンディング

     グリーンインフラレンディングの2017年6月期における募集額は11億4千315万円となりました。これはこれまで最高だった2017年3月期の9億2千140万円を超えて、歴代1位となります。


    19.クラウドリアルティ

    19.1 募集額

     クラウドリアルティの2017年6月期における募集額は7千200万円となりました。


    19.2 クラウドリアルティが全国賃貸住宅新聞で取り上げられました。

     クラウドリアルティが全国賃貸住宅新聞で取り上げられました。先日満額成立した京町家再生プロジェクトに続き、3号案件としてエストニアの不動産担保ローン案件募集を行っていること、今後は出資者を招いた物件見学会を開催する予定であることに触れられています。

    一口5万円で海外不動産投資 ・・・クラウドリアルティ(2017/7/3 全国賃貸住宅新聞)


    20.さくらソーシャルレンディング

    20.1 募集額

     さくらソーシャルレンディングの2017年6月期における募集額は2千570万円となりました。


    20.2 maneoにて動画公開

     maneoのHPにてさくらソーシャルレンディングを紹介する動画が掲載されています。




    21.キャッシュフローファイナンス

     キャッシュフローファイナンスの2017年6月期における募集額は8千739万円となりました。


    22.アップルバンク

     アップルバンクの2017年6月期における募集額は1億2千162万円となりました。


    23.FUNDINNO

    23.1 募集額

     FUNDINNOの2017年6月期における募集額は3千130万円となりました。


    23.2 運営会社が約1億1千600万円の資金を調達

     FUNDINNOの運営会社である日本クラウドキャピタルは西武しんきんキャピタル企業投資3号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 西武しんきんキャピタル株式会社、事業会社2社およびエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額1億1,580万100円の資金調達を実施しました。

     FUNDINNOはこれまで2社の資金募集を行っていますが、いずれも順調に資金を集めています。
     FUNDINNOのますますの活躍に期待です。

    株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営元が約1.1億円を調達(2017/7/20 TechCrunch、 masumi ohsaki氏著)
     
    日本初の株式投資型クラウドファンディングを手がける日本クラウドキャピタル、第三者割当増資で総額1億1,580万100円の資金調達を実施(2017/7/20 PR TIMES)


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    01_2017y07m01d_115346185.jpg

     2017年6月期における主要23サービスの募集総額は115 億6千539万円となりました。

    これはこれまで最高だった2017年4月期における101億5,278万円を10億円以上上回り、歴代1位となります。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1位になったのは、

    maneo、ラッキーバンク、クラウドリースグリーンインフラレンディングとなります。

     同じく月あたりの募集額が歴代2位になったのは、

    SBIソーシャルレンディングクラウドクレジットとなります。

    02_2017y07m01d_115359755.jpg

    2017年6月30日時点における主要23サービスの累計募集額は1千688億5千128万円となりました。

    03_2017y07m01d_004458133.jpg

     私は先月上記の表を載せて、「2017年5月の募集額が落ち込んだこと」、「これは過去2年同じ傾向があり、6月、7月は盛り返していること」を述べ、今年もそのようになることを期待しました。

    04_2017y07m01d_004505234.jpg

     結果はこのようになり、まずは6月においては期待が叶いました。2017年7月は本格的なボーナス月です。更に募集額が大きくなることに期待です。

     今年も折り返しに入りましたが、今年6ヶ月間における主要23サービスの累計募集額は約541億6千100万円となり、500億円を軽く突破しました。この調子でいくと2017年における募集額は軽く1千億円を超えそうですが、さてさてどうなるでしょう。

     ますますソーシャルレンディングの認知度が高まり、募集額が増大することに期待です。

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。その3については

    2017/07/17 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その3
    をご参照ください。

    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    2.TATERU FUNDING
    日時 2017/7/29(土) & 2017/7/30(日) 10:30~
    場所 東京都港区南青山 株式会社インベスターズクラウド本社
     & 福岡県福岡市博多区 株式会社インベスターズクラウド福岡支店
    セミナー情報ページ


