カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。その3は下記リンクをご参照ください。

    2017/6/20 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その3

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    2.オーナーズブック
    日時:2017/6/28(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ

    3.クラウドリアルティ
    日時:2017/7/4(火)、7/6(木) 19;00~
    場所:東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    7.オーナーズブック

    7.1 募集額

     オーナーズブックの2017年5月における募集額は1億6千150万円となります。これは過去最高である2017年1月の1億8千150万円に次いで、歴代2番目の記録となります。


    7.2 ロードスターキャピタルがプレス向けカンファレンスを開催しました

     オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタル(株)が不動産テック・ソーシャルレンディングについてプレス向けカンファレンスを2017/5/18に開催しました。金融&IT業界の情報ポータルサイト GoodWAYの記事でそのことが伝えられています。

    【ロードスターキャピタル】 不動産テック・ソーシャルレンディグの現状と今後の展望、「プレス向けカンファレンス」を開催!(2017/5/28GoodWAY)

     岩野社長の経歴から、手がけている不動産事業、またFinTech、不動産テックへの取り組み(オーナーズブック、オフィス価値査定サービス「AI-Checker」)など、実に幅広く語られた模様です。

    このことについては別途記事を作成しました。ご参照ください。

    2017/6/11 オーナーズブックがプレス向けカンファレンスを開催


    7.3 オーナーズブックが週刊エコノミストで大きく取り上げられました。

     週刊エコノミスト2017年6月6日号の特集、「お金が増えるフィンテック」において、ソーシャルレンディングが取り上げられています。その中でオーナーズブックは特に大きく取り上げられています。


     この特集は3部構成なのですが、第1部の 「おつりを投資に回す。意識せずに資産を増やす」にてオーナーズブックについて、次の様に紹介されています。

    大手不動産に個人も投資
     フィンテックは不動産投資の形も変えた。ロードスターキャピタル(東京都中央区)は、これまで個人ができなかった不動産への投資を可能にするサービス「オーナーズブック」を運営している。インターネットを介して投資家を募り共同で投資する「クラウドファンディング」という仕組みを利用する。投資先を不動産に特化し、個人に1口1万円から不動産投資できる場を提供する


    上記文章からはじまり、1000文字以上のボリュームで、実に詳しく解説されています

    この部分については別途記事を作成しました。

    2017/6/25 週刊エコノミストでオーナーズブックが大きく取り上げられています

    をご参照ください。

    なお、オーナーズブックについて書かれている部分は下記リンクで読むことができます。

    特集:お金が増えるフィンテック 2017年6月6日号 お釣りを投資に回す 意識せずに資産を増やす(週刊エコノミスト2017年6月6日号宣伝ページ)


    7.4 オーナーズブックがスーパーJチャンネルの『注目:゛少額゛投資 新サービス続々』にて取り上げられました。

     オーナーズブックがスーパーJチャンネルの『注目:゛少額゛投資 新サービス続々』にて取り上げられました。小口不動産投資とソーシャルレンディングがますますメジャー化しているようで、非常に嬉しく感じます。



    実際の動画はこちらから見ることができます。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    8.スマートエクイティ

     スマートエクイティの2017年5月における募集額は0円となりました。


    9.LCレンディング

     LCレンディングの2017年5月における募集額は8億8千175万円となりました。


    10.ガイアファンディング

     ガイアファンディングの2017年5月における募集額は2億8千160万円となりました。


    11.トラストレンディング

    11.1 募集額

     トラストレンディングの2017年5月における募集額は1億8千190万円となりました。
    これは過去最高の2億4千20万円について、歴代2番目に大きな金額となります。


    11.2 新規会員特典キャンペーンが廃止になります。

     トラストレンディングはサービス開始依頼、投資会員登録で1500円、加えて投資実行で3500円、合計5千円という、新規会員特典キャンペーンを行っています。

     このサービスが6月末でついに廃止になります。

     新規課員特典をもらうのならば今のうちです。

    このことについては、下記記事もご参照ください。

    2017/6/2 トラストレンディングの豪華新規会員特典キャンペーンが廃止になります。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12 J.Lending

     J.Lendingの2017年5月における募集額は0円となりました。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年5月における募集額は2億5千860万円となりました。


    14.スマートレンド

     スマートレンドの2017年5月における募集額は1億5千974万円となりました。


    15.みんなのクレジット
     
     みんなのクレジットは現在、営業を自主休止中です。


    16.TATERU FUNDING

    16.1 募集額

     TATERU FUNDINGの2017年5月における募集額は6千300万円となります。これはこれまで最高だった前月の5千460万円を超えて、歴代1位となります。


    16.2 不動産クラウドファンディングのプラットフォーム構築のOEM受託が開始されます

     TATERU FUNDINGの運営会社(株)インベスターズクラウドが不動産クラウドファンディングのプラットフォーム構築のOEM受託を開始します。

    募集総額に対して約 3.8 倍の応募実績 人気の不動産クラウドファンディングプラットフォーム構築の OEM 受託を開始(2017/6/14 PR TIMES)

     不動産クラウドファンディング「TATERU FUNDING」で得たノウハウを活かし、同様の事業を手がける会社にプラットフォーム、システム構築から、運営を助ける事業が開始されます。ソーシャルレンディングにおいてはmaneoが手がけていることを、不動産クラウドファンディングにおいてはインベスターズクラウドが行うことになります。

     TATERU FUNDINGが活用している不動産特定共同事業法は、現状契約書類などの電子交付が認められていないなど、不動産クラウドファンディングを行うには使い勝手が悪いところがあります。しかし上記プレスリリースにあるとおり、法改正により緩和される見込みであり、それに伴い事業者や業界活性化が見込まれています。

     プラットフォーム構築サービスはそれを見据えた動きといえそうです。

    今回はここまでにさせてください。


    2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約438万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約87万円
    7.オーナーズブック:約170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約196万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約158万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額720億円は伊達じゃない


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_2017060501.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2は下記リンクをご参照ください。

    2017/6/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その2

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報ページ(満席のためキャンセル待ち)

    2.TATERU FUNDING
    2017/6/24(土曜日) 2017/6/25(日曜日) 10:30~
    東京都港区青山 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ

    3.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    4.オーナーズブック
    日時:2017/6/28(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ

    5.クラウドリアルティ
    日時:2017/7/4(火)、7/6(木) 19;00~
    場所:東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    E 参議院財政金融委員会にてソーシャルレンディングへの言及がありました

     民進党のふじすえ健三参議院議員が参議院財政金融委員会にて銀行法改正案の質疑をおこないました。その中でソーシャルレンディングへの言及があります。

    参議院財政金融委員会(銀行法改正案)(平成29年5月25日)(2017/5/26 ふじすえ健三公式WEBサイト)

     全体的には「FinTech全般を盛り立てて行きましょう」ということで、与野党も一致した方向で質疑が行われています。オープンAPI、ブロックチェーン、投資額、キャッシュレス等様々なことに言及されていますが、ソーシャルレンディングについても

