カレンダー

    02 | 2017/03 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その5

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその5です。

    その4は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/24 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その4

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンス
    日時:2017年4月3日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    トラストレンディングは会員向けにセミナーを開催します。メールで投資会員向けに連絡がありました。転載します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ※このメールは「Trust Lendingメールマガジン」購読にご登録いただいた方へ配信しております。

    いつもTrust Lendingをご利用いただきありがとうございます。

    【初心者向け無料セミナーのご案内】

    4月7日(金)にTrust Lendingの無料セミナーを開催いたします。
    無料セミナーではTrust Lendingを運営する株式会社トラストファイナンスの事業内容や特長、さらに現状と今後の展望などについてご説明します。

    後日、応募方法等の詳細は弊社ホームページのお知らせのリンク先よりご案内いたします。

    上記、弊社ホームページで案内後、応募可能となります。
    受付は先着順とさせていただき抽選により参加者を決定いたします。
    但しトラストレンディングに口座開設されていない方は参加できません。
    また、当社セミナーに始めて参加される会員を優先とさせていただきます。
    セミナー参加希望の仮会員、申請中の方はお早めに口座開設をお願いいたします。

    今後とも、Trust Lending及びトラストファイナンスを宜しくお願いします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    転載終わり

     上記のとおり口座を開設している人が対象です。また受付は先着順ですが実際の参加者は抽選で選ばれます。初めて参加の人が優先なので、今から口座開設を行っても十分間に合う可能性があります。

     トラストレンディングのセミナーは本当に面白く、運営者の本音が聞けるのでおすすめです。






    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    18.グリーンインフラレンディング

     グリーンインフラレンディングの2017年2月における募集額は5億4千250万円となりました。これは2017年1月における6億9千253万円に次いで歴代2位の記録となります。


    19.クラウドリアルティ

     クラウドリアルティの2017年2月における募集額は0円となりました。


    20.さくらソーシャルレンディング

     さくらソーシャルレンディングの2017年2月における募集額は8千415万円となりました。これは2017年1月における3千867万円を抜いて、歴代1位の記録となります。


    21.キャッシュフローファイナンス

     当ブログで取り上げたサービスの中で最も若く、2017年2月より募集を開始したキャッシュフローファイナンスの募集額は1億25万円となりました。
     

    22.FUNDINNO

    22.1 事業計画発表会開催

     2017/2/20新丸の内ビルディングにある、東京21cクラブ コラボスペースにおいて、株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOの運営会社、日本クラウドキャピタルの事業計画発表会が行われました(イベント告知ページ)


     FUNDINNOの将来への展望がよく分かる、とても興味深い内容でした。当ブログの下記記事でレポートしています。お読みになっていただければ、幸いです。

    2017/2/22 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その1

    2017/2/28 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その2


    22.2 一部上場企業がFUNDINNOに出資

     FUNDINNOは一部上場企業のラクーン、その他2社から出資を受けました。下記ニュースで伝えられています。

    ラクーン、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ) 」を運営する株式会社日本クラウドキャピタルに出資(2017/2/28 PRTIMES)

    日本初の株式投資型クラウドファンディングを手がける日本クラウドキャピタル、東証一部上場の株式会社ラクーン他2社と資本提携 第三者割当増資を実施(2017/2/28 PRTIMES)

    株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」、運営元がラクーンなどから資金調達(2017/3/7 TechCrunch Japan)

    株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を手がける日本クラウドキャピタル、ラクーンなどから資金調達(2017/3/7 pedia)


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    01_2017y03m01d_002028681.png

     2017年2月期における主要20サービスの募集総額は70 億 9千968万円となりました。これは2017年1月期の79億6千647万円に次いで歴代2位の記録となります。
     
     2月は短い月であり売上が振るわない業界もありますが、それでも歴代2位、70億円台をキープしました。

    02_2017y03m01d_002048915.png

    2017年2月28日時点での主要21サービスの累計募集金額は1,297億円5,547万円となります。


     2017年3月はライバル同士の運営会社の垣根を超えたソーシャルレンディングサミットがクラウドポートにより開催されました。このことは日本のソーシャルレンディング史に残る一大イベントとして記録されるでしょう。

     その一方でソーシャルレンディング業界を大いに揺るがすだろう、みんなのクレジットの行政処分勧告が出された月にもなってしまいました。これまた、一大事件として記録されるでしょう。

     ソーシャルレンディングがこの問題を乗り越え、さらに発展することに期待です。
     
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。

    その3は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その3


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンス
    日時:2017年4月3日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    トラストレンディングは会員向けにセミナーを開催します。メールで投資会員向けに連絡がありました。転載します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ※このメールは「Trust Lendingメールマガジン」購読にご登録いただいた方へ配信しております。

    いつもTrust Lendingをご利用いただきありがとうございます。

    【初心者向け無料セミナーのご案内】

    4月7日(金)にTrust Lendingの無料セミナーを開催いたします。
    無料セミナーではTrust Lendingを運営する株式会社トラストファイナンスの事業内容や特長、さらに現状と今後の展望などについてご説明します。

    後日、応募方法等の詳細は弊社ホームページのお知らせのリンク先よりご案内いたします。

    上記、弊社ホームページで案内後、応募可能となります。
    受付は先着順とさせていただき抽選により参加者を決定いたします。
    但しトラストレンディングに口座開設されていない方は参加できません。
    また、当社セミナーに始めて参加される会員を優先とさせていただきます。
    セミナー参加希望の仮会員、申請中の方はお早めに口座開設をお願いいたします。

    今後とも、Trust Lending及びトラストファイナンスを宜しくお願いします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    転載終わり

     上記のとおり口座を開設している人が対象です。また受付は先着順ですが実際の参加者は抽選で選ばれます。初めて参加の人が優先なので、今から口座開設を行っても十分間に合う可能性があります。

     トラストレンディングのセミナーは本当に面白く、運営者の本音が聞けるのでおすすめです。






    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    7.オーナーズブック

    7.1 募集額
     オーナーズブックの2017年2月における募集額は1億2千150万円となりました。

    7.2 オーナーズブックが信用金庫と提携したことが話題になっています。

     オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタルが西武信用金庫と提携したことは当ブログでも下記記事で紹介しました。

    2017/3/3 Owners Book、信用金庫と業務提携して、より幅広い資金供給の道を開拓へ

    全国賃貸住宅新聞でも取り上げられていたのでご紹介します。下記リンクで読むことができます。

    ロードスターキャピタルと西武信金が業務提携(2017/3/8 全国賃貸住宅新聞)

    7.3 オーナーズブックがソルディエで紹介されました。

     オーナーズブックが資産運用に関する様々な情報を紹介するメディア、ソルディエで紹介されました。運用部長の成田洋氏、事業部長の林裕司氏へのインタビューという形で、オーナーズブックへの様々な質問への回答がなされています。

    【ソーシャルレンディング最前線】OwnersBook社、不動産プロの目利きを強みに積極展開へ(2017/3/9 ソルディエ)

