カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年4月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2は下記リンクからどうぞ

    2017/4/18 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その2


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/5/8(月曜日) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ"

    オーナーズブック
    日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    H: YAHOO!ファイナンスにもソーシャルレンディングの情報が配信されるようになりました。

     日本屈指の投資情報サイトであるYAHOO!ファイナンスにソーシャルレンディングの情報が配信されています。先日初心者向けの投資情報サイト、投信1がソーシャルレンディングの情報配信に最近力をいれていることをお伝えしましたが、YAHOO!はそれを転載する形で配信を行っています。

    ソーシャルレンディングを理解する3つのキーワード(2016/12/26 YAHOO!ファイナンス)

    ソーシャルレンディングで海外投資!? 新しい金融仲介機能の役割とは(2017/03/24 同上)

    今話題の投資手法「ソーシャルレンディング」! メリットは何? デメリットやリスクは?(2017/04/03 同上)

    いまさら聞けない、ソーシャルレンディングって普通の金融と何が違うの?(2017/04/05 同上)

     YAHOO!ファイナンスにニュースが掲載されることで、ますますソーシャルレンディングの知名度が高まることに期待です。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook


    I:米国第二のサブプライムを危惧する記事の中で、ソーシャルレンディングについて触れられています。

     Tech Crunchにおいて、米ソーシャルレンディングでおきている「とある現象」が第2のサブプライム発生を示唆している、という内容の記事が掲載されています。

    最初にお断りしておきますと、

    ソーシャルレンディングにおける、サブプライム層への貸付が第二のサブプライムを引き起こす

    という趣旨の記事ではありません。

     米ソーシャルレンディングにおける信用の低い層の人々(いわゆるサブプライム)の金利上昇が、将来的にアメリカが遭遇する可能性があるサブプライム問題の再来を示唆している

    との内容です。

    第二のサブプライム問題にテック業界が関係するかもしれない理由(2017/4/8 Tech Crunch)

    上記の記事の趣旨は以下のとおりです(思いっきり噛み砕いています)

    ・ソーシャルレンディングにおけるサブプライム層の金利が上昇している
    ・一方信用の高い層の金利は下がったので、格差が増大した
    ・この格差の拡大はAI、FinTechなどの“テック”産業に就業している人と、そうでない従来型の産業に就業している人の格差の増大を示唆している
    ・実際に最先端の“テック”に従事している人の給料は上がり、一方その“テック”に代替される従来型産業の人々の給料は下がっている
    ・しかし中間、下位層の暮らしが悪化すれば、上位層にもそれが広がり、結果不景気は繰り返される

    といった内容です。

    繰り返しになりますが、

    ソーシャルレンディングが第二のサブプライム問題を引き起こす

    という内容ではありません。

     日米のそれぞれのソーシャルレンディングは現状全くの別物ですが、経済の血液の流れといえる“金融”に大きな影響を与えている、与えつつあることは共通だと私は考えています。

     従来型の経済しか視野に入れないよりも、FinTechも視野にいれるためにソーシャルレンディングをポートフォリオに加えることは、投資家としてのビジョンの確立のため有効と考えています。

     なお、上記記事にはLending ClubとProsperのグレード(信用)が低い層の金利が掲載されていますが、最低クラスではそれは30%に達しています。
     日本の上限金利が20%(10万円以上18%、100万円以上15%)であることを考慮すると、米ソーシャルレンディングが扱う無担保消費者向けローンを日本に持ち込むことの難しさを感じさせます。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    J :ソーシャルレンディング主要21サービス単月募集額が100億円を突破

     私が勝手に集計して、勝手にお祝いしているだけですが、ソーシャルレンディングの月あたりの募集額が初めて100億円を突破しました。2017年3月期における記録です。

    本当におめでとうございます!

    参考
    2017/4/13 ソーシャルレンディングの月あたり募集額が100億円を初めて突破しました


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    以下、サービスごとのニュースです。


    1.maneo

    1.1募集額

     maneoの2017年3月における募集額は31億2千861万円となりました。これまで最高だった2017年1月における27億835万円を追い抜いて歴代1位の記録となります。

    1.2.maneoが自主規制ルールづくりに参画を表明

     みんなのクレジットの行政処分勧告を受け、maneoは瀧本社長のブログで以下のことを明らかにしました。

    第二種金融商品取引業協会での検討部会において、自主ルールづくりに参画
    今年(2017年)10月での施行を目指す


    とのことです。

    2017/3/24 自主規制ルール作りに参加しています。(投資の現場レポート)

     併せてmaneoグループでは相互チェックを行っていること、不真面目な業者がいないことを表明しています。

    このことについては別途記事を作成しました。

    2017/04/10 maneoの自主規制ルール参画に期待!

    をご参照ください。


    1.3 maneoは東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結を行いました

     maneoの100%子会社UBIファイナンス(株)は(株)東京スター銀行とコミットメントライン契約を結びました。

    株式会社東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結に関するお知らせ(201/73/29 maneoWEBサイト内お知らせ)

     契約に基づく融資条件の範囲内でUBIファイナンスは東京スター銀行より、10億円を限度とした融資を受けることができます。
     maneoのソーシャルレンディング運営における、機動的な資金運用が期待されます。その一方でいよいよ機関投資家がソーシャルレンディングに本格参入する前触れかなとも思われます。

    参考
    2016/2/27 個人投資家がソーシャルレンディングに投資できなくなる日が来るかもしれない


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

    2.AQUSHの2017年3月における募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

    3.1 募集額

     SBIソーシャルレンディングの2017年3月における募集額は16億4千703万円となりました。これまで最高だった2016年11月における13億8千852万円を追い抜いて、歴代1位の記録となります。