    私は、一つお願いがございますのは、このP2P、ソーシャルレンディングともいいますけれど、是非そのソーシャルレンディングを育てていただきたいということと(後略)


    (藤末健三参議院議員発言)

    と、嬉しい発言があります。ただその前後を見ると、

    私は、この間、外国のピア・ツー・ピアレンディング、個人から例えば個人に、若しくは企業に対してお金を貸すようなシステムをつくっている人と話をさせていただいたんですが

    もう一つは海外の資金が日本のベンチャーに届くようにやっていただきたいということでございます

    先ほどのお話の続きでございますが、海外のP2Pのレンディング、ソーシャルレンディングのフィンテック事業者が機動的に日本で活動できるようにできないかと思っています。


    (いずれも藤末健三参議院議員発言)

     とあるとおり、藤末健三参議院議員の発言にある「ソーシャルレンディング」とは海外のLending Club、ZopaのようなP2Pレンディング(マーケットプレイスレンディング)を指しているようで、国内ソーシャルレンディング(バランスシートレンディング)も含めているのかは非常に疑問です。

     もちろん適法な限り、海外P2Pレンディングを国内でやりたいと考える人の応援をするのも(政治献金を受け取るのも)自由かと思います。ただ日本国民で「ソーシャルレンディング」と聞けば、maneoを初めとする国内勢を思い浮かべる人がはるかに多いだろうこと、その応援をすれば喜ぶ日本国民は多いだろうことを、頭の片隅に置いていただければ、幸いと思っています。


    以下、各サービスごとのニュースです。


    1.maneo

     maneoの2017年5月期における募集額は19億2,933万円となりました。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額720億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

     AQUSHの2017年5月期における募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

     SBIソーシャルレンディングの2017年5月期における募集額は4億1千582万円となりました。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4.1募集額

     クラウドバンクの2017年5月期における募集額は3億4千743万円となりました。


    4.2 クラウドバンクへ行政処分が行われました。

    2017/6/2に証券取引等監視委員会は

    1.投資家のリスク理解に誤認を与える、ファンド説明を行っていた
    2.営業者報酬の還元をうたったキャンペーン内容が虚偽だった


     との理由で金融庁にクラウドバンクの運営会社、日本クラウド証券への行政処分を行うように勧告しました。

    参照
    日本クラウド証券株式会社に対する検査結果に基づく勧告について(2017/6/2 証券取引等監視委員会WEBサイト)

    当社に対する検査結果に基づく勧告について(2017/6/2 クラウドバンクWEBサイト)

     その勧告を受けて、関東財務局は「業務改善命令」の処分をおこないました。

    日本クラウド証券株式会社に対する行政処分について(2017/6/9 関東財務局)

    関東財務局による行政処分について(2017/6/9 クラウドバンクWEBサイト)


     クラウドバンクによると、ファンド説明の問題については、すでに改善を行った。営業者報酬の還元は問題発覚後実施したとのことです。

     行政処分を受けるのはクラウドバンクにとって2度目とはなります。

     問題が認められたのは多数販売されているファンドのうち、ごくわずかのようで故意ではなさそうです。あくまで過失であり悪質性は認められないことから、「業務停止」ではなく「業務改善命令」という軽い処分になったものと考えられます(故意にやったのならば、もっと多くのファンドで組織的にやっているでしょう)。

     クラウドバンクへの投資家への分配・償還に問題が認められているわけではないので、この問題を克服して元気に営業してもらえることを期待です。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    5.クラウドクレジット

    5.1 募集額

     クラウドクレジットの2017年5月期における募集額は3億9千162万円となります。これはこれまで最高だった2017年3月期における2億9千162万円を超えて、歴代1位となります。


    5.2累計ユーザー登録数が5千人を突破しました

     クラウドクレジットの累計ユーザーが2017年5月に5千人を突破しました。月あたりの増加数も700人迫る勢いと、過去最多となりました。同月の投資家からの募集額が過去最高になったのは上記の通りです。

    累計ユーザー登録数5,000名を突破!2017年5月には過去最多となる単月で700名に迫る登録を記録 世界のローンへの分散投資に関心が集まる(2017/6/2 クラウドクレジットWEBサイト)

    2017/6/9 クラウドクレジットの累計ユーザー数が5千人を突破しました。

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    6. ラッキーバンク

    6.1 募集額

     ラッキーバンクの2017年5月における募集額は6億1千454万円となりました。


    6.2 累計募集額が100億円を突破

     ラッキーバンクのサービス開始以来の募集額は2017年6/17に100億円突破しました。

    20170617luckybank.png

     2014年12月のサービス開始以来、2年7ヶ月(31ヶ月)での記録達成でありこれは全サービスの中で最速となります。

     このことについては別途記事を作成しました。

    2017/6/18 ラッキーバンク累計募集額100億円突破、おめでとうございます!

    をご参照ください。 

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/06/26 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その4


    2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約438万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約87万円
    7.オーナーズブック:約170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約196万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約158万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_2017060501.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1は下記リンクをご参照ください。

    2017/6/6 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その1

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.クラウドリアルティ
    日時2017/6/19(月曜日) 7/4(火曜日) 7/6(木曜日) 18:30 or 19:00~
    場所 東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ

    2.クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報ページ(満席のためキャンセル待ち)

    3.TATERU FUNDING
    2017/6/24(土曜日) 2017/6/25(日曜日) 10:30~
    東京都港区青山 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ

    4.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    5.オーナーズブック
    日時:2017/6/28(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    C 東京都がクラウドファンディング事業者を支援するプロジェクトを打ち出したのですが・・・

     東京都がクラウドファンディング事業者を支援するプロジェクトを打ち出しました。

    平成29年度新規事業クラウドファンディングを活用した資金調達支援取扱クラウドファンディング事業者の募集について(2017/5/31 東京都WEBサイト)

    クラウドファンディング、都が支援 利用手数料を半額補助(2017/6/1 日経新聞)

     支援対象はあくまでクラウドファンディング事業者(CAMPFIREやREADY FOR?など)ですが、回り回って資金調達者にも補助金が支払われるような仕組みになっているようです。

    なお、資金を出す人には援助は一切届かない仕組みとなっているようです。

    2017y06m09d_152645779.jpg

     対象は寄付型、購入型、投資型(事業投資型・ファンド型のことと思われる)であり、残念ながら当ブログで取り扱っている融資型(ソーシャルレンディング)と株式型は対象外です。

     このことについては短い記事を書きました。

     上記プロジェクトの担当部署である「産業労働局金融部金融課」に電話で問い合わせた際にいただけた回答も併せて、後日掲載します。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額720億円は伊達じゃない


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    D Sankei Bizでソーシャルレンディングが取り上げられました

     ビジネス情報サイトSankei Bizでソーシャルレンディングがとりあげられました。

    【ソーシャルレンディングを知る】(1)企業融資に投資する!? 新しい投資のカタチとは(2017/6/9 Sankei Biz 藤田雄一郎氏著)