    3.maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時 2017/7/31(月) 19:00~
    場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    4.オーナーズブック(注意:女性限定)
    日時:2017/8/2(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    J ソーシャルレンディングが「Ferret」で紹介されました

     WEBマーケティングメディア「Ferret」でソーシャルレンディングが紹介されています。

    「ソーシャルレンディング」とは?Web上で中小企業をサポートできる仕組みを知ろう(2017/7/11 Ferret 臼杵優氏著)

     初心者に向けに、ソーシャルレンディングとは何か?からそのメリット・デメリット・リスクへの注意喚起までが分かりやすく記されています。きっと興味を持ってくれる「Ferret」の読者の方がいらっしゃると思います。

     ただひとつ惜しいのが「日本国内で主要なソーシャルレンディングサービス」として3サービスが挙げられているのですが、AQUSHmaneoSBIソーシャルレンディングと並んで挙げられていることです。

     確かにこの3サービスは国内ソーシャルレンディングサービスをいち早く始めています。maneoSBIソーシャルレンディングが確かに「主要」といえるほど、活発に活動していますが、AQUSHは現在開店休業状態です。「主要サービス」として取り上げるのは適当ではないでしょう。

     ソーシャルレンディングの紹介記事において、「どこのサービス」が紹介されるかというのは、書き手のポジションや勉強の度合いが明らかになる場所と個人的に考えています。


    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク



    以下、サービスごとのニュースをお伝えします。


    1.maneo

    1.1 募集額

     2017年6月期のmaneoの募集額は38億2千520万円となりました。これはこれまで最高だった2017年3月期の31億2千861万円を超えて、歴代1位となります。

    1.2 前記決算概要報告

     maneoマーケット社、maneo社、UBIfinance社の連結決算の概要が瀧本憲治社長のブログで公表されました。

    前期決算の概要です。(2017/6/28 投資の現場レポート maneo社長瀧本憲治氏著)

     利益の伸びは小さいですが、売上高や資産は順調に伸びています。私がソーシャルレンディング事業営業の基板となると考えている指標は、「匿名組合出資金」、つまり実際に融資されて利息を稼いでくれている資産ですが、約158億円と前年の約121億円から大きく伸びています。

    このことについては別途記事を作成しました。

    2017/7/8 maneo 財務諸表公開の姿勢はダントツ

    をご参照ください。


    1.3 maneoのHPで動画コンテンツの配信が始まりました

     maneoのHPで動画配信が始まっています。maneoファミリーの各社代表に対して、瀧本憲治社長がインタビューを行い、紹介するという形です。現在はLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングの紹介動画が配信されています。

    01_2017y07m18d_173832292.jpg

     運営会社の顔・運営状況を明らかにしていく動きを歓迎です。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

    2.1 募集額

    AQUSHの2017年6月期における募集額は0円となりました。


    2.2東京三菱UFJ銀行がAQUSHの運営会社に出資しました

     先述のとおりAQUSHは開店休業状態ですが、運営会社のエクスチェンジコーポレーションが手がけるもう一つのFinTechサービスである「Paidy」は好調のようです。東京三菱UFJ銀行が同社に出資を行いました。

    三菱東京UFJが「フィンテック」事業を拡大 決済ベンチャーに出資(2017/7/14 Sankei Biz)

    カードレスオンライン決済「Paidy」提供のExCo、三菱東京UFJ銀行と資本業務提携(2017/7/16 THE BRIDGE、 Masaru IKEDA氏著 )

     Paidyは決済サービスであり、ソーシャルレンディングではありませんが、記事によると顧客の支払い能力の審査に、AIが用いられているとのことです。これは海外オルタナティブレンディングサービスのAffirmと似た感じのサービスであることが伺えます。

    参考
    2016/10/29 みんなのクレジット、AI融資サービス考察-その4 「Affirm」 サブプライムでも月賦が使える秘密

     かつてこのPaidyはAQUSHと結びつけた展開が期待されていました。顧客が分割払いを選択した際に、支払い先へ建て替える分のお金を調達する案件が予定されたと聞いています。そのことは中田健介(けにごろう)さんの著作