    3.2 融資残高

    SBIソーシャルレンディングの融資運用残高が100億円を突破しました。

    ソーシャルレンディング事業における融資運用残高100億円突破のお知らせ(2017/4/3 SBIソーシャルレンディングWEBサイト内告知ページ)

     運用残高の増加はソーシャルレンディング運営会社の財務基盤向上につながります。これについては別途記事を作成しました。

    2017/4/4 SBIソーシャルレンディングの運用残高が100億円を突破しました。

    をご参照ください。

    今回はここまでにさせてください。


    現在以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約434万円
    2.AQUSH : 約63万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約18万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約120万円
    8.LCレンディング : 約228万円
    9.ガイアファンディング : 約194万円
    10.トラストレンディング : 約260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約100万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約60万円


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    socicom2017041602.png



    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    socipro2017041601.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    11_socicom20170405.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    2017041701SOCIPRO.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    13_socicom20170405.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro2017041602.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年4月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1は下記リンクからどうぞ

    2017/4/6 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その1


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/5/8(月曜日) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ"

    オーナーズブック
    日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    D ITproにクラウドポート代表、藤田雄一郎氏の論説が掲載されました。

     近年その市場規模は爆発的に伸びていますが、なにかと疑問を抱かれやすいソーシャルレンディング。その疑問に答える形の論説がITproに掲載されました。

    ソーシャルレンディングの真価に疑義を抱かれないために(IT-Pro 主観俯瞰  藤田雄一郎氏著)

     疑問に答える部分、その疑問を抱かれても仕方がない様々な課題の解決点を探る部分、提言から論説は形成されています。

     具体的には、なぜこの低金利時代にこんなに高い利回りの投資商品が可能なのか?の疑問に様々な角度から解説がなされています。
     一方で、法整備・法規制が十分でなく、特に投資家への情報開示体制が手探りの状態であること。このことが、みんなのクレジットの行政処分という問題につながっていること、投資家の信頼を得るためにも、より徹底した情報開示がなされるべきとの提言が行われています。

     最後に主張されている「ソーシャルレンディングが経済成長と老後問題解決につながる」というのは、私も大いに期待していることであり、現実になったら本当に痛快だと考えています。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    E 幻冬舎GOLD ONLINEにてクラウドポートの藤田雄一郎、柴原陽両氏が連載を開始しました。


     出版社である幻冬舎の情報配信サイトである、幻冬舎GOLD ONLINEにて、ソーシャルレンディング初心者向けの連載である「専門メディアの運営者による「ソーシャルレンディング」入門」が開始されました。

     執筆者はクラウドポートの藤田雄一郎社長と柴田陽共同創業者であり、充実した内容の連載となることが予想されます。第1回目の記事は以下リンクで読むことができます。

    専門メディアの運営者による「ソーシャルレンディング」入門 【第1回】新しい金融の仕組み「ソーシャルレンディング」とは?(2017/4/12 幻冬舎GOLD ONLINE)

     なお、幻冬舎は投資関連の出版に熱心な出版社です。ソーシャルレンディング関連としてはLCレンディングの兄弟会社LCパートナーズの代表取締役である小山努氏が執筆した、「1万円から始める不動産ファンド」という本が出版されています。小口不動産投資の有望性、LCレンディングで扱われている案件などについていろいろと触れられています。

    参考
    2016/6/28 不動産ファンド投資出版記念セミナー参加報告その1、クラウドファンディングによる不動産ファンドの大衆化


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    F エメラダがソーシャルレンディング業界参入を表明しました

    インターネットを活用した資金調達・投資プラットフォームの構築、運用を事業としているスタートアップ「エメラダ」がソーシャルレンディングと株式型クラウドファンディング事業への参入を表明しました。

     中小企業、スタートアップへの資金調達手段を「デット(負債・借金)」と「エクイティ(株主資本・株式)」の双方から提供する予定とのことです。デットは「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」、エクイティは「株式型クラウドファンディング」にあたるもの思われます。

     このことについては別途記事を作成しました。下記記事をご参照ください。

    2017/4/8 エメルダがソーシャルレンディング業界参入を表明しました


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    Gみんなの投資online、ZUU onlineにてソーシャルレンディングが掲載されました。

     小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」にソーシャルレンディングの記事が掲載されました。

    広がり続けるソーシャルレンディング 個人融資の時代(2017/4/6みんなの投資ONLINE)

    広がり続けるソーシャルレンディング 個人融資の時代2017/4/13 ZUU online)

     こうしてソーシャルレンディングを扱う投資情報サイトが増えることは喜ばしいことです。ソーシャルレンディングの情報に、投資を希望する人が日常的に触れられるようになるのが、この2017年の特徴になると私は睨んでいます。


     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/4/19 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3


    現在以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約434万円
    2.AQUSH : 約63万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約18万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約120万円
    8.LCレンディング : 約228万円
    9.ガイアファンディング : 約194万円
    10.トラストレンディング : 約260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約100万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約60万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    socicom2017041602.png



    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    socipro2017041601.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    11_socicom20170405.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    2017041701SOCIPRO.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    13_socicom20170405.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro2017041602.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年4月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    トラストレンディング
    日時:2017/4/7(金曜日) 19:00~
    場所 東京都港区 (株)トラストファイナンス会議室
    セミナー情報ページ

    TATERU FUNDING
    日時:2017/4/8(土曜日) 10:30~
    場所 東京都港区 (株)インベスターズクラウド
    セミナー情報ページ