     ソーシャルレンディングの初歩からの説明、なぜ人気が高まっているのか、高利回りなのか、安全性について分かりやすく説明されています。

    私が注目と感じたことは

     ノンバンクについても、貸金業法改正をきっかけに事業者数を大きく減らしている。金融庁が公開しているデータを見ると、2006年4月段階で14236社以上あった国内貸金業社の数が17年4月段階では1854社にまで減少(金融庁 貸金業関係資料集「貸金業者の長期的な推移」を参照)。この間に資金需要も大きく減少したとは考えにくく、実際は資金が必要なところに十分流れていない状況だ。よくお金は社会の血液に例えられるが、人体で言えば、あまり良い状態ではないと言えるかもしれない。


    という問題提起と、続いてソーシャルレンディングの社会的意義が

     既存の金融機関だけでは満たしきれなかった国内中小企業の資金需要に応え、新たな資金調達の選択肢を提供しているのがソーシャルレンディングなのだ。


    と喝破されているところです。

     国内ソーシャルレンディングの登場から9年が経過しましたが、遅ればせながら、金融庁も銀行に融資方針を変えて柔軟な姿勢を取るように働きかけているようです。

    金融庁「強権」を封印 銀行検査、抜本見直し(2017/6/8 日経新聞)

     しかしこのような指導は昨年から金融庁から出されているようですが、金融会(銀行・信用金庫など)からは反発されていることが、下記記事から分かります。

    融資、担保より将来性で 金融庁が方針(2016/10/22 日経新聞)

     それどころか、非道にも老人を騙す悪どい融資や、バカ高い手数料の投資信託を販売することで銀行は生き残りをはかっているようです。

    金融庁が問題視! 銀行「老人狙い」のヒドすぎる詐欺(2017/6/7 現代ビジネス 岩瀬達哉氏著)

    投資信託に潜む「手数料」の罠、日本は米国の5倍の高さ(2017/5/11 マネーポストWEB)

     私たちは銀行が没落し、ソーシャルレンディングを始めとするオルタナティブレンディングが台頭しつつある時代に生きているのかもしれません。

    2017/5/19 『あと5年で銀行は半分以下になる』(投資の現場レポート maneo社長瀧本憲治氏著)

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/6/20 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その3

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約438万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約87万円
    7.オーナーズブック:約170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約196万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約158万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_2017060501.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.クラウドリアルティ
    日時2017/6/19(月曜日) 7/4(火曜日) 7/6(木曜日) 18:30 or 19:00~
    場所 東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ

    2.クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報ページ(満席のためキャンセル待ち)

    3.TATERU FUNDING
    2017/6/24(土曜日) 2017/6/25(日曜日) 10:30~
    東京都港区青山 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ

    4.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    5.オーナーズブック
    日時:2017/6/28(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    2017/4/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    A クラウドポートが初任給に関するアンケートを公表しました

     ソーシャルレンディング総合情報、横断比較サイトのクラウドポートが20~40代の男女360人に「初任給に関するアンケート」を実施し、それが発表されました。

    ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」初任給に関するアンケート調査結果公開(2017/5/16 THE BRIDGE)

    ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」初任給に関するアンケート調査結果をリリース(2017/5/16 クラウドポート)

    ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」初任給に関するアンケート調査結果公開(2017/5/16 PR TIMES)

    初任給の使い道、1位は貯金 - 運用については5割が「何もしていない」(2017/5/18 マイナビニュース 御木本千春氏著)


    簡単に概要を述べますと

    01_d23781-7-543730-0.jpg

     初任給の使い道の第一位は貯金(45.6%)であり、投資は1.7%に過ぎません。

    02_d23781-7-281895-1.jpg

    しかし将来的には貯金を運用に回したい人は57.3%であり、潜在的な投資意欲は高いと感じられます。

    03_d23781-7-274404-2.jpg

    ただし実際に株、投資信託などで運用をおこなっているのは1割ほどです。

    04_d23781-7-221550-3.jpg

    その理由として、「投資は難しそう、怖そうと、よくわからない」というイメージを持たれていることが大きそうです。

    06_d23781-7-468100-5.jpg

     望まれている資産運用としては、リターンが小さくとも確実に利益が望めるもの、少額から運用できるもの、手間がかからないものといったものが、回答の多くを占めています。

     ソーシャルレンディングはまさに、上記のニーズを満たす投資商品です。ソーシャルレンディングの認知度が高まることにより、若い世代の投資家が増えることに期待です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    B 週刊エコノミストでソーシャルレンディングがとりあげられています

     週刊エコノミスト2017年6月6日号の特集「お金がふえるフィンテック」にて、ソーシャルレンディングが取り上げられています。



     ソーシャルレンディングにおいては海外サービスの方が大きい扱いですが、国内サービスもいくつか取り上げられています。

    2017060601_eco_01.jpg

     「フィンテックで戦う企業50社+主な提携企業」と題したこのような表が掲載され「投資・資産運用」の分野にクラウドクレジットとロードスターキャピタル(オーナーズブック)、「融資・貸付」のところにSBIソーシャルレンディングとマネオ・マーケット(正しくはmaneoマーケット、maneo)が掲載されています。

     記事本文では、個人に大型不動産への投資を可能とするサービスとしてオーナーズブックが大きく取り上げられています。投資スキームにローン(融資)が組み込まれることについては少し書かれていますが、ソーシャルレンディングという形では述べられていません。

     つまりオーナーズブックはFinTechにより登場した小口不動産投資商品提供サービスという扱いになっています。

     FinTechの融資分野の説明としては、海外のトランザクションレンディング (Kabbage、Kreditech)、やはり海外のソーシャルレンディング(SoFi、Lending Club)が大きく取り扱われています。

     国内トランザクションレンディングにおいてAmazon、楽天、マネーフォワードが提供するサービス、国内ソーシャルレンディングのmaneoにも言及されていますが、海外に比べて相対的に小さい扱いになっています(ただしAmazonレンディングはコラムで別途取り上げられている)。

     つまりFinTech融資分野において、国内は「遅れている」という論調ですが、

    現在、日本の銀行系およびノンバンクの無担保のクレジッローンは10兆円にも達しており、今後の規制緩和次第では、成長市場になる可能性がある。


     とも書かれており、そこにFinTech(オルタナティブレンディング)が食い込んでいく可能性についても触れられています。

    このことについては別途記事を作成する予定です。

    今回はここまでにさせてください

    次回記事
    2017/6/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その2



    2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約438万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約87万円
    7.オーナーズブック:約170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約196万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約158万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:30万円


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_Socicom2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017060501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_2017060501.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額

    ソーシャルレンディング 主要23サービス 2017年5月期募集額速報

     ソーシャルレンディング主要23サービスの2017年5月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y05m31d_224111075.jpg

     2017年5月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は73 億 5千613万円となりました。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    クラウドクレジットTATERU FUNDINGとなります。