     私も両氏には2017/2/14にインタビューを行わせていただいており、近日中に記事にする予定です。

     なお、私と一緒にインタビューを行った中田健介(けにごろう)さんのインタビュー記事はすでに発表されています。

    参考
    2017/3/1 オーナーズブックインタビュー「エクイティ型サービスで年利回り40~50%も狙える」(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記)

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    8.スマートエクイティ

     スマートエクイティの2017年2月における募集額は0円となりました。


    9.LCレンディング

     LCレンディングの2017年2月における募集額は4億2千13万円となりました。


    10. ガイアファンディング

    10.1 募集額

     ガイアファンディングの2017年2月における募集額は4億805万円となりました。これは2017年1月の4億6千495万円に次いで、歴代2位の記録となります。

    10.2 倉石灯、角内創両社長が共著で米国不動産の本を出版されます

     ガイアファンディング社長の倉石灯氏、アメリカンファンディング社長の角内創氏が共著でアメリカの不動産投資における本、「資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」を出版されます。



    maneoの瀧本社長の下記ブログ記事でも紹介されています。

    2017/3/3 何がキッカケになるかわからない。ちょっとしたキッカケから…(投資の現場レポート)



    とまでお勧めされている、入魂の一冊であることが伺えます。


    11.トラストレンディング

     トラストレンディングの2017年2月における募集額は6千20万円となりました。

     トラストレンディングは2016/12/21に投資家向けセミナーを開催しましたが、その様子を下記記事でレポートしています。お読みいただければ幸いです。

    2017/3/19 トラストレンディングセミナー参加報告その1
    2017/3/21 トラストレンディングセミナー参加報告その2

    その3で最終回となります。近日中に掲載予定です。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.J.Lendig

    J.Lendingの2017年2月における募集額は1億2千300万円となりました。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年2月における募集額は3億5千30万円となりました。これは2017年1月における2億8千415万円を追い抜き、歴代1位となります。2月連続で記録を更新しました。


    14.スマートレンド

     スマートレンドの2017年2月のおける募集額は1億4千986万円となりました。


    15. みんなのクレジット


    15. 1 募集額

     みんなのクレジットの2017年2月における募集額は4億8千759万円となりました。

    15. 2 みんなのクレジットが行政処分勧告の対象となりました

     みんなのクレジットがこの1年集めていた40億円もの資金の多くを、募集時に投資家に説明していた融資先と異なる自社グループ企業に融資していたことが明らかになりました。証券取引等監視委員会は行政処分を金融庁に勧告する方針とのことです。下記ニュースURLをご参照ください。

     説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ(2017/3/24 NHK NEWS WEB)

     このことについては、別途記事を作成する予定です。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    16. TATERU FUNDING

     TATERU FUNDINGの2017年2月における募集額は0円となりました。

     しばらく募集がないTATERU FUNDINGですが、今年は案件を増やしていくことが2017年3月8日に開催されたソーシャルレンディングサミットの場において、執行役員の村上哲也氏により表明されました。
     今後の展開に期待です。


    17.AMERICAN FUNDING

     アメリカンファンディングの2017年2月における募集額は5千188万円となりました。これは2017年1月における3千133万円を追い抜いて歴代1位の記録となります。

     なお、上記ガイアファンディングの項ですでに述べましたがが、アメリカンファンディング社長の角内創氏はガイアファンディング社長の倉石灯氏と共著でアメリカの不動産投資における本、「資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」を出版されます。


    今回はここまでにさせてください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり





    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。

    その2は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/15 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンス
    日時:2017年4月3日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    トラストレンディングは会員向けにセミナーを開催します。メールで投資会員向けに連絡がありました。転載します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ※このメールは「Trust Lendingメールマガジン」購読にご登録いただいた方へ配信しております。

    いつもTrust Lendingをご利用いただきありがとうございます。

    【初心者向け無料セミナーのご案内】

    4月7日(金)にTrust Lendingの無料セミナーを開催いたします。
    無料セミナーではTrust Lendingを運営する株式会社トラストファイナンスの事業内容や特長、さらに現状と今後の展望などについてご説明します。

    後日、応募方法等の詳細は弊社ホームページのお知らせのリンク先よりご案内いたします。

    上記、弊社ホームページで案内後、応募可能となります。
    受付は先着順とさせていただき抽選により参加者を決定いたします。
    但しトラストレンディングに口座開設されていない方は参加できません。
    また、当社セミナーに始めて参加される会員を優先とさせていただきます。
    セミナー参加希望の仮会員、申請中の方はお早めに口座開設をお願いいたします。

    今後とも、Trust Lending及びトラストファイナンスを宜しくお願いします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    転載終わり

     上記のとおり口座を開設している人が対象です。また受付は先着順ですが実際の参加者は抽選で選ばれます。初めて参加の人が優先なので、今から口座開設を行っても十分間に合う可能性があります。

     トラストレンディングのセミナーは本当に面白く、運営者の本音が聞けるのでおすすめです。






    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    1.maneo

     maneoの2017年2月における募集額は21億3千342万円となりました。

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

     AQUSHの2017年2月における募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

    3.1 募集額
     
     SBIソーシャルレンディングの2017年2月における募集額は6億5千813万円となりました。

    3.2 SBISLのIoT端末案件がアナリティクスニュースで紹介されました。

     SBIソーシャルレンディングがIoT端末を利用して、フィリピンにおける三輪タクシーのカップ販売業者への融資事業を展開することは当ブログですでに紹介しています。そのことがビッグデーターの情報サイトであるアナリティクスニュースで紹介されました。

    SBIグループ、新興国向け金融サービス、ソーシャルレンディング事例にIoTを活用。(2017/3/3 アナリティクスニュース)

     融資における情報収集、元本保証性の高さにIoT端末を活用していることが注目を浴びていることが伺えます。日本においても消費者金融のツールとしてIoT端末が活用されることが将来的にはありえるのかもしれません。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4.1 募集額

     クラウドバンクの2017年2月における融資額は10億9千990万円となりました。これまで最大だった2016年7月期における6億4千20万円を4億円5千万円以上の大差で追い抜いて、歴代1位となりました。
     累計募集額100億円を超えてからクラウドバンクの募集額は絶好調であり、2017年3月の募集額は23日時点で8億6千万円を超えています。

    4.2 分配金が3億円を突破

     クラウドバンクの投資家への分配金が3億円を突破しました。詳細は以下の当ブログ記事、メディアに掲載されています。
    2017y03m11d_035754195.png

    2017/3/11 クラウドバンクの分配金総額が3億円を突破しました。

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」がお客様への分配金総額3億円を突破。(2017/3/10 Dream News)

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」がお客様への分配金総額3億円を突破。(2017/3/10 宮崎日日新聞)


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    5.Crowd Credit

     クラウドクレジットの2017年2月における募集額は1億6千904万円となりました。

     クラウドクレジットは2017/1/15に運用報告会を開催しました。その参加レポートを当ブログ記事にしました。下記リンクをご参照ください。

    2017/1/23 クラウドクレジット運用報告会レポート(2016/1/15) その1

    2017/2/15 クラウドクレジット運用報告会レポート(2016/1/15) その2

    2017/3/12 クラウドクレジット運用報告会レポート(2017/1/15) その3

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    6.ラッキーバンク

     ラッキーバンクの2017年2月における募集額は1億5千28万円となりました。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/24 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その4