    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/4/17(月曜日) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    A みんなのクレジットに行政処分、1ヶ月の業務停止に

     みんなのクレジットへの行政処分が下されました。

    下記行政のWEBサイトで告知されています

    株式会社みんなのクレジットに対する行政処分について(2017/3/30 関東財務局)

    株式会社みんなのクレジットに対する行政処分について(2017/3/30 金融庁)


    処分について簡単に述べると

    新規ファンド募集、投資申込、新規会員募集について、一ヶ月間の業務停止(2017/3/30~2017/4/29)となります。

    投資家への分配、預託金払い戻し、情報発信などは継続されます。


    この情報は各メディアでも報道されています。私が知る限り掲載します(以前紹介したものは除外)。

    みんなのクレジット独占インタビュー「指摘は事実。管理体制が甘かった」(2017/3/30 クラウドポート)

    【速報】みんなのクレジットへの行政処分が発表。 1ヶ月の業務停止命令へ(2017/3/30 クラウドポート)

    白石代表が辞任へ。今後の運営体制への言及も。みんなのクレジット独占インタビュー【完全版】(2017/3/30 クラウドポート)

    みんなのクレジット、集めた資金を不適切に利用で行政処分(2017/3/27 財経新聞)

    みんなのクレジットに行政処分勧告。ソーシャルレンディング事業者選びは個人投資家の難題に(2017/3/28投信1)

    金融庁、ネット小口融資業者を初処分(2017/3/30 日経新聞)

    融資先偽り資金集め 金融サービス会社に業務停止命令(2017/03/30NHK NEWS WEB)

    みんなのクレジット、自転車操業の驚愕実態(2017/4/1 東洋経済ONLINE山田雄一郎氏著)


     私も行政処分を検討した記事を書く予定です。各報道の検証、金融庁の指導(匿名化)にスポットを当てた、後追いならの内容にしたいと思っています。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    B.投信1がソーシャルレンディングの情報配信を行ってくれています。

     初心者に優しい投資信託情報サイト「投信1」は最近ソーシャルレンディング全般記事をよく取り扱ってくれています。扱いを初めたのは昨年末からのようですが、このところ本当に頻繁に記事を掲載してくれています。以下時系列順に最近の記事を列記します。

    お金の借り手と貸し手がネットでつながる!? 新サービス「ソーシャルレンディング」ってどんなもの?(2017/3/19投信1)

    ソーシャルレンディングで海外投資!? 新しい金融仲介機能の役割とは 「ローカルなグローバル」金融の世界における1つの革命の起こし方(2017/3/23 投信1-クラウドクレジット-)

    「ローカルなグローバル」金融の世界における1つの革命の起こし方(2017/3/23投信1-クラウドクレジット-)

    これがないと困る!? ソーシャルレンディングの「匿名組合契約」って何?ソーシャルレンディングにチャレンジするなら知っておきたいポイント(2017/3/25)

    今話題の投資手法「ソーシャルレンディング」! メリットは何? デメリットやリスクは?(2017/4/3 投信1)

    いまさら聞けない、ソーシャルレンディングって普通の金融と何が違うの?日本でも成長中のソーシャルレンディングとは(前編)(20174/5 投信1-クラウドクレジット)

     情報配信にはクラウドクレジットが協力しています。クラウドクレジットが執筆した記事については、上記の紹介で明記しています。

     ソーシャルレンディングがまだ新規の投資です。法的に未整備な部分があること、投資家への情報提示が金融庁の指導のせいで不十分なことなどから、初心者向けの投資でないと指摘する声も耳にします。

     しかし私はポートフォリオの一部としてソーシャルレンディングを組み込む事は初心者にとって良いことだと思っています。まず利益をあげやすいソーシャルレンディングで成功体験を積むことにより、その他の投資へのつながりができるからと思うからです。

     影響力のある投資情報サイト「投信1」での情報配信により、ソーシャルレンディングに興味をもってくれる人が増えることに期待です。

     なお上記の「成功体験~」は私が考えたものではなく、ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポートの意見に感化されたものです。

    参考
    2017/2/3 ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポートに取材して参りました


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    C PRESIDENT ONLINEでクラウドファンディングについての記事が掲載されたのですが・・・

    PRESIDENT ONLINEにクラウドファンディングの市場規模を伝える記事が掲載されました。

    クラウドファンディングは500億円規模の市場に(2017/3/29 PRESIDENT ONLINE-吉田洋平氏著)

     PRESIDENT ONLINEへの掲載は2017年3月末ですが、元は雑誌PRESIDENT2016年10月号からの転載です。だから情報が古いのはしょうがないのですが、


    (矢野経済研究所によるとクラウドファンディング全体の市場規模は)16年度も前年度比31.5%増の477億8700万円になる見込みだ。

    と書いてあるところは突っ込みたいと思います。

     当ブログの集計ではクラウドファンディングの1分野である貸付型(ソーシャルレンディング)の2016年度における市場規模だけでも約660億円です。事情があってSBIソーシャルレンディングの2016年3月期は集計できていないので、もう少し増える予定です。

    上記477億8700万円は大きく外れた値となりそうです。

    上記記事はクラウドファンディングというよりは、購入型クラウドファンディングの紹介記事です。

    (各種クラウドファンディングの中で)16年度に最も大きく成長すると見られているのが前年度比81.3%増が見込まれる購入型だ

    と書かれていますし、購入型のMAKUAKEへの取材が取り扱われています。

    ソーシャルレンディングの伸びは、当ブログの集計では前年度比90.2%です(前年度347億円、今年度660億円)。

     さて購入型の伸びはソーシャルレンディングを上回るのか?に注目したいと思います。

    2017/4/7追記
     2016年度のソーシャルレンディング市場規模は当ブログより信用できるメディアであるクラウドポートでは648億円と報道されています。下記記事をご参照ください。