    「年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!」をご参照ください。



     Paidyの口座数は30~40代を中心に74万口座とのことですが、利用がさらに増えていけばAQUSHにおいて案件募集が行われるか?それとも全額東京三菱UFJ銀行から調達するのか?に注目しています。

     なお、SBIホールディングCEO北尾吉孝氏著の「成功企業に学ぶ 実践フィンテック」にもラッセル・カマー氏へのインタビューが掲載されていますが、そこにはPaidyの利用者は2017年末には200万人に達する見込みと書かかれています。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    成功企業に学ぶ 実践フィンテック [ 北尾 吉孝 ]
    価格:1944円(税込、送料無料) (2017/7/26時点)




    3.SBIソーシャルレンディング

    3.1 募集額

     SBIソーシャルレンディングの2017年6月期における募集額は23億9千799万円となりました。これは2017年4月期における28億2千361万円に次いで、歴代2位の記録となります。


    3.2テレマティクスローンファンドの投資対象事業が「未来世紀ジパング」で取り上げられました

     2017/7/3放送の未来世紀ジパング-日米中が欲しがるフィリピン!ドゥテルテその後の異変-(テレビ東京)にてSBIソーシャルレンディングのテレマティクスローンファンドの事業対象である、トライシクル(三輪タクシー)が取り上げられました。

    参照

    2017/7/15 SBIソーシャルレンディング テレマックスローンファンド融資先の事業が未来世紀ジパングで紹介されましたた。


    3.3 SBIソーシャルレンディングの株主がSBI FinTech Solutionsに

     SBIグループの経営戦略、電子マネーを手がけるSBI AXES(株)は、SBI FinTech Solutions(株)に2017/7/1に社名を変更しました。またSBIソーシャルレンディングの全株式を取得し、完全子会社としました。

    商号変更ならびに新コーポレートロゴ及びURL変更のお知らせ(2017/6/22ECのミカタ)

     SBI FinTech Solutions(株)はFinTech関連事業を複数傘下に置き、成長を加速させる模様です。ますます力強いSBIソーシャルレンディングの活躍に期待です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4.1 募集額

     クラウドバンクの2017年6月期における募集額は9億6千314万円となりました。


    4.2 累計募集額が150億円を突破

     クラウドバンクはサービス開始以来の累計募集額が2017年6月に150億円を突破しました。

    2017y06m30d_103515786.jpg

    このことについては下記リンクをご参照ください

    2017/7/2 クラウドバンク応募金額150億円突破!千円単位の投資が可能な投資家目線がGood!

    「クラウドバンク」が応募総額150億円を突破(2017/6/28 クラウドバンクWEBサイト)

    融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」、応募総額150億円突破(2017/6/29 マイナビニュース 田中省伍氏著)


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を


    5.クラウドクレジット

    5.1 募集額

     クラウドクレジットの2017年6月期における募集額は3億2千592万円となりました。これはこれまでの最高額である先月の3億4千743万円についで、歴代2位となりました。


    杉山社長へのインタビューがクラウドポートに掲載されました

     クラウドポートクラウドクレジットの杉山智行社長のインタビューが掲載されました。

     クラウドクレジット杉山社長 インタビュー 理論よりも実需こそが重要。海外ローンの分散投資を個人に(2017/7/18 クラウドポート)
     
     杉山社長の学生時代から、大和証券、ロイズ銀行といった金融業を経てクラウドクレジットを立ち上げたこと、立ち上げに当たって当局とのやりとりに苦労したこと、クラウドクレジットのファンド設計において目指していることなど、実に面白い内容となっています。

     今年度中にテーマの異なる15種類のファンドが提供されること、クラウドクレジットのサイト機能充実がさらに進むとのことで期待したいと思っています。


    5.3 兜LIVE!にて3週年記念イベントが紹介されました

     クラウドクレジットは2017年6月21にサービス開始3週年イベントを開催しましたが、その場において行われた杉山社長へのインタビューが兜町と茅場町のイベントサイト、兜LIVE!にて取り上げられました。

    クラウドクレジット株式会社 代表の杉山さんの取材に行ってまいりました!(2017/7/5 兜LIVE!)