     同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

     オーナーズブックトラストレンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスとなります。

    02_2017y05m31d_224122060.jpg

    2017年5月31日時点における主要23サービスの累計募集額は1,572億8,589万円となりました。

     5月における募集額は70億円台と3月、4月が100億円台を集めていたのに対して、30億円近い落ち込みとなりました。
     ただし、記録をたどれる過去3年の5月期とその前後2ヶ月における募集額は下記の表のとおりになっています。

    2017y06m01d_102254707.jpg

     5月は資金需要の端境期(はざかいき)にあるのか、過去2年ともその前後2ヶ月に比べて募集額は落ち込んでいます。ただしボーナス支給月の6,7月には募集額が回復しています。

    今年もそのようになることに期待です。

     全サービスの累計募集額の大台2000億円に2017年中に達するにはあと年内に約427億円を集めれば良いのですが、これは残りの月で平均60億円の募集を行えればよく、これは余裕で達成できそうです。

     2017年の1年間で1000億円達成の大台に達するにはあと年内に約574億円を集める必要があり、これは残りの月で平均82億円を集める必要があります。これはまだまだ油断ができません。

     ますますソーシャルレンディングの認知度が高まり、募集額が増大することに期待です。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    1.クラウドリアルティ
    日時2017/6/19(月曜日) 7/4(火曜日) 7/6(木曜日) 18:30 or 19:00~
    場所 東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
    セミナー情報ページ

    2.クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報ページ(満席のためキャンセル待ち)

    3.TATERU FUNDING
    2017/6/24(土曜日) 2017/6/25(日曜日) 10:30~
    東京都港区青山 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ

    4.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    5.オーナーズブック
    日時:2017/6/28(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約438万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約87万円
    7.オーナーズブック:約170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約196万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約158万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。その3は下記リンクをご参照ください。

    2017/5/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29(月) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/5/31(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    7.オーナーズブック

    7-1 募集額

     オーナーズブックの2017年4月期における募集額は1億4千150万円となりました。これは歴代1位の2017年1月期の1億8千150万円に次ぎ、歴代2位となります。

    7-2 プレス向け説明会を開催

     オーナーズブックの運営会社ロードスターキャピタルはは2017/5/18にプレス向け説明会を開催しました。その様子は下記C-net Japanの記事で伺うことができます。

    クラウドファンディングで実現する開かれた不動産投資サービス「OwnersBook」とは(2017/5/19 C-net Japan)

     不動産市場をより身近にするため、個人に食楽不動産投資への道を開く。そのことにより機関投資家ばかりの不動産市場に個人投資家を呼び込み、その市場の安定化を図る思惑など、興味深い展望が語られています。
     
     もう一つ興味深いと感じたことは

    不動産へ出資する投資家の保護を目的とした法律「不動産特定共同事業」が2017年に改正予定ということもあり、投資型クラウドファンティングはさらなる成長の可能性があると予測する。

    と書かれていることです。
     
     オーナーズブックが計画を進めているエクイティ型不動産投資クラウドファンディング絡みの話にならないか、期待しています。

    参考
    2016/3/24 勉強会参加報告その5 オーナーズブック②~エクイティへ投資できる未来へ~


    7-3 FinTech投資における実態調査を公表しました

     ロードスターキャピタルは20~60代の男女600人を対象に、FinTech投資に関する調査を実施し発表しました。下記リンクで読むことができます。

    【投資に関する実態調査】フィンテックで多様化・分散化する20代、30代の投資傾向 ~ソーシャルレンディングは20代の74%が関心を示す~ これからの投資方法は「少額投資」、「スマホで投資」がポイント(2017/5/19 PRTIMESxBRIDGE)

     このことについては別途記事を作成しました。下記リンクをご参照ください

    2017/5/21 若年層におすすめな投資、ソーシャルレンディング、不動産投資のオーナーズブック

     
    8.スマートエクイティ

     スマートエクイティの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    9.LCレンディング

    9.1 募集額

     LCレンディングの2017年4月期における募集額は8億5千418万円となりました。


    9.2 LCホールディングスの2017年3月期決算短信が発表されました

      LCレンディングの親会社、LCホールディングス(JASDAQ上場)の2017年3月期決算短信が配信されました。

     前年比、売上高159%UP、営業利益219%UP、経常利益153%UPとのことで業績は非常に好調です。LCレンディングの案件は同社が保証をつけるものが多いです。ですからLCレンディングへの投資はなかなか、硬いものになりそうです。
     決算短信はこのリンクで読めます。同短信ではLCレンディングにも触れられています、以下引用します。

     平成26年11月に設立したLCL社は、不動産ファンドにおけるメザニン融資部分を「クラウドファンディング」という手法によって実現することを目的に設立され、平成27年7月にプラットフォームをオープンいたしました。そして同社は、平成29年3月末時点の成立ローン累計額は70億円、登録人数は1,900名を突破し、順調に伸張しております。

    参考
    LCホールディングス 決算短信(2017/5/16 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」社長のblog)


    10.ガイアファンディング

     ガイアファンディングの2017年4月期における募集額は2億4千166万円となりました。


    11.トラストレンディング

      トラストレンディングの2017年4月期における募集額は6千万円となりました。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.J.レンディング

     J.レンディングの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年4月期における募集額は3億2千353万円となりました。


    14.スマートレンド

    14.1 募集額

     スマートレンドの2017年4月期における募集額は5億5千595万円となりました。これは歴代最高だった2017年12月期の4億6千763万円を超えて、歴代1位の記録となります。


    14.2 融資先月次モニタリングが報告されるようになりました。

     スマートレンドが行っている融資先の月次モニタリング結果が、メールマガジンを通じて投資家に月次で報告されることになりました。このことはやはりメールマガジンで告知されました。

     その内容を転載します。

    平素よりスマートレンドをご利用頂き、ありがとうございます。
    スマートレンドよりお知らせです。

    スマートレンドでは、融資先について融資実行後も月次でモニタリングを実施しており、その結果を投資家の皆様に対してメールマガジンを通じて毎月ご報告させていただくことといたしました。

    当社では融資先の財務面の評価だけではなく、事業面での評価(事業性評価)を重視した審査を行っており、面談等により各評価内容についての変化をモニタリングしています。

    モニタリングの項目と対象企業は以下の通りです。

    <モニタリング項目>
    ・財務内容の健全性
    ・外部環境の変化とその対策
    ・事業の進捗

    <モニタリング対象企業>
    ・香港消費者金融事業  C社
    ・エステクレジット事業 I社
    ・家賃保証事業     A社

    平成29年4月度の月次モニタリングの結果、モニタリング対象企業において順調な事業運営がなされており、融資の返済には問題がないとみております。

    次回の融資先の月次モニタリングご報告は、平成29年6月の予定です。

     ほんとに簡潔な報告内容ですが、融資先の業績が順調ならばこれでよいかと思います。他社も同様に融資先のモニタリングは行っているかと思います。このような投資家への情報提供の動きが、ますます進むことに期待です。