    好条件のファンドを逃さずキャッチ!指定する条件のファンドが出たらメールでお知らせしてくれる新着ファンド通知機能をリリース-2016年度のソーシャルレンディング市場規模は昨年比190%の648億円となり予測を大幅に上回る成長-(2017/4/6 クラウドポート)


     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/4/17 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その2


    現在以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約434万円
    2.AQUSH : 約63万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約18万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約120万円
    8.LCレンディング : 約228万円
    9.ガイアファンディング : 約194万円
    10.トラストレンディング : 約260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約100万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約60万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom20170405.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    socicom2017041602.png



    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    socipro2017041601.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    11_socicom20170405.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    2017041701SOCIPRO.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    13_socicom20170405.png


    2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro2017041602.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング 主要21サービス 2017年3月期募集額速報

    ソーシャルレンディング主要21サービスの2017年3月における、募集総額速報をご報告します。

     今月は2つお断りしておきたいことがあります。

    1.SBIソーシャルレンディングを除外

     SBIソーシャルレンディングの集計値は当ブログではWEBサイトの「投資家用ページ」へログインした後、各ファンドの運用状況のページに掲載されている情報を元にしています。従来でしたら月末にはその月の10日時点での情報が掲載されているのでそれを参照していました。
     しかし今回2017年3月31日時点ではその情報が更新されておらず、3月10日ではなく2月10日の情報のままでした。
     したがって速報の段階ではSBIソーシャルレンディングを除外した値をご報告します。


    2017/4/21追記 SBIソーシャルレンディングのデーターがそろった時の報告は下記の記事

    2017/4/13 ソーシャルレンディングの月あたり募集額が100億円を初めて突破しました

    でおこなっています。


    2.みんなのクレジットは3/28日時点の値

     みんなのクレジットは業務停止命令にともない3月30日からHPのレイアウトを変更しましたが、その際ホームページの「成立ローン総額」が表示されなくなりました。幸い私が3/28時点でのキャプチャーを取っておりましたので、その数字を用いています。

    01_2017y04m01d_015837339.png

     2017年3月期における主要20サービスの募集総額(速報値)は83 億 7千448万円となりました。これは2017年1月期の79億6千647万円を抜いて歴代1位となります。上記のとおりSBIソーシャルレンディングは除外した値です。
     SBIソーシャルレンディングは毎月10億円前後を募集しているので、それを合わせれば90億円に届くことも期待できます。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    maneoクラウドクレジットクラウドリースアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングです。


     同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

    クラウドバンクトラストレンディングです。


    02_2017y04m01d_015847188.png

    2017年3月31日時点での主要21サービスの累計募集金額は1,381億円2,955万円となります。

     上記のとおり2017年3月、ソーシャルレンディングにおける募集額は過去最高となり好調でした。2017年4月は年度初めとなりますが、業界を騒がせたみんなのクレジットの処分勧告、業務停止のニュースがどのように影響を与えるかが注目されます。

     ソーシャルレンディングを応援する一投資家、一ブロガーとしては見事にその問題をはねのけてもらえることを期待します。


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    トラストレンディング
    日時:2017/4/7(金曜日) 19:00~
    場所 東京都港区 (株)トラストファイナンス会議室
    セミナー情報ページ

    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/4/17(月曜日) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。

    現在以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約434万円
    2.AQUSH : 約63万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約18万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約120万円
    8.LCレンディング : 約228万円
    9.ガイアファンディング : 約194万円
    10.トラストレンディング : 約260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約100万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約60万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その5

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその5です。

    その4は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/24 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その4

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンス
    日時:2017年4月3日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    トラストレンディングは会員向けにセミナーを開催します。メールで投資会員向けに連絡がありました。転載します。






    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    18.グリーンインフラレンディング

     グリーンインフラレンディングの2017年2月における募集額は5億4千250万円となりました。これは2017年1月における6億9千253万円に次いで歴代2位の記録となります。


    19.クラウドリアルティ

     クラウドリアルティの2017年2月における募集額は0円となりました。


    20.さくらソーシャルレンディング

     さくらソーシャルレンディングの2017年2月における募集額は8千415万円となりました。これは2017年1月における3千867万円を抜いて、歴代1位の記録となります。


    21.キャッシュフローファイナンス

     当ブログで取り上げたサービスの中で最も若く、2017年2月より募集を開始したキャッシュフローファイナンスの募集額は1億25万円となりました。
     

    22.FUNDINNO

    22.1 事業計画発表会開催

     2017/2/20新丸の内ビルディングにある、東京21cクラブ コラボスペースにおいて、株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOの運営会社、日本クラウドキャピタルの事業計画発表会が行われました(イベント告知ページ)


     FUNDINNOの将来への展望がよく分かる、とても興味深い内容でした。当ブログの下記記事でレポートしています。お読みになっていただければ、幸いです。

    2017/2/22 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その1

    2017/2/28 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その2


    22.2 一部上場企業がFUNDINNOに出資

     FUNDINNOは一部上場企業のラクーン、その他2社から出資を受けました。下記ニュースで伝えられています。

    ラクーン、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ) 」を運営する株式会社日本クラウドキャピタルに出資(2017/2/28 PRTIMES)

    日本初の株式投資型クラウドファンディングを手がける日本クラウドキャピタル、東証一部上場の株式会社ラクーン他2社と資本提携 第三者割当増資を実施(2017/2/28 PRTIMES)