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。

    その1は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/8 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    各社セミナー情報(募集中のみ)


    オーナーズブック
    日時:2017年3月15日(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)
    セミナー情報(初心者コース)セミナー情報(経験者コース)


    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月21日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    D ソーシャルレンディングサミットが開催されました

     ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポートが主催するソーシャルレンディングサミットが2017/3/8に六本木の東京ミッドタウンで盛大に開催されました。

    クラウドポート掲載企業が20社に!事業者の増加を反映し引き続き国内主要ソーシャルレンディング事業者を網羅(2017/3/9 PR TIMES)

    クラウドポート掲載企業が20社に!事業者の増加を反映し引き続き国内主要ソーシャルレンディング事業者を網羅(2017/3/9 THE BRIDGE)

    【クラウドポート】ソーシャルレンディング主要事業者と投資家が一堂に会す、第1回「ソーシャルレンディングサミット」を開催!(2017/3/12 GoodWay)

    ソーシャルレンディングサミットに登壇致しました。(2017/3/13 ロードスターキャピタルWEBサイト内ページ)

    socialS20170313013.jpg

    左から、クラウドポート藤田雄一郎社長、maneo安達義夫取締役、クラウドクレジット杉山智行社長、オーナーズブック(ロードスター化キャピタル)岩野達志社長、ラッキーバンク田中翔平社長、TATERU FUNDING(インベスターズクラウド)村上哲也執行役員、CAMPFIRE家入一真社長

    本当に盛況であり、会場は熱気に包まれていました。

    私も投資家の一人として登壇して発表を行わせていただきました。

     サミット終了後、参加者の方々にご挨拶をさせていただきました。FinTech関係者、有名ブロガーの方が幾人も参加しており、クラウドポート、またその開催したイベントに対する業界の注目度が高いことを伺わせてくれるものでした。

     クラウドポートは今後も意欲的なイベントを続々開催すると予想されますが、その情報は下記リンクよりメールアドレスを登録すれば受け取ることができます。

    クラウドポート イベント情報配信メール登録ページ

    サミットの様子は当ブログでも後日記事にいたします。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    E 東洋経済 2017年3月11日号にソーシャルレンディングに触れられました

     東洋経済2017年3月11月号の特集「お金を殖やす!-ワナと正解」にてソーシャルレンディングについて軽く触れられました。


    同特集は

    日本人は間違った資産運用をしているのでは?米英に比べて日本の金融資産の伸びは驚くほど小さい。今までの運用方法を見直し、年金・投信、株式投資、不動産投資、保険、節税・節約という5つの分野に関する極意をしっかり学ぼう。

    というキャッチとともに、様々なお金の知恵が紹介されています。

    20170309_200822.jpg

     財産形成、お金のお得技は各ビジネス誌、マネー誌、男性向け情報誌で頻繁に特集となるテーマです。しかしそこで薦められる財政貯蓄のための金融商品としてソーシャルレンディングが取り上げられることはまず、これまではありませんでした。

     従来紹介されるのは、インデックス型の投信、株式、保険、iDeCoなどの、投資家から手数料をぼったくることがない、またリターンが望める確率が高いものが中心でした。

    しかし東洋経済の今回の特集においては、

    ハイリスク・ハイリターン狙いの個人投資家が注目!

    最新ネット金融商品の実力 インターネットを活用した新しい金融商品が続々と誕生している。資金の借り手と出し手をつなぐ商品や、仮想通貨は投資対象になりうるか。

    のキャチとともに1ページの半分を使ってソーシャルレンディングが紹介されています。

    このことについては別途記事を作成しました。後日掲載します。


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    F IFA onlineのクラウドファンディング紹介記事でソーシャルレンディングに触れられました

     独立系フィナンシャル・アドバイザーの情報サイト、IFA onlineにクラウドファンディングの紹介記事が掲載されました。各タイプのクラウドファンディングが紹介されていますが、ソーシャルレンディングも「貸付型」として紹介されています。

    リターンを狙うか応援か。拡大続く国内クラウドファンディング市場の今(2017/3/3 IFA online)

     寄付、購入、貸付、ファンド、株式型の簡単な概要と、それぞれが新しい資金調達手段として認知を得つつあることなどが述べられています。

     このようなクラウドファンディングの紹介記事が書かれる際には何の根拠もなく、「購入型が主流、最も多い」と記されることが多く、正直私は不快でした。市場規模ではソーシャルレンディングの方が遥かに大きいのですから。

     しかしこの記事はちゃんと『参加プロジェクト数が最も多いのが「購入型」です。』と根拠が示されています(本当にプロジェクト(案件)数を数えて、客観的に判断しているかは疑問ですが)。
     
     それだけではなく、『国内クラウドファンディング市場の中で注目されているのが「貸付型」です』とも書かれています。ソーシャルレンディングの急成長を(これまでのように)無視しない表記がされていることが嬉しいポイントです(なぜ注目されているかの、根拠は書かれていませんが)。

     この記事でなされている注意喚起において、ひとつ注釈を私から加えたいと思います。特に貸付型において「運営会社の見極めが重要です。」と強調されています。そのことについては私も賛成です。しかし運営会社の見極めが必要なのは、貸付型だけではなく、どのタイプのクラウドファンディングも同じだと思います。

     貸付型、ファンド(事業投資)型、株式型は当局の登録(免許)を受ける必要があり、厳しく規制されています。それに対して寄付型、購入型は特にそのようなものはなく、自由に運営できます。当然クラウドファンディングで資金募集を行う個人、事業者への審査体制、顧客資産管理体制を整えているかなど、チェックはされません。

    「同じ額を預ける場合ならば」、寄付型、購入型の運営会社をより厳しく見極めるべきだと私は考えます。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その3


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017年3月15日(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)
    セミナー情報(初心者コース)セミナー情報(経験者コース)


    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月21日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    A BigTomorrow2017年4月号にソーシャルレンディングが取り上げられました。

    BigTomorrow2017年4月号の特集、「元手1万円を即100万円に!消耗しないでラクに稼ぐ方法」において紹介されています。

    このリンクで読むことができます。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2017年 04月号 [雑誌]
    価格:669円(税込、送料無料) (2017/3/7時点)


    利回り7%超のソーシャルレンディング、高金利なマイナー通貨FX、話題のビットコイン投資、大人に人気のLEGO(レゴ)転売に、定番の投資信託の積立まで、いかに1万円を大きくするか投資家に徹底取材!「元手1万円をどんどん殖やす超ラクな方法」を大公開!