    15.みんなのクレジット


    15.1 募集額

     みんなのクレジットは現在営業を自主休止中です。2017年4月期における募集額は0円となりました。

    15.2 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられました

     みんなのクレジットの白石伸生元社長を取り上げた記事が「別冊宝島2582 プロレス 暗黒回廊」で取り上げられています。



     該当記事は”財務省が「業務停止命令」を発動!元全日本プロレスオーナー「白石伸生」の詐欺師人生”とかなり過激な記事タイトルですが、中身はそれ以上に辛辣です。

    20170522_192343.jpg

    ごく一部を引用すると

    その(カネが戻ってこない)場合は被害者が集団で刑事告訴することになるかもしれません。詐欺の場合には(被害額が)1億円以上になると、仮に一部を弁済したとしても逮捕・実刑は免れないといわれていますが(後略)

    と、みんなのクレジットが行ったことは詐欺とほぼ断定する形の記事となっています。

     公平のために述べますと、記事には「大手紙記者」なる人物が登場して金融商品の専門でない別冊宝島編集部に代わって、みんなのクレジットの問題について解説しているのですが、ソーシャルレンディング自体の知識にはちょっと怪しいところがあります。

     なお、私はみんなのクレジットの問題は通常のファンドならばポンジ・スキーム(詐欺)かもしれないが、ソーシャルレンディングにおいてはグレーではないかという立場です。

    参考
    2017/3/24 みんなのクレジットが金融庁より行政処分をうけることになりそうです その2
     

    16.TATERU FUNDING

     TATERU FUNDINGの2017年4月期における募集額は5千460万円となりました。


    17.アメリカンファンディング

     アメリカンファンディングの2017年4月期における募集額は6千443万円となりました。これは歴代最高である先月の7千718万円に続き、歴代2位の記録となります。


    18.グリーンインフラレンディング

    18.1 募集額

     グリーンインフラレンディングの2017年4月期における募集額は9億676万円となりました。これは歴代最高である先月の9億2千140万に次ぎ、歴代2位の記録となります。

    18.2 グループ会社に証券会社が加わりました
     
     グリーンインフラレンディングの親会社であるJCサービスが、沖縄にある証券会社であるJC証券(旧MVF証券)の株式を100%取得しました。JC証券は金融商品取引取引行における一種と二種の両方を登録しており、グリーンインフラレンディングの今後の事業展開が期待されます。


    19.クラウドリアルティ

     クラウドリアルティの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    20.さくらソーシャルレンディング

     さくらソーシャルレンディングの2017年4月期における募集額は3千183万円になりました。


    21.キャッシュフローファイナンス

     キャッシュフローファイナンスの2017年4月期における募集額は2千463万円となりました。


    22.アップルバンク

     アップルバンクの2017年4月期における募集額は1億4千359万円となりました。


    23.FUNDINNO

     FUNDINNOは2017年4月24日に第1号案件の募集を開始し、またたくまに1千460万円を募集しました。今後も案件がどんどん出てくることに期待です。

    参考
    2017/4/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

    2017/5/17 UNDINNO案件募集は2月に1度を予定!

    「FUNDINNO」 日本初、クラウドファンディングで1,460万円の資金調達(2017/5/17 Venture Times)


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    01_2017y05m24d_162601010.jpg

     2017年4月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は101 億 5千278万円となりました。これは前月(2017年3月期)の100億2千151万円を抜いて歴代1位となります。

     2017年4月はSBIソーシャルレンディングが28億2,361万円を募集し、全サービスのなかで一番となりました。maneoが月募集額の首位を明け渡すのは、2015年の10月にLCレンディングが1番になった時以来であり久しぶりです。

     なお、2015年10月においては、LCレンディングが12億4千883万円、maneoが10億2千295万円でした(サービス数は10で募集総額は31億6千649万円)。


    02_2017y05m24d_162613167.jpg

    2017年4月30日時点での主要23サービスの累計募集金額は1,499億円2,976万円となります。

    惜しくも1千500億円に届きませんでしたが、募集額自体はとても好調でした。

     みんなのクレジットへの行政処分の影響を心配していましたが、月間募集額が最高を更新したということは、全体的に投資家は冷静であることが伺えます。ソーシャルレンディンの情報を配信する投資情報サイトが増えて、投資家が増えていることも、好調さの理由と考えています。


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2は下記リンクをご参照ください。

    2017/5/16 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2


    各社セミナー情報(募集中のみ)


    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/5/31(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    G ソーシャルレンディングサミットのアンケート結果が発表されました。

     クラウドポートが2017/3/8に開催したソーシャルレンディングサミットのアンケート結果が発表されました。
    このサミットには不詳このファイアフェレットも、中田健介(けにごろう)氏とともに、一投資家として、「ソーシャルレンディング投資家による対談」に登壇しています。

    ※実際には「対談」ではなく、ソーシャルレンディング投資に関してのプレゼンテーション

    アンケート結果は下記リンクで読むことができます。

    「ソーシャルレンディングサミット」来場者の満足度96% 来場者のうちソーシャルレンディング未経験者5割、女性が3割(2017/4/25 PR TIMES)

     参加者の満足度が96%だったのは本当に喜ばしい話です。未経験者が5割だったのことですが、この方々がソーシャルレンディング投資を始めるきっかけになればと思います。

     サミットの中でも、特に来場者満足度が高かったプログラムは「ソーシャルレンディング事業者5社によるパネルディスカッション」(満足度90.5%)、当社代表藤田による「ソーシャルレンディングの現状と課題のプレゼンテーション」(満足度90.3%)、「ソーシャルレンディング投資家による対談」(満足度87.1%)となりました。


     とのことです。プレゼンテーションは緊張しながらも張り切って臨みましたが、満足に感じてくれた人が多いとのことで、本当に光栄だと考えています。

    以下、サービスごとのニュースをお伝えします。


    1.maneo

    1.1 募集額

     2017年4月期におけるmaneoの募集額は21億9千574万円となりました。


    1.2 VOYAGE GROUPとSV FRONTIERがmaneoに投資しました

    VOYAGE GROUPとSV FRONTIERが投資ファンド「SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合」を通してmaneoの運営会社maneoマーケットに投資を行いました。

    参考
    VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、SV-FINTECH Fundを通じmaneoマーケット株式会社に投資(2017/4/24 VOYAGE GROUP サイト内プレスリリース)

    VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、maneoマーケットに投資(2017/4/24 Venture Times)

     VOYAGE GROUPの子会社であるVOYAGE VENTUESは既にmaneoに出資していますが、親会社も間接的ながら、資本参加することになります。


    1.3 maneoで資金調達を行ったことがあるピッツェリアバール・ナポリ吉祥寺店が閉店しました

     maneoで資金調達を行ったこともあるピッツェリアバール・ナポリ吉祥寺店が閉店しました。

    参考
    500円ピザのNAPOLIやBartaの運営会社が破産!吉祥寺も一斉閉店か(2017/4/28 吉祥寺ファンページ)