    株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」、運営元がラクーンなどから資金調達(2017/3/7 TechCrunch Japan)

    株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を手がける日本クラウドキャピタル、ラクーンなどから資金調達(2017/3/7 pedia)


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    01_2017y03m01d_002028681.png

     2017年2月期における主要20サービスの募集総額は70 億 9千968万円となりました。これは2017年1月期の79億6千647万円に次いで歴代2位の記録となります。
     
     2月は短い月であり売上が振るわない業界もありますが、それでも歴代2位、70億円台をキープしました。

    02_2017y03m01d_002048915.png

    2017年2月28日時点での主要21サービスの累計募集金額は1,297億円5,547万円となります。


     2017年3月はライバル同士の運営会社の垣根を超えたソーシャルレンディングサミットがクラウドポートにより開催されました。このことは日本のソーシャルレンディング史に残る一大イベントとして記録されるでしょう。

     その一方でソーシャルレンディング業界を大いに揺るがすだろう、みんなのクレジットの行政処分勧告が出された月にもなってしまいました。これまた、一大事件として記録されるでしょう。

     ソーシャルレンディングがこの問題を乗り越え、さらに発展することに期待です。
     
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。

    その3は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その3






    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    7.オーナーズブック

    7.1 募集額
     オーナーズブックの2017年2月における募集額は1億2千150万円となりました。

    7.2 オーナーズブックが信用金庫と提携したことが話題になっています。

     オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタルが西武信用金庫と提携したことは当ブログでも下記記事で紹介しました。

    2017/3/3 Owners Book、信用金庫と業務提携して、より幅広い資金供給の道を開拓へ

    全国賃貸住宅新聞でも取り上げられていたのでご紹介します。下記リンクで読むことができます。

    ロードスターキャピタルと西武信金が業務提携(2017/3/8 全国賃貸住宅新聞)

    7.3 オーナーズブックがソルディエで紹介されました。

     オーナーズブックが資産運用に関する様々な情報を紹介するメディア、ソルディエで紹介されました。運用部長の成田洋氏、事業部長の林裕司氏へのインタビューという形で、オーナーズブックへの様々な質問への回答がなされています。

    【ソーシャルレンディング最前線】OwnersBook社、不動産プロの目利きを強みに積極展開へ(2017/3/9 ソルディエ)

     私も両氏には2017/2/14にインタビューを行わせていただいており、近日中に記事にする予定です。

     なお、私と一緒にインタビューを行った中田健介(けにごろう)さんのインタビュー記事はすでに発表されています。

    参考
    2017/3/1 オーナーズブックインタビュー「エクイティ型サービスで年利回り40~50%も狙える」(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記)

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    8.スマートエクイティ

     スマートエクイティの2017年2月における募集額は0円となりました。


    9.LCレンディング

     LCレンディングの2017年2月における募集額は4億2千13万円となりました。


    10. ガイアファンディング

    10.1 募集額

     ガイアファンディングの2017年2月における募集額は4億805万円となりました。これは2017年1月の4億6千495万円に次いで、歴代2位の記録となります。

    10.2 倉石灯、角内創両社長が共著で米国不動産の本を出版されます

     ガイアファンディング社長の倉石灯氏、アメリカンファンディング社長の角内創氏が共著でアメリカの不動産投資における本、「資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」を出版されます。



    maneoの瀧本社長の下記ブログ記事でも紹介されています。

    2017/3/3 何がキッカケになるかわからない。ちょっとしたキッカケから…(投資の現場レポート)



    とまでお勧めされている、入魂の一冊であることが伺えます。


    11.トラストレンディング

     トラストレンディングの2017年2月における募集額は6千20万円となりました。

     トラストレンディングは2016/12/21に投資家向けセミナーを開催しましたが、その様子を下記記事でレポートしています。お読みいただければ幸いです。

    2017/3/19 トラストレンディングセミナー参加報告その1
    2017/3/21 トラストレンディングセミナー参加報告その2

    その3で最終回となります。近日中に掲載予定です。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.J.Lendig

    J.Lendingの2017年2月における募集額は1億2千300万円となりました。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年2月における募集額は3億5千30万円となりました。これは2017年1月における2億8千415万円を追い抜き、歴代1位となります。2月連続で記録を更新しました。


    14.スマートレンド

     スマートレンドの2017年2月のおける募集額は1億4千986万円となりました。


    15. みんなのクレジット


    15. 1 募集額

     みんなのクレジットの2017年2月における募集額は4億8千759万円となりました。

    15. 2 みんなのクレジットが行政処分勧告の対象となりました

     みんなのクレジットがこの1年集めていた40億円もの資金の多くを、募集時に投資家に説明していた融資先と異なる自社グループ企業に融資していたことが明らかになりました。証券取引等監視委員会は行政処分を金融庁に勧告する方針とのことです。下記ニュースURLをご参照ください。

     説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ(2017/3/24 NHK NEWS WEB)

     このことについては、別途記事を作成する予定です。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    16. TATERU FUNDING

     TATERU FUNDINGの2017年2月における募集額は0円となりました。

     しばらく募集がないTATERU FUNDINGですが、今年は案件を増やしていくことが2017年3月8日に開催されたソーシャルレンディングサミットの場において、執行役員の村上哲也氏により表明されました。
     今後の展開に期待です。


    17.AMERICAN FUNDING

     アメリカンファンディングの2017年2月における募集額は5千188万円となりました。これは2017年1月における3千133万円を追い抜いて歴代1位の記録となります。