     記事の内容は杉山社長と兜町・茅場町の関わり、感想、FinTechの一大拠点としての展望であり、クラウドクレジットには直接触れられていません。ただ兜町・茅場町エリアが将来的に資産運用系のスタートアップ・世界中のアセットマネジメント関連企業、いろいろな国籍の人々が集まるプロジェクトが進行しているとの言及があります。

     クラウドクレジットはセミナー・イベントを開催する際には茅場町の東京証券会館、もしくはその近辺を会場にすることが多いですが、それを見越してのことかもしれません。

    2017/7/22 追記

     杉山社長は7/21に自身のFaceBookで2017/7/31にオフィスを移転することを発表しました。




    5.4 Global Fintech Investment Summitにクラウドクレジットが参加しました。

     2017/7/10に香港で開催されたGlobal Fintech Investment Summitにクラウドクレジットが参加しました。杉山智行社長のFACEBOOKで紹介されています。



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/7/24 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その5


    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2については

    2017/07/12 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その2

    をご参照ください。

    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.maneoクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/7/18(火) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    2.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    3.TATERU FUNDING
    日時 2017/7/29(土) & 2017/7/30(日) 10:30~
    場所 東京都港区南青山 株式会社インベスターズクラウド本社
     & 福岡県福岡市博多区 株式会社インベスターズクラウド福岡支店
    セミナー情報ページ


    4.オーナーズブック(注意:女性限定)
    日時:2017/8/2(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    G 伊藤忠商事がインドネシアでソーシャルレンディング事業を始めます

     伊藤忠商事がインドネシアでソーシャルレンディング事業を開始します。日本のような個人が投資家で融資先が企業というものではなく、個人から個人(小規模事業所)へというベーシックな形のP2Pレンディングとなる模様です。

    伊藤忠、口座持たぬ個人間の融資仲介にインドネシアで参入(2017/6/20 日経新聞)

    2017y07m13d_154412350.jpg

     記事を読む限りでは投資家(貸し手)、借り手ともに日本と直接の関係はなさそうです。

     伊藤忠商事は同国のFinTech企業の株式を取得し、そこへ様々に技術を支援します。サービス開始は2018年とのことです。

    同国のP2Pの総貸出残高は現在20億~30億円のもようだが、伊藤忠は「数年後に1兆円規模に拡大する可能性がある」


     とのことで、大化けが期待できます。なお、伊藤忠商事はクラウドクレジットに出資しています。

     クラウドクレジットが主に手がけるのも、海外の個人を対象とする融資案件です。何か関係があるのかと問い合わせたところ、特にない(伊藤忠商事は巨大企業であり、クラウドクレジットを担当している部署と、上記インドネシアのP2Pレンディングを担当する部署は別)との回答をいただけました。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    H インドネシアで不動産事業を営む企業が、ソーシャルレンディングを用いて日本で資金を集めるためのパートナーを募集しています

     インドネシアで建築プロジェクト・マネジメントを専門とするインドネシア現地法人 ミトラ国際インドネシア(MKI)が日本において資金の募集を企画しています。日本の個人投資家がインドネシアの不動産投資を行えるプロジェクト、『越境まちづくり事業』における展開です。

    2017y07m13d_154449422.jpg

     スキームは上記のとおりです。

    インドネシア向け『越境まちづくり事業』を加速するための『クラウド型不動産投資ファンディング・レンディング』活用へ向けた 提携パートナー募集のお知らせ(2017/6/30 DREAM NEWS)

     スキームをざっと見た感想を述べます。パートナー(募集対象)は「第二種金融商品取引業」と「貸金業」の両方の登録を行った業者である必要がありそうです。

     日本で広く一般の個人投資家から資金を集めるには「第二種金融商品取引業」の登録が必要となります。「金銭消費賃貸契約」を結んで事業として融資を行うので「貸金業」の登録も必要となるからです。
     