     上記の通り、このお店の運営資金はmaneoで募集されたことがあります。2011年前半の話であり、私がmaneoで投資を開始する前の話です。なお、無事全額償還されています。当ブログが相互リンクさせていただいている、ソーシャルレンディング研究誌のサムさんも投資したことがあるとのことです。

    参考
    『チューボーですよ!』出演の『ナポリピッツァの巨匠』が独立開業! ピッツェリアバール・ナポリ 吉祥寺店 開業支援ローン(maneoの募集案件一覧)

    2011/5/22 【maneo】ピッツェリアバール・ナポリ吉祥寺店 に投資(ソーシャルレンディング研究誌)

     閉店は残念な話です。ただ、こうした若い起業家の資金調達手段として、融資先の情報が明らかな形で募集が行われていた過去があった。投資家と融資先が成功を分かち合う体験ができていた時代があった、ということは特筆すべきだと思います。金融庁が余計な口を挟んで来る前までは。


    1.4 maneoを騙る(かたる)マネオ株式会社なるものが暗躍しているとのことです。

     (maneo株式会社ではなく)マネオ株式会社を名乗り、不審なメールを送る業者についての注意喚起がmaneoから出されました。

    【注意喚起】弊社をかたる不審なメールや電話にご注意ください(2017/4/24 maneoサイト内ページ)

     また当ブログが相互リンクさせていただいている、中年SEのソーシャルレンディング投資日記でもこのことについて触れられています。

    2017/4/23 maneo株式会社の偽物に注意。闇金「マネオ株式会社」(中年SEのソーシャルレンディング投資日記)
     
     高額融資を受けられるとの謳い文句で、実査に融資申込を行った人に「キャシュカードを送付させる」という怪しい業務を行っている模様です。

     市場規模が大きくなるにつれてダニ、寄生虫は湧くものかと思いますが、ソーシャルレンディングの評判を落とすようなことには、なってほしくないものです。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

     AQUSHの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

     SBIソーシャルレンディングの2017年4月期における募集額は28億2千361万円となりました。これは過去最高だった先月の16億4千703万円を12億円近く上回り、歴代1位となります。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4.1 募集額
     クラウドバンクの2017年4月期の募集額は8億4千105万円となりました。


    4.2 G.Wキャッシュバックキャンペーンを実施

     クラウドバンクはG.Wに2017年に「GW投資キャンペーン」と称して、投資額に応じてアマゾンギフトカードがもらえるキャンペーンを実施しました。

      私も約50万円の投資申込を行いました。2千500円のアマゾンギフト券がもらえる予定です。

    参考
    2017/4/30 クラウドバンクの2017年GW投資キャンペーンを狙います!

    2017/5/20 クラウドバンク GW投資キャンペーンに投資しました


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    5.クラウドクレジット

    5.1 募集額

     クラウドクレジットの2017年4月期における募集額は2億3千96万円となりました。これは歴代1位だった先月の2億9千162万円続き、歴代2位となります。


    5.2 サービス開始3周年記念セミナーが開催されます

     クラウドクレジットはサービス開始3周年を記念して、2017/6/21に東京都中央区日本橋東京証券会館にてセミナーを開催します。
     クラウドクレジットの紹介から、金融市場、海外提携事業者の変化、そして顧客資産の増え方などまで話される盛り沢山なものになる予定とのことです。

     このリンクよりセミナー告知、申込みページに移動できます。
     

    5.3 ペルー税制改正によりペルー案件の利回りがアップしました

     ペルーの税制改正が行われたことにより、クラウドクレジットの「ペルー小口債務者支援プロジェクト」案件の利回りがアップしました。

    参考
    2017/5/2 ペルーで税制の改正がありました(クラウドクレジットWEBサイト内、杉山智行のブログ)

    2017/4/22 クラウドクレジットのペルー案件リターンがアップしました


    5.4 BizReach Frontierにクラウドクレジットが掲載されました

     ビジネス情報サイトBizReach Frontierにクラウドクレジットが掲載されました。下記リンクで読むことができます。

    世界の資金需給をつなぐ投資型クラウドファンディングの可能性(2017年5月 BizReach Frontier)

    杉山社長へのインタビューが同記事の大部分を占めています。
     国内の金融資産の大部分が銀行に預けられ行き場をなくし、活用されていないこと、世界を目に向ければそれを活用する機会にあふれていること、『お金をあるところからないところにつなぐ』ためにクラウドクレジットを立ち上げたことなどが語られています。
     クラウドクレジットの案件が掲げている高い利回りが、世界に目を向ければ決して無理でも、不当でもないこと。また海外案件を手がけられる優位性、将来起こりうるゲームチェンジなど、いろいろ興味深いことが語られています。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    6.Lucky Bank

     ラッキーバンクの2017年4月期における募集額は6億4千416万円となりました。これは歴代最高だった2017年1月期の6億4千160万円を上回り、歴代1位となります。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/05/25 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1は下記リンクをご参照ください。

    2017/5/9 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その1


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    TATERU FUNDING
    日時 :2017/5/20、2017/5/21 10:30~
    場所: 東京都港区 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ (5/20はこちら5/21はこちら)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/5/31(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    E 事業構想においてソーシャルレンディングが取り上げられました

     事業構想2017年5月号にて、ソーシャルレンディングに触れた記事が掲載されました。2017年3月8日に開催されたソーシャルレンディングサミットにおいて、同編集部が行った取材が下敷きになっています。

     記事は下記リンクより読むことができます。

    多様な資金需要の受け皿に 急成長するソーシャルレンディング(事業構想 2017年5月号 全部読むにはログインが必要)

     ソーシャルレンディングの可能性、急成長、注意喚起などについて触れられていますが、ひとつ記事の特徴を挙げるとしたら、「地方創生」と「中小企業・ベンチャー支援」に注目されている点です。さくらソーシャルレンディング、クラウドリース CAMPFIREの取り組みについて具体的に触れられています。

     特に注目と感じたことはさくらソーシャルレンディングにおいて、

    さくらソーシャルレンディングとmaneoマーケットは2016年12月、地方創生型ソーシャルレンディングをスタート。日本全国を8つの地域に分け、地元に密着した事業者とパートナー契約を行いながら、新築分譲の戸建開発やマンションのリノベーション販売などの不動産分譲開発投資案件、店舗開業・設備資金の投資案件、太陽光・風力・地熱など小規模自然エネルギー事業案件など、地域活性化に繋がる投資案件を創造していくという。


     と書いてあることです。さくらソーシャルレンディングは当初は本拠地である「九州」がファンド名に含まれる案件の募集を行いましたが、最近は北海道・近畿・中部などをテーマとした様々なファンド募集を行っています。
     