     なお、上記ガイアファンディングの項ですでに述べましたがが、アメリカンファンディング社長の角内創氏はガイアファンディング社長の倉石灯氏と共著でアメリカの不動産投資における本、「資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」を出版されます。


    今回はここまでにさせてください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり





    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。

    その2は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/15 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンス
    日時:2017年4月3日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/4/12(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ


    トラストレンディングは会員向けにセミナーを開催します。メールで投資会員向けに連絡がありました。転載します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ※このメールは「Trust Lendingメールマガジン」購読にご登録いただいた方へ配信しております。

    いつもTrust Lendingをご利用いただきありがとうございます。

    【初心者向け無料セミナーのご案内】

    4月7日(金)にTrust Lendingの無料セミナーを開催いたします。
    無料セミナーではTrust Lendingを運営する株式会社トラストファイナンスの事業内容や特長、さらに現状と今後の展望などについてご説明します。

    後日、応募方法等の詳細は弊社ホームページのお知らせのリンク先よりご案内いたします。

    上記、弊社ホームページで案内後、応募可能となります。
    受付は先着順とさせていただき抽選により参加者を決定いたします。
    但しトラストレンディングに口座開設されていない方は参加できません。
    また、当社セミナーに始めて参加される会員を優先とさせていただきます。
    セミナー参加希望の仮会員、申請中の方はお早めに口座開設をお願いいたします。

    今後とも、Trust Lending及びトラストファイナンスを宜しくお願いします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    転載終わり

     上記のとおり口座を開設している人が対象です。また受付は先着順ですが実際の参加者は抽選で選ばれます。初めて参加の人が優先なので、今から口座開設を行っても十分間に合う可能性があります。

     トラストレンディングのセミナーは本当に面白く、運営者の本音が聞けるのでおすすめです。






    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    1.maneo

     maneoの2017年2月における募集額は21億3千342万円となりました。

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

     AQUSHの2017年2月における募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

    3.1 募集額
     
     SBIソーシャルレンディングの2017年2月における募集額は6億5千813万円となりました。

    3.2 SBISLのIoT端末案件がアナリティクスニュースで紹介されました。

     SBIソーシャルレンディングがIoT端末を利用して、フィリピンにおける三輪タクシーのカップ販売業者への融資事業を展開することは当ブログですでに紹介しています。そのことがビッグデーターの情報サイトであるアナリティクスニュースで紹介されました。

    SBIグループ、新興国向け金融サービス、ソーシャルレンディング事例にIoTを活用。(2017/3/3 アナリティクスニュース)

     融資における情報収集、元本保証性の高さにIoT端末を活用していることが注目を浴びていることが伺えます。日本においても消費者金融のツールとしてIoT端末が活用されることが将来的にはありえるのかもしれません。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4.1 募集額

     クラウドバンクの2017年2月における融資額は10億9千990万円となりました。これまで最大だった2016年7月期における6億4千20万円を4億円5千万円以上の大差で追い抜いて、歴代1位となりました。
     累計募集額100億円を超えてからクラウドバンクの募集額は絶好調であり、2017年3月の募集額は23日時点で8億6千万円を超えています。

    4.2 分配金が3億円を突破

     クラウドバンクの投資家への分配金が3億円を突破しました。詳細は以下の当ブログ記事、メディアに掲載されています。
    2017y03m11d_035754195.png

    2017/3/11 クラウドバンクの分配金総額が3億円を突破しました。

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」がお客様への分配金総額3億円を突破。(2017/3/10 Dream News)

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」がお客様への分配金総額3億円を突破。(2017/3/10 宮崎日日新聞)


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    5.Crowd Credit

     クラウドクレジットの2017年2月における募集額は1億6千904万円となりました。

     クラウドクレジットは2017/1/15に運用報告会を開催しました。その参加レポートを当ブログ記事にしました。下記リンクをご参照ください。

    2017/1/23 クラウドクレジット運用報告会レポート(2016/1/15) その1

    2017/2/15 クラウドクレジット運用報告会レポート(2016/1/15) その2

    2017/3/12 クラウドクレジット運用報告会レポート(2017/1/15) その3

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    6.ラッキーバンク

     ラッキーバンクの2017年2月における募集額は1億5千28万円となりました。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/24 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その4

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。

    その1は下記リンクをご参照ください。

    2017/3/8 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり




    各社セミナー情報(募集中のみ)


    オーナーズブック
    日時:2017年3月15日(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)
    セミナー情報(初心者コース)セミナー情報(経験者コース)


    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月21日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    D ソーシャルレンディングサミットが開催されました

     ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポートが主催するソーシャルレンディングサミットが2017/3/8に六本木の東京ミッドタウンで盛大に開催されました。

    クラウドポート掲載企業が20社に!事業者の増加を反映し引き続き国内主要ソーシャルレンディング事業者を網羅(2017/3/9 PR TIMES)

    クラウドポート掲載企業が20社に!事業者の増加を反映し引き続き国内主要ソーシャルレンディング事業者を網羅(2017/3/9 THE BRIDGE)

    【クラウドポート】ソーシャルレンディング主要事業者と投資家が一堂に会す、第1回「ソーシャルレンディングサミット」を開催!(2017/3/12 GoodWay)

    ソーシャルレンディングサミットに登壇致しました。(2017/3/13 ロードスターキャピタルWEBサイト内ページ)

    socialS20170313013.jpg

    左から、クラウドポート藤田雄一郎社長、maneo安達義夫取締役、クラウドクレジット杉山智行社長、オーナーズブック(ロードスター化キャピタル)岩野達志社長、ラッキーバンク田中翔平社長、TATERU FUNDING(インベスターズクラウド)村上哲也執行役員、CAMPFIRE家入一真社長