     この両方の登録を受けるには、当局からの審査が厳しいと聞いています。

     既存のソーシャルレンディング事業者がパートナーに名乗りを上げれば、そこにて新規の案件となるかと思います。そうでない場合は新規ソーシャルレンディングサービスが誕生することになるかと思います。

     ソーシャルレンディングの多様性が増えることに私は基本的には賛成ですので、進捗を楽しみにしたいと思います。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    I アジア市場向けソーシャルレンディング事業の立ち上げが計画されています。

    ビジネスパートナー発見サイト「MeetEntre」でアジア市場向けソーシャルレンディング事業の立ち上げに伴う、システム開発責任者(CTO)募集が行われています。

    【システム開発責任者(CTO)募集】アジア市場向けソーシャルレンディング事業の立ち上げ(MeetEntre)

     まだ金融システムが未整備で、金融包摂が不十分な東南アジアへの事業展開を目指す、また仮想通貨、ブロックチェーンを活用してソーシャルレンディングを展開するとのことです。


     今回はGからIまで、東南アジアでソーシャルレンディング事業を展開する国内勢のニュースを3つ伝えることになりました。

     金融システムが整っていない東南アジアだからこそ、FinTechの最先端であるソーシャルレンディングによる事業拡大の展望が望める。それは伊藤忠商事が構想するようにインドネシアだけで一兆円の市場規模が望める大きな果実ということでしょう。


     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/7/21 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その4

    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1については

    2017/07/06 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その1

    をご参照ください。


    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.maneoクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/7/18(火) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    2.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    3.TATERU FUNDING
    日時 2017/7/29(土) & 2017/7/30(日) 10:30~
    場所 東京都港区南青山 株式会社インベスターズクラウド本社
     & 福岡県福岡市博多区 株式会社インベスターズクラウド福岡支店
    セミナー情報ページ


    4.オーナーズブック(注意:女性限定)
    日時:2017/8/2(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない



    D Sankei Bizに掲載中の連載「ソーシャルレンディングを知る」について

     クラウドポート社長、藤田雄一郎氏がSankei Bizに連載中の「ソーシャルレンディンを知る」の連載2回目が掲載されました。

    【ソーシャルレンディングを知る】(2)投資家急増中! 市場が急成長している理由とは(2017/6/23 Sankie Biz 藤田雄一郎氏著)


    ソーシャルレンディングが急成長している理由が

    1.個人投資家にハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンしか用意されていない中で、安定したパフォーマンスが期待できる
    2.新規事業者が続々参入し、多様性が増えた。また顧客獲得のために積極的なアピールを行っている
    3.ブログ、Twitterによる個人から個人への情報配信、波及
    4.近年のFinTechブームがソーシャルレンディングの成長を後押し


    と挙げられています。

    3.ブログ、Twitterによる個人から個人への情報配信、波及

    について書かれた部分をそのまま引用します。

     ソーシャルレンディングを体験した個人投資家がブログやSNSを通じて、自らの投資実績や体験談を公開する事例が増えてきている。ソーシャルレンディング投資家のほとんどが、普通の会社勤めをしている一般的なサラリーマンだ。

     特に莫大な資産を築いているわけでも、専門的な金融知識を身につけているわけでもない。SNS等を通じて、身近な存在である一般の個人投資家が、着実に資産を増やしていく様子を見た別の個人が、これならば自分もできると新たにチャレンジするという良い循環が生まれている。


     近年ソーシャルレンディングの収益をブログでアップする人が増えました。その増加数とソーシャルレンディング募集額の伸びはまさに正比例しているように感じます。株式・FXのように個人投資家では一握りの人しか儲けられない従来型の投資方法では、見られない動きでしょう。ソーシャルレンディングの特異さが伺える点かと思います。