    というキャッチとともに、掲載順に

    1.投資信託積立
    2.ビットコイン
    3.ソーシャルレンディング
    4.マイナー通過FX
    5.ネット転売


     が紹介されています。なお、同誌では2017年1月号でもソーシャルレンディングが取り上げられていますが、その時に引き続き、中田健介(けにごろう)さんが登場しています。度々のご登場、本当にお疲れ様です。

    参考
    2017/3/4 みんなのクレジットのキャッシュバックには税金はかかるのか(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記、[この記事の冒頭で上記BigTomorrow2017年4月号について触れられている])

    2016/12/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その1- Big tomorrow2017年1月号 でソーシャルレンディングのことが取り上げられました。-


     記事の内容はソーシャルレンディングについての簡単な概要とオトクな金融商品であることの紹介ですが、なんとこの記事maneoSBIソーシャルレンディングクラウドバンク、ラッキーバンク、LCレンディングみんなのクレジットガイアファンディングクラウドリースクラウドクレジットトラストレンディングスマートレンドグリーンインフラレンディングオーナーズブックJ.LendingTATERU FUNDINGアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングスマートエクイティ(掲載順)と18のサービスが一斉に取り上げられています。

    00_20170227_205304.jpg

    これは間違いなく1記事でソーシャルレンディングサービスが取り上げられた数の最高記録だと思います。


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    B 不動産投資における小口化という切り口でソーシャルレンディングに触れられています

     みんなの投資online とZUU ONLINEにて、小口不動産投資の記事が掲載されていますが、その一つとしてソーシャルレンディングに触れられています。なお、「クラウドファンディング」という表記のみがされており、「ソーシャルレンディング」とは記事中には一言も書かれていません。

    小口投資とクラウドファンディングの特徴を解説(2017/2/25 ZUU ONLINE)

    小口投資とクラウドファンディングの特徴を解説(2017/3/4 みんなの投資online)

     不動産特定共同事業法にもとづくTATERU FUNDING、みんなで大家さんの提供する商品についても少しだけ言及されていますが、記事タイトルが示すとおり大半はクラウドファンディングに関する言及です。

    ただ具体的なサービス名が触れられておらず、ソーシャルレンディングが採用している「融資」についても全く触れられていないので、本当にこの「クラウドファンディング」が不動産案件のソーシャルレンディングのことを指すのかが不明瞭です。

    なかには10万円程度の資金で参加できるようなものも存在している。

     などと、最低投資額が10万円程度であるような記述もされています。
     これはソーシャルレンディングの最低投資額が大半のサービスにおいて1~数万円である事実と反します。いったいこの「不動産小口クラウドファンディング」とはなにを指しているのか?正直私には不明です。
     LCレンディングの兄弟会社であるLCパートナーズの提供するファンドのようなものかな?とも思いましたが、このファンドが記事中にあるような、「個人投資家にとっても身近なもの」であるかは非常に疑問です。

    参考
    クラウドファンディングがもたらした革命 低リスクの不動産ファンド金利7%を狙う。(日経ビジネスONLINE)
     LCパートナーズの小山努社長へのインタビュー記事。LCパートナーズのファンドにも触れられているが、一般投資家にはLCレンディングが提供するソーシャルレンディングにおける不動産案件が奨められている。

    東北早期復興ファンド3号(不動産経済ファンドレビュー』 2016年11月5日号)
     このファンドにおけるシニア部分の資金はLCパートナーズが銀行から集め、メザニン部分は個人投資家からLCレンディングから集めていることが述べられている。

     上記記事にある「クラウドファンディング」がわからないとは、私もまだまだ勉強が足りません。所詮理系で工業大学出身者である私の限界であると考えています。


    C 貸金業を利用した小口化スキームという切り口でソーシャルレンディングに触れられました。

     クラウドファンディングの中でも「投資型」、さらにその中でも貸金業のスキームを採用したもの、つまり融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)について触れた記事がみんなの投資onlineに掲載されました。

    クラウドファンディング 貸金業を利用した小口化スキームとは(2017/2/28 みんなの投資online)

     ソーシャルレンディングについての解説が概ね適切になされていますが「最低投資金額が10万円前後に設定されていることも多い」と書かれているのは惜しいところです。これでは初見の人の大半はソーシャルレンディングの最低投資額が10万円前後と考えるでしょう。
     実際には大半のソーシャルレンディングサービスにおいて最低投資額は1~数万円です。10万円前後が最低投資額というのはトラストレンディングみんなのクレジットの2つと少数派です。なおTATERU FUNDINGも最低投資額が10万円ですが、同サービスの提供商品は「ソーシャルレンディング」ではありません。

     しかし最後には

    今はまだクラウドファンディングの黎明期といったところで改良点も多いものの、クラウドファンディングのように、インターネットを使って資金調達の効率化や低コスト化を実現しているサービスには利点も多い。今後の金融ビジネスに革命をもたらす可能性を秘めていると言えるだろう。

    と持ち上げていただいている、嬉しい記事です。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/15 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング 主要21サービス 2017年2月期募集額速報

    ソーシャルレンディング主要21サービスの2017年2月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y03m01d_002028681.png

     2017年2月期における主要20サービスの募集総額は70 億 9千968万円となりました。これは2017年1月期の79億6千647万円に次いで歴代2位の記録となります。
     
     2月は短い月であり売上が振るわない業界もありますが、それでも歴代2位、70億円台をキープしました。

    各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    クラウドバンククラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングです。

    同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

    ガイアファンディンググリーンインフラレンディングです。

    02_2017y03m01d_002048915.png

    2017年2月28日時点での主要21サービスの累計募集金額は1,297億円5,547万円となります。

     今月よりキャッシュフローファイナンスを集計に加えています。他にもいくつかの会社がサービス開始を準備中との噂を耳にしています。

     ソーシャルレンディングのますますの発展に期待です。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月6日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング
    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年2月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。

    その3はこちらです。

    2017/2/18 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その3


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月6日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    J キャッシュフローファイナンス登場
     
     maneoファミリー9番目のソーシャルレンディングプラットフォームとして、キャッシュフローファイナンスが登場し、サービスを開始しました。

     代表者は根本貴宏氏です。サービスの名前のとおり企業、案件のCFを重視する財務分析をもとに審査を行うようです。現在WEBサイトからわかることを、当ブログコンテンツの比較表にまとめました。

     すでに案件募集は開始しており、順調に投資家からの出資が行われています。


    K 日経新聞にクラウドファンディングの急成長を伝える記事が掲載されました

     日経新聞にクラウドファンディングの成長を伝える記事が配信されました。

    クラウドファンディング 今年度3割伸び、大手企業も活用 (2017/2/21 日経新聞 全部読むにはログインが必要)

     インターネット経由で小口資金を集めるクラウドファンディングは存在感を増している。
     矢野経済研究所(東京・中野)によると、国内の2015年度クラウドファンディング市場(新規プロジェクト支援額ベース)は363億3400万円で、14年度と比べ7割近く増えた。
    16年度も前年度比3割増の477億8700万円に達すると予測している。
     与信管理を重視する銀行では融資が難しい事業を実現したり、商品化の前に需要を見極めたりできるため、個人や中小企業だけでなく、大手が活用する例も目立つ。仲介サイトは目標達成時に集まった額の20%程度を手数料として受け取るのが一般的。サイトがさらに増えれば、手数料も下がってきそうだ。