    本当に盛況であり、会場は熱気に包まれていました。

    私も投資家の一人として登壇して発表を行わせていただきました。

     サミット終了後、参加者の方々にご挨拶をさせていただきました。FinTech関係者、有名ブロガーの方が幾人も参加しており、クラウドポート、またその開催したイベントに対する業界の注目度が高いことを伺わせてくれるものでした。

     クラウドポートは今後も意欲的なイベントを続々開催すると予想されますが、その情報は下記リンクよりメールアドレスを登録すれば受け取ることができます。

    クラウドポート イベント情報配信メール登録ページ

    サミットの様子は当ブログでも後日記事にいたします。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    E 東洋経済 2017年3月11日号にソーシャルレンディングに触れられました

     東洋経済2017年3月11月号の特集「お金を殖やす!-ワナと正解」にてソーシャルレンディングについて軽く触れられました。


    同特集は

    日本人は間違った資産運用をしているのでは?米英に比べて日本の金融資産の伸びは驚くほど小さい。今までの運用方法を見直し、年金・投信、株式投資、不動産投資、保険、節税・節約という5つの分野に関する極意をしっかり学ぼう。

    というキャッチとともに、様々なお金の知恵が紹介されています。

    20170309_200822.jpg

     財産形成、お金のお得技は各ビジネス誌、マネー誌、男性向け情報誌で頻繁に特集となるテーマです。しかしそこで薦められる財政貯蓄のための金融商品としてソーシャルレンディングが取り上げられることはまず、これまではありませんでした。

     従来紹介されるのは、インデックス型の投信、株式、保険、iDeCoなどの、投資家から手数料をぼったくることがない、またリターンが望める確率が高いものが中心でした。

    しかし東洋経済の今回の特集においては、

    ハイリスク・ハイリターン狙いの個人投資家が注目!

    最新ネット金融商品の実力 インターネットを活用した新しい金融商品が続々と誕生している。資金の借り手と出し手をつなぐ商品や、仮想通貨は投資対象になりうるか。

    のキャチとともに1ページの半分を使ってソーシャルレンディングが紹介されています。

    このことについては別途記事を作成しました。後日掲載します。


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    F IFA onlineのクラウドファンディング紹介記事でソーシャルレンディングに触れられました

     独立系フィナンシャル・アドバイザーの情報サイト、IFA onlineにクラウドファンディングの紹介記事が掲載されました。各タイプのクラウドファンディングが紹介されていますが、ソーシャルレンディングも「貸付型」として紹介されています。

    リターンを狙うか応援か。拡大続く国内クラウドファンディング市場の今(2017/3/3 IFA online)

     寄付、購入、貸付、ファンド、株式型の簡単な概要と、それぞれが新しい資金調達手段として認知を得つつあることなどが述べられています。

     このようなクラウドファンディングの紹介記事が書かれる際には何の根拠もなく、「購入型が主流、最も多い」と記されることが多く、正直私は不快でした。市場規模ではソーシャルレンディングの方が遥かに大きいのですから。

     しかしこの記事はちゃんと『参加プロジェクト数が最も多いのが「購入型」です。』と根拠が示されています(本当にプロジェクト(案件)数を数えて、客観的に判断しているかは疑問ですが)。
     
     それだけではなく、『国内クラウドファンディング市場の中で注目されているのが「貸付型」です』とも書かれています。ソーシャルレンディングの急成長を(これまでのように)無視しない表記がされていることが嬉しいポイントです(なぜ注目されているかの、根拠は書かれていませんが)。

     この記事でなされている注意喚起において、ひとつ注釈を私から加えたいと思います。特に貸付型において「運営会社の見極めが重要です。」と強調されています。そのことについては私も賛成です。しかし運営会社の見極めが必要なのは、貸付型だけではなく、どのタイプのクラウドファンディングも同じだと思います。

     貸付型、ファンド(事業投資)型、株式型は当局の登録(免許)を受ける必要があり、厳しく規制されています。それに対して寄付型、購入型は特にそのようなものはなく、自由に運営できます。当然クラウドファンディングで資金募集を行う個人、事業者への審査体制、顧客資産管理体制を整えているかなど、チェックはされません。

    「同じ額を預ける場合ならば」、寄付型、購入型の運営会社をより厳しく見極めるべきだと私は考えます。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その3


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017年3月15日(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)
    セミナー情報(初心者コース)セミナー情報(経験者コース)


    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月21日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    A BigTomorrow2017年4月号にソーシャルレンディングが取り上げられました。

    BigTomorrow2017年4月号の特集、「元手1万円を即100万円に!消耗しないでラクに稼ぐ方法」において紹介されています。

    このリンクで読むことができます。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2017年 04月号 [雑誌]
    価格:669円(税込、送料無料) (2017/3/7時点)


    利回り7%超のソーシャルレンディング、高金利なマイナー通貨FX、話題のビットコイン投資、大人に人気のLEGO(レゴ)転売に、定番の投資信託の積立まで、いかに1万円を大きくするか投資家に徹底取材!「元手1万円をどんどん殖やす超ラクな方法」を大公開!