     なお、藤田雄一郎氏は幻冬舎GOLD ONLINEで持たれている連載の第6回において、

    「特に莫大な資産を築いているわけでも、専門的な金融知識を身につけているわけでもない。SNS等を通じて、身近な存在である一般の個人投資家が、着実に資産を増やしていく様子」


    の実例を挙げていらっしゃいます。
     
    「専門メディアの運営者による「ソーシャルレンディング」入門」第6回、“著名ブロガーの例に見る「ソーシャルレンディング投資」(2017/6/14 幻冬舎GOLD ONLINE 藤田雄一郎、柴田陽両氏著)

     そこでは「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の管理人中田健介氏と並んで、このファイアフェレットも取り上げていただいています。

    まことに光栄と考えています。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    E PILES GARAGEにてソーシャルレンディングのことが取り上げられました。

    ビジネススキルの情報サイトPILES GARAGEにてソーシャルレンディングのことが取り上げられました。

    資金調達や資産運用の新たな選択肢、ソーシャルレンディングとは何か(2017/6/13 PILES GARAGE片岡治樹著 )

     従来と現在のFinTechの対比、日米のソーシャルレンディングの違いと現状が分かりやすく書かれています。最後にソーシャルレンディングが欧米に比べて普及していない理由のひとつに、関連法が整えられていないことが指摘されています。全くの同感です。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    F ハイアス・アンド・カンパニーが不動産クラウドファンディング事業に乗り出します

     住宅不動産に特化したコンサルティング会社、ハイアス・アンド・カンパニー(株)が不動産クラウドファンディング事業に乗り出すとのことです。

    第1回「不動産相続の相談窓口」全国大会を開催 不動産クラウドファンディングサービスを提供(2017/6/19 PR TIMES)

     記事によると不動産特定共同事業法の改正に合わせて、サービスが開始されるようです。現在の不動産特定共同事業法はクラウドファンディング事業を行うには使い勝手がよくないと聞いています。契約書類などの電子交付が認められておらず、紙で発行するプロセスが必要といった理由が挙げられます。

     法改正により、様々な不動産クラウドファンディングが登場して、不動産投資家が個人投資家にも手軽にできるようになることに期待です。

     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/7/17 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その3

    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.クラウドリアルティ
    日時:7/6(木) 19;00~
    場所:東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ


    2.maneoクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/7/18(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    3.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    A 沖縄初のソーシャルレンディングが誕生しました

     沖縄を本拠地とするソーシャルレンディングサービスが誕生します。琉球新報がそのことを伝えています。

    企業への融資 ネットで仲介 ZAIZEN、沖縄初(2017/6/25 琉球新報)

    b69af545a52b627edc808530f35394f5.jpg

     運営会社はソーシャルバンクZAIZEN、サービス名は「Pocket Funding(ポケットファンディング)」と聞いています。

     ソーシャルレンディングの運営会社はそのほとんどが本拠地を東京においています。

     地方を本拠地に置くソーシャルレンディングサービスはさくらソーシャルレンディング(福岡県)に次いでポケットファンディングは2番目です。

    案件は沖縄県だけではなく、県外や海外の案件も視野にいれるとのことです。

    こうした動きが広がり、ソーシャルレンディングが日本のあらゆる地域を活性化させることに期待です。

    2017/8/7 追記
    ポケットファンディングについては下記記事もご参照ください。

    2017/8/7 沖縄初のソーシャルレンディング、ポケットファンディングへインタビューを行わせていただきました(前半)


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    B 日経新聞2017年6月25日朝刊でソーシャルレンディングが紹介されました

     日経新聞2017年6月25日朝刊3面でソーシャルレンディングについての紹介記事が掲載されました。下記リンクでオンラインでも読むことができます。

    VB融資 ネットで 高利回り、残高1000億円へ(2017/6/24 日経新聞 読むには
    ログインが必要)

    実際の紙面へのリンクはこちら(maneo WEBサイトより)