     上記の書き方は、融資型(ソーシャルレンディング)が急成長している一方で、購入型が伸び悩んでいる現状を反映していないように思えます。それでいて、クラウドファンディングに言及するくだりは、購入型だけを説明するかのような文章です(ソーシャルレンディング仲介業者は集まった額の20%を手数料として受け取ることなどしていません!)。

     上記363億3400万円、477億8700万円の9割は、融資型が集めた金額なのですが・・・。


    6 ラッキーバンク

     ラッキーバンクの2017年1月期における募集額は6億4千160万円となりました。これは2015年8月期の5億8千615万円を超えて、歴代1位の記録となります。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    7.オーナーズブック

    7.1 募集額

     オーナーズブックの2017年2月期の募集額は1億8千150万円となりました。これは2016年4月期の1億2千200万円を超えて、歴代1位の記録となります。

    7-2 オーナーズブックがマネーフォワードと連携開始

    は2017年1月にマネーフォワードと連携を開始しました。

     このことによりオーナーズブックで管理している資産と、それ以外の資産をマネーフォワード上で一括して管理することが可能となりました。マネーフォワードに対応するのはガイアファンディングに次いでソーシャルレンディングサービスとしては2番目となります。

    1万円からの不動産投資『OwnersBook』が自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』と連携しました。(2017/1/31 ロードスターキャピタルサイト内プレスリリースページ)

    OwnersB2017022101.jpg

    私も早速登録してみました。このようにマネーフォワードで表示されます。

     オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタルは不動産テックに力をいれており、独自スマートフォンアプリ、融資対象の不動産のAIによる自動査定などを導入していますが、これもその一環と言えそうです。

     なお、のスマートフォンアプリについては、下記記事で触れています。ご参照ください。
    2016/10/19
    オーナーズブック専用アプリで投資してみました


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    8.スマートエクイティ

    スマートエクイティの2017年1月期における募集額は375万円となりました。


    9.LCレンディング

    LCレンディングの2017年1月期における募集額は2億8千73万円となりました。


    10.ガイアファンディング

    10.1 募集額
     ガイアファンディングの2017年1月期における募集額は4億6千495万円となりました。これは歴代2位となる2016年8月期の2億3千178万円のほぼ倍となり、歴代1位の記録となります。

    10.2 ガイアファンディング代表に倉石灯が就任

     ガイアファンディングの代表者は眞鍋丈司氏とケルビン・チウ氏の二人が勤められていましたが、眞鍋氏が退かれ、代わりに倉石灯氏が就任されました。
     倉石灯氏のプロフィールはmaneoの瀧本社長のブログの下記記事に詳しく記されています。

    2017/2/3 ウソは犯罪ではない。涙。(投資の現場レポート)

     米国不動産業界で活躍され、米国最高峰の認定不動産投資顧問資格CCIMを取得、日米十数社の取締役を勤められた経験をお持ちとのことで、豊富なキャリアをお持ちの方です。ガイアファンディングが大きく募集額を伸ばしたのは、倉石氏の影響があるのではないかと、勝手に考えています。

     なお、ガイアファンディングは上記のとおり、オーナーズブックに先駆けてマネーフォワードに対応しています。

    gaiaF2017022101.jpg

    管理画面はこのようになっています。

     マネーフォーワードの資産構成画面では、資産が「預金・現金」、「株式」、「投資信託」、「債券」、「その他の資産」などに仕分けされますが、オーナーズブックへの投資分は「債券」、ガイアファンディングへのの投資分は「その他の資産」に仕分けされています。

     
    11.トラストレンディング

     トラストレンディングの2017年1月における募集額は1億6千640万円となりました。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.J.レンディング

    12.1 募集額

     J.レンディングの2017年1月における募集額は0円となりました。

    12.2 J.Lendingは3号案件の募集を行いました。

     J.Lendingは2017年2月に、2016年6月の2号案件以来半年以上ぶりとなる、3号案件の募集(1億2千300万円)を行い、満額成立させました。

    【6625】JALCOホールディングス : (PR開示)ソーシャルレンディングサービス第3号案件満額成立に関するお知らせ(2017/2/22 株経ONLINE)

    (PR開示)ソーシャルレンディングサービス第3号案件満額成立に関するお知らせ(大浦社長による上記情報告知_PDF)

     ソーシャルレンディング業界が確実に成長しているなか、じっくり戦略を練って案件組成を行っていることが感じられます。今後の展開に期待です。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年1月期における募集額は2億8千415万円となりました。これは2016年4月期における2億5千195万円を追い抜いて、歴代1位の記録となります。


    14.スマートレンド

    14.1 募集額

     スマートレンドの2017年1月期における募集額は9千820万円となりました。

    14.2 短期ファンド募集予告

     スマートレンドは2016年12月期に運用期間が1ヶ月と超短期、12%と高利回りの年末特別ファンドを4億40万円募集して満額集め、2/9に償還しました。

     次回募集はゴールデンウィーク特別ファンドとして、4月中旬に行うことが、2/9に配信されたメールで告知されました。こうした超短期の案件は銀行が都合できない代表的な例です。それを超短期、高利回りの個人向けファンドに仕上げることで、お金の流れを活性化できることはソーシャルレンディングの社会的意義を高めることにつながります。こうした案件の提出をスマートレンドには今後も期待です。


    15.みんなのクレジット

     みんなのクレジットの2017年1月期における募集額は7億969万円となりました。これは先月の6億784万円を超えて、歴代一位の記録となります。


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    16.TATERU FUNDING

     TATERU FUNDINGの2017年1月期における募集額は0円となりました。


    17.アメリカンファンディング

     アメリカンファンディングの2017年1月期における募集額は3千113万円となりました。


    18.グリーンインフラレンディング

     グリーンインフラレンディングの2017年1月期における募集額は6億9千253万となりました。


    19.クラウドリアルティ

     クラウドリアルティの2017年1月期における募集額は0円となりました。


    20.さくらソーシャルレンディング

     さくらソーシャルレンディングの2017年1月期における募集額は3千867万円となりました。


    募集金額まとめ

    01_2017y01m31d_225640137.png

     ソーシャルレンディング主要20サービスの2017年1月期に募集額は79億6千647万円となります。これは歴代2位である、2016年11月期の64億8千838万円を16億4千647万円!上回り、歴代一位となります。

     2017年はじめから、幸先の良い数字となりました。

    02_2017y01m31d_225648387.png


     サービス開始以来の主要20サービスの2017年1月31日における累計募集金額は1千226億5千579万円となりました。

     この調子で月約80億円集めていれば、2017年中に累計募集金額2千億円には手が届きそうです。

     月平均85億円を2017年中に続けられれば、年1千億円募集という、大記録を打ち立てられます。

    ソーシャルレンディングのますますの発展に期待です。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    20170211socialcom01.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    01SOCIALC20170224.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    05SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    06SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    07SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    08SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    02SOCIALP20170224.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年2月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。

    その2はこちらです。
    2012/02/11 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その2