    というキャッチとともに、掲載順に

    1.投資信託積立
    2.ビットコイン
    3.ソーシャルレンディング
    4.マイナー通過FX
    5.ネット転売


     が紹介されています。なお、同誌では2017年1月号でもソーシャルレンディングが取り上げられていますが、その時に引き続き、中田健介(けにごろう)さんが登場しています。度々のご登場、本当にお疲れ様です。

    参考
    2017/3/4 みんなのクレジットのキャッシュバックには税金はかかるのか(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記、[この記事の冒頭で上記BigTomorrow2017年4月号について触れられている])

    2016/12/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その1- Big tomorrow2017年1月号 でソーシャルレンディングのことが取り上げられました。-


     記事の内容はソーシャルレンディングについての簡単な概要とオトクな金融商品であることの紹介ですが、なんとこの記事maneoSBIソーシャルレンディングクラウドバンク、ラッキーバンク、LCレンディングみんなのクレジットガイアファンディングクラウドリースクラウドクレジットトラストレンディングスマートレンドグリーンインフラレンディングオーナーズブックJ.LendingTATERU FUNDINGアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングスマートエクイティ(掲載順)と18のサービスが一斉に取り上げられています。

    00_20170227_205304.jpg

    これは間違いなく1記事でソーシャルレンディングサービスが取り上げられた数の最高記録だと思います。


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    B 不動産投資における小口化という切り口でソーシャルレンディングに触れられています

     みんなの投資online とZUU ONLINEにて、小口不動産投資の記事が掲載されていますが、その一つとしてソーシャルレンディングに触れられています。なお、「クラウドファンディング」という表記のみがされており、「ソーシャルレンディング」とは記事中には一言も書かれていません。

    小口投資とクラウドファンディングの特徴を解説(2017/2/25 ZUU ONLINE)

    小口投資とクラウドファンディングの特徴を解説(2017/3/4 みんなの投資online)

     不動産特定共同事業法にもとづくTATERU FUNDING、みんなで大家さんの提供する商品についても少しだけ言及されていますが、記事タイトルが示すとおり大半はクラウドファンディングに関する言及です。

    ただ具体的なサービス名が触れられておらず、ソーシャルレンディングが採用している「融資」についても全く触れられていないので、本当にこの「クラウドファンディング」が不動産案件のソーシャルレンディングのことを指すのかが不明瞭です。

    なかには10万円程度の資金で参加できるようなものも存在している。

     などと、最低投資額が10万円程度であるような記述もされています。
     これはソーシャルレンディングの最低投資額が大半のサービスにおいて1~数万円である事実と反します。いったいこの「不動産小口クラウドファンディング」とはなにを指しているのか?正直私には不明です。
     LCレンディングの兄弟会社であるLCパートナーズの提供するファンドのようなものかな?とも思いましたが、このファンドが記事中にあるような、「個人投資家にとっても身近なもの」であるかは非常に疑問です。

    参考
    クラウドファンディングがもたらした革命 低リスクの不動産ファンド金利7%を狙う。(日経ビジネスONLINE)
     LCパートナーズの小山努社長へのインタビュー記事。LCパートナーズのファンドにも触れられているが、一般投資家にはLCレンディングが提供するソーシャルレンディングにおける不動産案件が奨められている。

    東北早期復興ファンド3号(不動産経済ファンドレビュー』 2016年11月5日号)
     このファンドにおけるシニア部分の資金はLCパートナーズが銀行から集め、メザニン部分は個人投資家からLCレンディングから集めていることが述べられている。

     上記記事にある「クラウドファンディング」がわからないとは、私もまだまだ勉強が足りません。所詮理系で工業大学出身者である私の限界であると考えています。


    C 貸金業を利用した小口化スキームという切り口でソーシャルレンディングに触れられました。

     クラウドファンディングの中でも「投資型」、さらにその中でも貸金業のスキームを採用したもの、つまり融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)について触れた記事がみんなの投資onlineに掲載されました。

    クラウドファンディング 貸金業を利用した小口化スキームとは(2017/2/28 みんなの投資online)

     ソーシャルレンディングについての解説が概ね適切になされていますが「最低投資金額が10万円前後に設定されていることも多い」と書かれているのは惜しいところです。これでは初見の人の大半はソーシャルレンディングの最低投資額が10万円前後と考えるでしょう。
     実際には大半のソーシャルレンディングサービスにおいて最低投資額は1~数万円です。10万円前後が最低投資額というのはトラストレンディングみんなのクレジットの2つと少数派です。なおTATERU FUNDINGも最低投資額が10万円ですが、同サービスの提供商品は「ソーシャルレンディング」ではありません。

     しかし最後には

    今はまだクラウドファンディングの黎明期といったところで改良点も多いものの、クラウドファンディングのように、インターネットを使って資金調達の効率化や低コスト化を実現しているサービスには利点も多い。今後の金融ビジネスに革命をもたらす可能性を秘めていると言えるだろう。

    と持ち上げていただいている、嬉しい記事です。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/15 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_SLC20170307.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    06_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    07_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    08_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    09_SCP201703607.png


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    10_SCP201703607.png

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ソーシャルレンディング 主要21サービス 2017年2月期募集額速報

    ソーシャルレンディング主要21サービスの2017年2月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y03m01d_002028681.png

     2017年2月期における主要21サービスの募集総額は70 億 9千968万円となりました。これは2017年1月期の79億6千647万円に次いで歴代2位の記録となります。
     
     2月は短い月であり売上が振るわない業界もありますが、それでも歴代2位、70億円台をキープしました。

    各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    クラウドバンククラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングです。

    同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

    ガイアファンディンググリーンインフラレンディングです。

    02_2017y03m01d_002048915.png

    2017年2月28日時点での主要21サービスの累計募集金額は1,297億円5,547万円となります。

     今月よりキャッシュフローファイナンスを集計に加えています。他にもいくつかの会社がサービス開始を準備中との噂を耳にしています。

     ソーシャルレンディングのますますの発展に期待です。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月6日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング
    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み