     ソーシャルレンディングの勢いが国内外で盛んなこと、投資家へのアドバイス、問題点などが分かりやすく説明されています。ソーシャルレンディングはこれまで何度も日経新聞に取り上げてもらっていますが、一番読者にポジティブに受け止められる内容になっていると感じます。

     いくつかの「ツッコミどころ(ちょっとした間違い)」ともとれる点があるところが惜しいところです。そのツッコミも含めて、この日経新聞の記事に関する、エントリーを作成いたしました。

    2017/7/19 日経新聞2017年6月25日朝刊でソーシャルレンディングが紹介されました

    をご参照ください。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を


    C 財経新聞でソーシャルレンディングが取り上げられました

    財経新聞でソーシャルレンディングが取り上げられました。下記のリンクで読むことができます。

    日本が抱える金融環境の歪み ソーシャルレンディング成長の一方で(2017/6/26 財経新聞 矢牧滋夫氏著)

     上記日経新聞の6/25付の記事を受けて、銀行が陥っている苦境を「金融環境の歪み」として論ずる内容です。あくまで主題は「銀行も融資をソーシャルレンディングと同じくらいに柔軟に行えば、日本に活力が生まれる」であり、「ソーシャルレンディングそのもの」ではではありません。

    筆者の矢牧滋夫氏は

    1.融資先獲得が困難
    2.やっと得られた融資先においても利ざやが小さい
    3.銀行が融資先に求める条件は数多く複雑である。
    4.新規事業者やベンチャーは3.に対応することが難しく、融資を受けにくい


     と銀行の問題点を様々に挙げ、

    ・金融庁が金融検査マニュアルを廃止したこの時こそ好機である。
    ・銀行がソーシャルレンディングと同様に、従来ならば銀行融資を受けられない層へアプローチするべきだ。
    ・そうすれば良質な資金により、日本経済に活力を与えることができる。


    と論じられています。

     記事の趣旨そのものに異存はありません。しかしちょっと気になったのが、銀行の資金を「良質な」と記述していることです。つまり矢牧氏はソーシャルレンディングにおける投資家からの募集資金は「良質な資金」と考えていらっしゃらないわけです。ソーシャルレンディングに対するネガティブな感情を感じます。
     資金を少ないながらも出している私としては、是非その理由を聞きたいものです。その論拠は客観的なものであれば良いと思っています。

     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/7/12 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その2

    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    sBISL20170725_01.png


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング 主要23サービス 2017年6月期募集額速報

     ソーシャルレンディング主要23サービスの2017年6月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y07m01d_115346185.jpg

     2017年6月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は115 億6千539万円となりました。

    これはこれまで最高だった2017年4月期における101億5,278万円を10億円以上上回り、歴代1位となります。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1位になったのは、

    maneo、ラッキーバンク、クラウドリースグリーンインフラレンディングとなります。

     同じく月あたりの募集額が歴代2位になったのは、

    SBIソーシャルレンディングクラウドクレジットとなります。

    02_2017y07m01d_115359755.jpg

    2017年6月30日時点における主要23サービスの累計募集額は1千688億5千128万円となりました。

    03_2017y07m01d_004458133.jpg

     私は先月上記の表を載せて、「2017年5月の募集額が落ち込んだこと」、「これは過去2年同じ傾向があり、6月、7月は盛り返していること」を述べ、今年もそのようになることを期待しました。

    04_2017y07m01d_004505234.jpg

     結果はこのようになり、まずは6月においては期待が叶いました。2017年7月は本格的なボーナス月です。更に募集額が大きくなることに期待です。

     今年も折り返しに入りましたが、今年6ヶ月間における主要23サービスの累計募集額は約541億6千100万円となり、500億円を軽く突破しました。この調子でいくと2017年における募集額は軽く1千億円を超えそうですが、さてさてどうなるでしょう。

     ますますソーシャルレンディングの認知度が高まり、募集額が増大することに期待です。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.クラウドリアルティ
    日時:2017/7/4(火)、7/6(木) 19;00~
    場所:東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ


    2.maneoクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/7/18(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    3.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない


    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から