     こうした地方活性に注目した事業とその資金調達能力に注目されるのは、ソーシャルレンディングの地位向上のために有意義だと考えています。

     あともうひとつ注目と感じたことはCAPMFIREの代表取締役の家入一真氏が

     「利回りの高さだけではないソーシャルレンディングの価値を発信し、多様な投資家、例えば若者に興味を持ってもらうための仕掛けなども必要では」

     と発言されていることです。家入氏はこれまでも世間から注目されるイベントの中心人物となってきました。さてどうのような「仕掛け」がCAMPFIREのソーシャルレンディングには組み込まれるのか?若者を惹きつけられるか?に注目です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    F フィンテックについて触れるレポートの中で国内ソーシャルレンディングに触れられているのですが…

    情報通信の最新トレンドの配信サービスInfoComニューズレターにて、フィンテック特に融資部門に注目したレポートが配信されました。下記リンクで読むことができます。

    バランスシート・レンディングの可能性(2017/5/2 Infocomニューズレター 佐藤泰基氏著)

     FinTechの融資分野(オルタナティブレンディング)、特にバランスシートレンディングについて詳しい解説がなされています。

     国内ソーシャルレンディングについても触れられており、

    日本に比べ、海外ではマーケットプレイス・レンディングの展開が先行している。ベンチャー企業の米LendingClub社は米国で株式上場に至っており、貸し出し実績の蓄積と機関投資家の参加を背景に事業を拡大させている。日本においてはmaneo社がサービスを開始しており、今後の本格展開に注目が集まっている。

    との記述があります。

     maneoはマーケットプレイスレンディングであると述べられています

     しかしこのことには私は疑問を持っています。maneoを代表とする国内ソーシャルレンディングは世界基準ではマーケットプレイスレンディングではなく、バランスシートレンディングだと私は考えています。

    参考
    2016/7/21 どっち?[バランスシートorマーケットプレイス]レンダー その2 世界・国内の趨勢はいかに
    (マーケットプレイスレンディング、バランスシートレンディングについてはこの記事をご参照ください)

     世界でソーシャルレンディングを名乗るサービス(Lending Circle、Prosper、Funding Circleなど)は紛れもないマーケットプレイスレンディング(レンダー)なのですが、国内ソーシャルレンディングはいずれもバランスシートレンディングであることは、混乱を招いているようです。
     
     これは国内ソーシャルレンディングの黎明期において、日本の法律では営業できないマーケットプレイスレンディング(本来のソーシャルレンディング)を、国内でも営業が認められているバランスシートレンディングで可能な限り再現しようとした名残によるものと、私は考えています。

     いくらマーケットプレイスレンディングに似ているようでも、その融資資金が運営会社のバランスシートに記載されている。つまり貸し手が運営会社であるかぎりそのサービスはバランスシートレンディングなのです。

     もっともこのレポートで主に取り扱われているテーマはあくまで、トランザクションレンディングであり、そこについては実に適切な解説がなされています。

     「バランスシートレンディング」といった場合、トランザクションレンディングだけではなく、国内ソーシャルレンディングも含まれるので、今後その共通認識が広まれば幸いと考えています。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    G 週刊SPA!2017年5月16日号にてソーシャルレンディングが副業の一つとして取り上げられています。

     週刊SPA!2017年5月16日号、連載「マネー得捜本部」にて「Vol.426 年収350万円から富裕層へ!年収1億円を稼ぐ」と題して、様々な副業のオススポイント、注意点が紹介されています。
     


     なお、この記事はハーバードビジネスオンラインの下記リンクでも読むことができます。

     年収350万円が年収1億円になった副業の達人現る!(2017/5/15 ハーバードビジネスオンライン)

     この連載においては1人の投資家がピックアップされ、解説役を任されることが多いです。今回は元サラリーマン投資家小林昌裕氏がその役を担っています。

     様々な副業が紹介されていますが、ソーシャルレンディングもその一つとして紹介されています。

     このSPA!での掲載については別途記事を作成いたしました。後日掲載いたします。


    H 週刊SPA!2017年5月23日号にてソーシャルレンディングが取り上げられています

     2017年5月16日号におけるソーシャルレンディングの扱いは「オススメ副業の一つ」という扱いでした。その次の号である2017年5月23日号では同連載の「Vol.427 "貸付”で年150万円稼ぐ個人投資家も!年利10%超のソーシャルレンディング」と題してまるまる2Pを使って大々的に扱われています。



    2017/5/22 追記
    この記事はハーバードビジネスオンラインでオンラインで読むことができます。

    個人投資家が狙っている年利10%超のソーシャルレンディングとは?(2017/5/22 ハーバードビジネスオンライン)

     クラウドポートの藤田雄一郎社長、クラウドクレジットの杉山智行社長とならんで、不肖このファイアフェレットも解説役として取り上げてもらっています。

    20170516_074139.jpg

     お読みいただければ幸いです。

     この掲載についても後日、上記の2017年5月16日号の掲載とは別に記事を作成する予定です。

    2017/5/16 昼追記 お詫び
     上記2017年5月23日号の記事に私が”初心者にオススメする業者”として5つの業者が掲載されています。その1つにmaneoが挙げられていますが、その説明が「業界2位」となっています。これは「業界1位」の間違いです。本当に大変なミスをしてしまいました。関係者の方々へ深くお詫びします。


    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/5/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    オーナーズブック
    日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ

    TATERU FUNDING
    日時 :2017/5/20、2017/5/21 10:30~
    場所: 東京都港区 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ (5/20はこちら5/21はこちら)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    A.クラウドポートの藤田代表へのインタビュー記事がプレジデントオンラインに掲載されました

     ソーシャルレンディングの利回りの高さは魅力的ですが、一方で様々な懸念と疑念が一般投資家には根強く残っていることかと思います。
     ソーシャルレンディング情報サイト、クラウドポートの藤田雄一郎代表へのインタビュー記事がプレジデントオンラインに掲載されました。上記の疑念に答える形で、記事が構成されています。聞き手は経済ジャーナリストの丸山隆平氏です。以下リンクで読むことができます。

    平均年利8%超「ソーシャルレンディング」は危ないのか(2017/4/29 プレジデント )

     ソーシャルレンディングの市場規模の拡大、2017年には現在22社ある運営会社が25社に増える見込みであることなど、順調な業界の成長過程にあること

     その成長が期待される理由として、一般的に世間で言われているように日本全体が金融緩和により十分供給されているわけではなく、中小・零細企業には変わらない資金需要があり、信金、信組が十分それをカバーしきれていなこと

     投資家への利回りが高い理由として、運営会社の低コスト体質、高い貸出金利であること


    などに触れられています。

     また、世間にまだ怪しい、危険だと言われることが多いことについて、その理由がまだ世間にソーシャルレンディングが十分に周知されていないことを挙げ、公平な立場から情報を配信することによって業界の発展と個人の資産運用に寄与する抱負が語られています。

     ソーシャルレンディングの高利回りの理由として、単に融資先に高い金利で貸しているのだと解説するサイトは散見されますし、そう思っている方も多いかと思います。
     しかし理由はそれだけではないことは、上記インタビュー記事で述べられている通りです。銀行と違ってソーシャルレンディングの運営会社はたくさんの窓口応対員も雇っていませんし、各駅に店舗を設けるということもしていません。取引をネット主体にすることでコストをおさえています。これはもっと強調されていいですし、周知してほしいと思っています。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    B 日経新聞にソーシャルレンディングが紹介されました。