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング
    日時:2017/2/20
    (月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook


    H クラウドポートがTHE BRIDGEと提携しました

     スタートアップのニュースサイト、THE BRIDGEにソーシャルレンディングの統合情報サイト、クラウドポートの記事が掲載されました。

    ソーシャルレンディングの仕組みについて理解しよう【×CROWDPORT】(2017/2/10)

    ソーシャルレンディングのメリット・デメリットについて理解しよう【×CROWDPORT】(2017/2/15)

    クラウドポートの公式アカウントがこのようにつぶやいていることから、両サイトが連携してこれからもクラウドポートの記事がTHE BRIDGEに転載されることが期待できます。

     スタートアップ関係の良質な記事で評判の高いTHE BRIDGEに、クラウドポートの記事が掲載されることによって、ますますソーシャルレンディングの認知度が高まることが期待できます。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    I 米国におけるFinTech、とくにソーシャルレンディングのバブル崩壊がささやかれています

     日本よりFinTechブームが早く始まり、加熱しているアメリカの話題です。ソーシャルレンディングがそのブームの転換点となり、また崩壊を告げる警鐘ともなっているとのニュースが伝えられました。

    「フィンテック」ブームの震源地・米国で懸念されるバブル崩壊(2017/2/15 MAG2NEWS リバティ氏著)

     日本においてもソーシャルレンディングは急成長していますが、まだバブルといえる状況ではありません。また米国の状況には当てはまらないことが多い、と私は考えています。

    このことについては別途記事を作成しました。

    下記記事をご参照ください。
    2017/3/17 米国におけるソーシャルレンディングバブル崩壊は日本にはあてはまらない


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    1.maneo


    1.1 募集額

     2017年1月期におけるmaneoの募集額は27億835万円となりました。これは2016年1月期の24億2千468万円を超えて、歴代1位の記録となります。

    1.2 ソーシャルレンディングの税金が分離課税になる可能性がでてきました

     maneoの瀧本社長は自身のブログの中で

    最近、ソーシャルレンディングの配当を
    分離課税(配当の20%を上限)になるようにしようという動きがあります。

    これは、我々にとって、大変ハッピーな風向きです。

    FXも分離課税になって大変な盛り上がりを見せたとか聞きます。
    ソーシャルレンディング・クラウドファンディングも分離課税になると良いのですが…。

    分離課税になるように運動します。

    皆様、今後とも何卒よろしくお願いします。

    (2017/1/27 ソーシャルレンディングの配当が分離課税に? 「投資の現場レポート」より)

    と述べられていました。

     さて、情報ソースはいかに?と思っていましたが、その後やはりブログの中で、そのことについての続報がありました。

    先日、日本貸金業協会の方が、maneo社に来てくださいました。

    「現在、投資家への配当は総合課税だが、政府に『分離課税』にするよう求める」

    とのことです^^。ぜひ、分離課税になってほしいですね。

    多額の投資をしてくださる方は、現在は総合課税のmaneoへの投資、
    法人で投資してるケースが多いです。法人の方が損金が幅広ですからね。

    法人登録したい方は、maneoマーケットに電話してください。

    (2017/2/10 テキサスツアーをやります。「投資の現場レポート」より)

     正直税金の話はあまり私には関係がないのですが、お金持ちの方がソーシャルレンディングに参入してくれて、業界全体が盛り上がってくれるのは大歓迎です。

     是非是非、maneoを初め、各ソーシャルレンディング運営会社にはソーシャルレンディングの地位を高めていただき、現状不利な点もある点が改正されるように働きかけて、いただけたらと思っています。

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

      2017年1月期におけるAQUSH:の募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

    3.1 募集額
     2017年1月期におけるSBIソーシャルレンディングの募集額は8億4千704万円となりました。

    3.2 SBIソーシャルレンディングが車載IOT端末、フィリピンへの支援をテーマとした案件を提出しました。

     SBIソーシャルレンディングはフィリピンのトライシクル(3輪タクシー)の割賦販売業者に融資を行う案件の提出をおこないました。トライシクルに搭載するIOT端末「MCCS」を利用して、円滑な融資資金の回収(債権保全力の強化)、貧困問題、環境問題解決を行おうという意欲的なファンドです。

    モビリティIoTベンチャーのGMSが開発した革新的なIoT端末「MCCS」を活用したローンファンド『SBISLテレマティクスローンファンド1号』運用開始のお知らせ(2017/2/2 SBIソーシャルレンディングサイト内告知ページ)

    SBIソーシャルレンディング、自動車の遠隔制御や位置情報の把握がリアルタイムで可能になる「MCCS」を活用したローンファンドを運用開始(2017/2/3 IOT NEWS)

    SBIソーシャルレンディングがIOT端末を活用した新たなファンドの運用を開始(2017/02/04 クラウドポート)

    盗難対策から割賦販売の支払い遅延にも対応するIoTの活用事例(2011/2/6 RBB TODAY)
     
     SBIソーシャルレンディングはカンボジア人技能実習生への融資を行う案件の提出も予定しており、アジア各国に対する資金供給、貧困解決をテーマとした案件の開拓に意欲的です。

    参考
    2016/11/14 ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その4-カンボジア人技能実習生への案件を開始することがnewsclip.beで取り上げられました。-

     こうした、投資家の利益と貧困問題解決を両立させるファンドを見ると、ソーシャルレンディングが「本当の意味で」貧困を代表とする、経済問題を解決しうる投資になっていくのではないかと感じられ、嬉しくなります。SBIソーシャルレンディングのさらなる活躍に期待です。

    ※上記「本当の意味で」とは、株式、FXが投資が弱肉強食の鉄火場であり、格差を広げる投資であることに対しての皮肉です。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4-1 募集額

     クラウドバンクの2017年1月期における募集額が6億3千732万円となりました。これは2016年7月期における6億4千20万円に次いで、2番目に大きい金額となります。

    4-2 クラウドバンクの募集額が100億円を突破しました。

     クラウドバンクは2017年1月期に、サービス開始依頼の累計募集額が100億円を突破しました。

    下記メディアで触れられています。

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」が応募総額100億円を突破。(2017/1/24 Dream News)

    融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」が応募総額100億円突破キャンペーンファンドの募集を開始(2017/1/31 BIGLOBEニュース)

    当ブログでも下記記事で触れています。

    2017/2/4 クラウドバンク募集金額100億円突破おめでとうございます!

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    5.クラウドクレジット

    5-1 募集額

    クラウドクレジットの2017年1月期における募集額は1億8千46万円となりました。

    5-2 クラウドクレジット資産運用会開催

     クラウドクレジットは資産運用会報告を2017/1/15に東京で開催しました。クラウドクレジットがサービス開始以来組成してきた全てのファンドの運用状況が明確に、分かりやすく語られました。クラウドクレジットの情報公開体制がソーシャルレンディングサービスの中でも、ピカイチであることを、感じさせてくれる良い報告会でした。

    下記記事で触れています。

    2017/01/23 クラウドクレジット運用報告会レポート(2016/1/15) その1

    2017/2/2/15 クラウドクレジット運用報告会レポート(2016/1/15) その2

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/2/5 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その4


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    20170211socialcom01.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    01SOCIALC20170224.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    05SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    06SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    07SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    08SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    02SOCIALP20170224.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年2月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。

    その1はこちらです。
    2012/02/07 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その1


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング
    日時:2017/2/20
    (月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    D. KaikeiZineでソーシャルレンディングが紹介されました。

     会計士のための情報サイト、KaikeiZineでソーシャルレンディングが紹介されました。

    クラウドファンディングで不動産投資「ソーシャルレンディング」(2017/1/30 KaikeiZine)

     会計士のサイトらしく、税金について特に詳しく触れられています。記事の書き方だとソーシャルレンディングが不動産案件しかないように感じてしまうのが、ちょっと残念です。確かに不動産案件は多いですが、他にもいろいろありますし、最近更に多様化が進んでいます。

    ソーシャルレンディングは不動産投資と同じく総合課税である。
    しかしソーシャルレンディングは不動産投資と大きく異なり、
    経費の計上が限られる&損益通算ができない


    との指摘が記事中でされています。

     税金の確定申告だけを考えれば、確かに不動産経営の方がいろいろな経費を申告できること、損益通算ができる分、有利なところがあるでしょう。

     しかしサラリーマン投資家に限って述べれば、不動産所得で儲けられ、かつ経費で減税を図れるのは、ごく一部ではないでしょうか。このご時世サラリーマンが二足のわらじを履いて、本業と大家さんの両方をこなすのは、本当に難しいと思います。

     大抵のひとは税金を多く取られようが、ソーシャルレンディングで投資したほうがずっとまともなパフォーマンスをあげられるのではないかと、個人的には思っています。ちゃんとしたプロの不動産取引業者に不動産運営を任せられる上に、投資先の不動産が担保として、しっかりつけられていることが多いからです。
     記事の中ではLCレンディングとラッキーバンクが不動産専門のサービスとして紹介されています。

     なお、個人の不動産投資はよほど熱心にやらないと失敗する!というのは、以前週刊エコノミストの記事を参照に当ブログでも触れたことがあります。下記記事をご参照ください。

    2015/4/21 不動産投資は危険が一杯……らしい②

     投資や媒体で読者の射幸心を煽るような投資情報を扱う媒体では、サラリーマン大家で大成功した人の体験談と、賃貸不動産、経営の広告が載る。まともな経済情報を扱う媒体では、不動産経営は素人には難しいとういう記事が載る。二極化しているのは興味深い話です。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook


    E. 大和総研のWEBサイト内コラムでソーシャルレンディングがとりあげられました

     名門シンクタンクである大和総研WEBサイト内のコラムでソーシャルレンディングが取り上げられました

    ソーシャルレンディングについて考える(2017/2/6 大和総研WEBサイト内コラム神尾篤史氏著)

     記事中ではソーシャルレンディングの認知度が上がりつつあること、ソーシャルレンディングの投資スキーム、投資の際の注意喚起が手堅くまとめられています。

     ソーシャルレンディングはFinTechが生んだ取引の一例であり、シェアリングエコノミーの要素も持つとされる。日本には莫大な家計金融資産があるが、それを十分に活用できているとは言えないだろう。ソーシャルレンディングやクラウドファンディング、市民ファンドなどはソーシャルファイナンスと呼ばれるが、それらが日本でどのように拡大していくか注目していきたい。

    と最後にあるので、ぜひぜひこれからも注目していただきたいと思っています。


    F. IDC JAPANがFinTech関連のIT支出において、ソーシャルレンディングの拡大を予想しました

     IT専門調査会社IDC JAPANが2016~2020年における国内IT市場予測を発表しました。

    FinTech関連のIT支出が2017年の110億円から、2020年には338億円と大幅に増大する。

     そのFinTechを8分野に分類し、そのうちの2つ、「ブロックチェーン」と「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」において、特にITの支出が拡大


    2017y02m11d_033938289.png

    とIDCは予想しています。下記メディアでの報道をご参照ください。

    国内金融IT市場、FinTech活用に向けたIT支出が急拡大へ――IDCが予測を発表(2017/2/1 エンタープライズ ジン)

    2017年の国内金融IT市場規模は2兆517億円、Fintech関連IT支出は2020年には338億円に拡大~IDC Japan調査(2017/2/1 クラウドWATCH 三柳英樹氏著)

    2017年のFinTech関連IT支出は110億円、3年後には3倍に(2017/2/10 ITpro 下玉利尚明氏著)

    ありがたいことに、ソーシャルレンディングが特にIT支出が増える分野の一つとして紹介されています。

    その部分を引用します。

    IDCでは、「個人資産管理」「金融情報/投資支援」「テレマティクス保険など」「会計/経営情報」「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」「決済」「暗号通貨」「ブロックチェーン」の8サービス分野において、サービスを提供、活用するためにスタートアップ企業など外部企業と連携、または自社でシステム開発、運用するためのIT支出額を「FinTech」関連IT支出規模として推計した。

     この結果、国内金融機関における「FinTech」関連のIT支出規模は、2017年に110億円、2020年には338億円に拡大すると予測している。特に広範囲のシステムでの活用が見込まれる「ブロックチェーン」、企業への柔軟な資金提供を可能にする「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」のIT支出が拡大するとみている。

     同じ投資分野に属する投資支援(ロボアドバイザーなど)、暗号通貨(ビットコインなど)よりも、ソーシャルレンディング(の属する分野)は伸びがあると予想されています。ロボアドバイザーとビットコインの方が、マネー雑誌では頻繁に取り上げられている気がしますが、客観的な視点から、情報を調査する機関はちゃんと分かってくれているのだと、嬉しくなります。

    IDCの上記調査レポートに関するページには下記リンクからアクセスしてください。

    ~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~国内金融IT市場予測を発表 (2017/2/1 IDC JAPAN WEBサイト内ページ)


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    G. 矢野経済研究所がFinTech市場をソーシャルレンディングが牽引すると予想しています

     市場調査、コンサルティング会社である矢野経済研究所が2017/2/9に国内FinTech市場に関する調査を発表しました。IT情報サイト@ITとZDnet JAPANで報じられています。

    国内FinTech市場、2021年度までに808億円規模へ 矢野経済研究所が予測(2017/2/10 @IT)

    FinTech市場は50億、6年で800億に成長--矢野経予測(2017/2/18 ZDnet JAPAN)

    国内FinTech市場規模が2015年度の約49億円(実績)から2021年度は808億円へと約17倍へ急拡大する。

    2015年度から引き続き、ソーシャルレンディングとクラウド会計ソフトがその急拡大を牽引する


    2017y02m11d_040102990.png

    と嬉しい予想をしてくれています。部分的に引用すると。

    2015年度の国内FinTech市場を上記の領域別に見ると、ソーシャルレンディングとクラウド型会計ソフト領域が市場をけん引した。ソーシャルレンディング領域では、貸し手と借り手のいずれも急速に取引額が増加している(中略)。2017年度以降については、既に成長過程にあるソーシャルレンディングとクラウド型会計ソフト領域に加えて、「仮想通貨」が市場を強力にけん引していくと予測される