     日経新聞にてソーシャルレンディングの紹介記事が掲載されました。4/29の紙面にまず掲載され、5/2に無料で公開されているNIKKEI STYLEに再掲載されるという形になっています。

    ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集 延滞や焦げ付きリスク(日経新聞2017/4/29 全部読むにはログインが必要)

    ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集 延滞や焦げ付きリスク(NIKKEI STYEL
    2017/5/2)

     ソーシャルレンディングに興味を持つ読者に回答する形で記事が形成されています。全体的には投資をするならば、これらのことに気をつけてとの、注意喚起の面が大きい記事です。

     サービス名としてはmaneoSBIソーシャルレンディングクラウドクレジットが掲載されています。

     日経新聞のこの記事については別途エントリーを作成しました。後日掲載します。


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    C 東洋経済の特集において、ソーシャルレンディングについて少し言及されています

     東洋経済2017年3月25日号の特集「大編成、金融庁、フィンテック 銀行マンの運命」において、ソーシャルレンディングについても、わずかに言及があります。同特集は様々な社会情勢の変化により、変革を強いられている銀行の、またそこで働く銀行員にスポットを当てたものです。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    週刊 東洋経済 2017年 3/25号 [雑誌]
    価格:690円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)



     同特集の第Ⅲ章「敵か味方かフィンテック」において、銀行の業務を代替しつつある新興勢力のフィンテックに対して、銀行が主に協力・提携・投資などにおける協業を模索している様子が語られています。

    30_20170323_192402.jpg

     このような図(71P)が掲載されています。従来のフィンテックは銀行の3大業務(為替、預金、融資)の周辺分野が事業領域でした。それが近年どんどんその3大業務そのものに進出していることが指摘されています。

     ソーシャルレンディングは「融資」に進出している、サービスとして紹介されており、サービス名としてはmaneoラッキーバンクが挙げられています。ただし記事本文においてはソーシャルレンディングへの言及はありません。ソーシャルレンディングのすぐ下にあるfreeeとマネーフォワードがそのクラウド会計で蓄積した財務データーを活用し、銀行の融資業務へつなげつつあることが、大きく取り上げられています。

     記事のテーマが銀行とフィンテックベンチャーの協業なので、現状それが表立っていないソーシャルレンディングがこういう扱いになるのは、やむを得ないのかもしれません。

     なお、ソーシャルレンディングの説明として”大量のデーターを活用”とありますが、これは正しい説明であるか疑問です。AIを融資審査に用いている海外のソーシャルレンディングサービス(Lending Clubとか)ならば正しいのかもしれませんが、日本のソーシャルレンディングにおいては、そのような話を聞いたことがありません。
     これは左隣にある「ビッグデータ与信・融資」の説明としたほうが、まだ適切と思うのですが・・・。

     さらにひとつ、「ビッグデータ与信・投資」の解説として”貸し手と借り手の直接取引を実現”とありますが、これまた海外のソーシャルレンディングサービス(やはりLending Clubなど)の説明みたいです。SHARESとLENDYのサービス内容をちょっと調べてみましたが、適切であるか非常に疑問です。

    “AI、ビッグデータを活用して融資”とでもしてくれれば違和感はないのですか・・・

    まあ深くは追求しないでおきましょう。

     74~75Pには金融機関xフィンテックベンチャーの協業関係という図が掲載されています。

    31_20170323_192535.jpg

     その図において、maneoとTHEOがGMOクリック証券と提携していることが示されています。

     この特集の主体はあくまで銀行ですが、日本のソーシャルレンディングは上記のとおり銀行と目立つ提携、協業は行っていません。また規模の違いによることが多いのでしょうが、銀行の融資業務の敵としてライバル視されているとの話も聞いたことがありません(私が知らないだけかもしれませんが)。

     ただまったく関係がないというわけではなく、maneoへは銀行系VCが出資をしています。東京スター銀行はmaneoの子会社UBIファイナンスとコミットメントライン契約を結んでいます

    参考
     2017/4/19 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3 1.3 maneoは東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結を行いました

    2017/2/25 maneo2017年1月期ニュース、瀧本社長の大いなる野望

     ソーシャルレンディングはこの調子で銀行とどんどん提携していくのか?はたまた現状のようにニッチな存在であり続け、銀行とあまり関わることなく営業していくのか?融資のライバルとしてガチにぶつかるのか?

     私としては、提携して発展してもらうのが一番いいのではないかと思います。海外ではそうなっているようですし。

    参考
    2017/2/21 ソーシャルレンディングは地銀とは相容れないライバルなのか?


    D.大手町で開催されるフィンテックイベントにクラウドポートとクラウドクレジットの代表が参加します

     フィンテックの融資部門における世界的なコンファレンス(研究会議)にLendIt Conferenceというものがあります。それを主催するJason Jone CEOが来日して、東京千代田区大手町にて2017/5/15にセミナーが開催されます。
     Jone氏の講演に引き続き、パネルディスカッションが行われますが、そこにクラウドポートの柴田陽共同創業者とクラウドクレジットの杉山智行代表取締役がパネリストとして登壇します。

     イベント詳細、参加は下記ページをご参照ください(参加料無料、英語のみの講演)

    USA・Europe・China FINTECH最新動向 LendIt Conference CEO Jason Jones来日!

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/5/16 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング 主要23サービス 2017年4月期募集額速報

     ソーシャルレンディング主要23サービスの2017年4月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y04m30d_232312806.png

     2017年4月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は101 億 5千318万円となりました。これは前月(2017年3月期)の100億2千151万円を抜いて歴代1位となります。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    SBIソーシャルレンディングラッキーバンクスマートレンドTATERU FUNDINGとなります。

     同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

    クラウドクレジットオーナーズブックアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングとなります。

     2017年4月はSBIソーシャルレンディングが28億2,361万円を募集し、これは全サービスのなかで一番となります。maneoが月募集額の首位を明け渡すのは、2015年の10月にLCレンディングが1番になった時以来であり久しぶりです。

     なお、2015年10月においては、LCレンディングが12億4千883万円、maneoが10億2千295万円でした(サービス数は10で募集総額は31億6千649万円)。
     
    02_2017y04m30d_232323158.png

    2017年4月30日時点での主要23サービスの累計募集金額は1,499億円3,016万円となります。

    惜しくも1千500億円に届きませんでした。

     みんなのクレジットへの行政処分の影響を心配していましたが、月間募集額が最高を更新したということは、全体的に投資家は冷静であることが伺えます。ソーシャルレンディンの情報を配信する投資情報サイトが増えて、投資家が増えていることも、好調さの理由といえるでしょう。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/5/8(月曜日) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ"

    オーナーズブック
    日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook
    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額