    となっています。

     矢野経済研究所の上記調査のプレスリリースはこのリンクで読むことができます。

    調査レポートの購入ページはこちらです。
    2017 FinTech市場の実態と展望(矢野経済研究所WEBサイト内ページ)

    ソーシャルレンディングに関する記述をプレスリリースから一部引用すると

    まず、ソーシャルレンディングは、貸し手(投資家)と借り手の双方が急速に増えている点が大きい。借り手にとっては国内外の不動産担保融資などに加えて、商品バリエーションが引き続き増えていくことが予想される。特に海外案件については大手ソーシャルレンディング事業者が取扱いを開始したこともあり、開拓余地が残されているとみる。一方、貸し手はネット証券と連携するなど、貸し手の集客強化を進めている。


    となります。

     「特に海外案件については大手ソーシャルレンディング事業者が取扱いを開始したこともあり」とありますが、これはSBIソーシャルレンディングがフィリピン案件の取扱を初めたことを指しているのかと思われます。

    モビリティIoTベンチャーのGMSが開発した革新的なIoT端末「MCCS」を活用したローンファンド『SBISLテレマティクスローンファンド1号』運用開始のお知らせ(2017/2/2 SBIソーシャルレンディングサイト内告知ページ)

    SBIソーシャルレンディングがIOT端末を活用した新たなファンドの運用を開始(2017/02/04 クラウドポート)

    貸し手はネット証券と連携するなど、貸し手の集客強化を進めている。」とあるのは、maneoがGMOクリック証券と連携を開始したことを指すと考えて間違いないでしょう。正直ちょっとわかりにくい文章です。

    貸し手であるソーシャルレンディング運営会社のmaneoはGMOクリック証券と連携して、投資家の募集強化を進めている」と書けば、誤解が少ないのかな?と感じました。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    <最後にファイアフェレットから>

    今回

    IDC JAPANのFinTechのIT支出予想

    矢野経済研究所のFinTechの市場規模予想


    の2つのニュースを取り上げました。

    IDC JAPANは「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」と「ブロックチェーン」のIT支出が特に拡大すると予想しています。

    矢野経済研究所は「ソーシャルレンディング」と「クラウド型会計ソフト領域」が市場を牽引すると予想しています。

     両調査機関から共に「推し」もらえたFinTechの分野はソーシャルレンディングだけということになります。

     2017年どころか、2020年までソーシャルレンディングのますますの発展に期待です。


    今回はここまでにさせてください。

    次回記事

    2017/2/18 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その3


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ





    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    20170211socialcom01.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    01SOCIALC20170224.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    05SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    06SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    07SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    08SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    02SOCIALP20170224.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年2月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    オーナーズブック
    日時:2017年02月08日(水曜日)19:00~
    場所:東京都中央区
    銀座 ロードスターキャピタル株式会社
    セミナー情報ページ


    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング
    日時:2017/2/20
    (月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ

    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    A.ソーシャルレンディング専門メディア「クラウドポート」が正式リリースされました

    ソーシャルレンディング専門メディア、クラウドポートが2017/2/2にいよいよ正式リリースされました。


    下記メディア大々的に取り上げられています。

    平均利回り8%で急拡大する国内ソーシャルレンディング比較サイト「クラウドポート」公開ーー連続起業家の柴田陽氏らが創業(2017/2/2 THE BRIDGE)

    ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」正式公開——連続起業家の柴田陽氏らが新会社(2017/2/2 TechCrunch)

    ソーシャルレンディング界のブルームバーグを目指す!国内初のソーシャルレンディング専門メディア「クラウドポート」が提供開始(2017/2/2 pedia)

    ソーシャルレンディング主要18社を横断検索。中立的な立場から投資家に情報提供する国内初のソーシャルレンディング専門メディア「クラウドポート」がスタート(2017/2/2 PR TIMES)

    多くのツイートも行われ、注目度が高いことが伺えます。


    なお、本格的リリース前のβ版の段階ですが私もクラウドポートの紹介記事を執筆しています。

    2017/1/23 ソーシャルレンディング総合情報サイト、「クラウドポート」が本格リリースへ

     加えて正式リリースに先駆けること1/28にクラウドポートのオフィスにお邪魔して、インタビューも行ってまいりました。下記記事をご参照ください。

    2017/2/3 ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポートに取材して参りました その1

     クラウドポートのサイトは本当に様々な機能が実装されており、本当に操作するのが楽しいです。
     
    ただいま体験記事を鋭意執筆中です。ご期待いただければ幸いです。

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    B.ソルディエでソーシャルレンディングが紹介されました

     アクティブに活躍するビジネスマンのための「お金を賢く使う、貯める、増やす」ための情報発信メディア、ソルディエ(Soldie)にて、ソーシャルレンディングが紹介されました。

    注目の新しい投資手法、ソーシャルレンディングとは?(2017/01/26 ソルディエ 伊藤亮太氏著)

     各メディアにおいて、ソーシャルレンディングの紹介記事は最近増えており、特に珍しくありませんが、この記事は

    1.著名なファイナンシャルプランナーが実名で記していること
    2.その内容が全体的にポジティブであること


    の2点で画期的と考えています。このことについては別途記事を作成しましたので、後日掲載いたします。

    2017/3/6追記 掲載しました。下記リンクをご参照ください。
    ソルディエに掲載されたソーシャルレンディング紹介記事が画期的である理由


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    C (株)ネクストが不動産特化型クラウドファンディングへの参入を表明しました

    東証第一部上場の(株)ネクストが不動産特化型クラウドファンディングへの参入を表明しました。

    不動産特化型クラウドファンディング事業にむけて 株式会社 JG マーケティングを子会社化(2016/01/23 ネクストWEBサイト内ページ)

    クラウドファンディング事業会社子会社化(2017/2/8 全国賃貸情報新聞)

    ネクストWEBサイト内ページの方には

    空き家を活用したビジネスを検討する起業家と、不動産投資により資産活用を希望する投資家をつなぐ不動産特化型クラウドファンディング事業

    とあります。空き家関連の遊休不動産案件を扱う模様です。この点はクラウドリアルティとビジョンが似ていると感じました。

    参考
    2016/12/08 クラウドリアルティがサービスを開始!

    また

    クラウドファンディングプラットフォームを運営する株式会社 JG マーケティングの株式の取得及び第三者割当増資の引受けにより、同社を子会社化することを決議いたしました。

     とあるとおり、寄付型クラウドファンディング「ジャパンギビング」、購入型クラウドファンディング「Shooting Star」を運営する、(株)JGマーケティングを(株)ネクストは子会社しました。上記不動産特化型クラウドファンディング事業の礎にするものかと思います。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事 2017/2/11 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年2月期 その2


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook


    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03SLCM2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    20170211socialcom01.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    01SOCIALC20170224.png


    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    05SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    06SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    07SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    08SLPR2017020501.png

    2017年02月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    02SOCIALP20170224.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み